イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

センダンの木で作ったお弁当箱 まる(1つ)

センダンの木で作ったお弁当箱 まる。 外側は木の自然な風合いや感触を残るように、オイル仕上げを行い、 内側はしっかりと防水を行うために漆で仕上げてあります。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
お弁当箱×1つ 材 質: センダン サイズ: φ約145mm × 高さ約55mm  仕上げ: 外側 オイル 内側 漆

センダンの木で作ったお弁当箱 まる。 外側は木の自然な風合いや感触を残るように、オイル仕上げを行い、 内側はしっかりと防水を行うために漆で仕上げてあります。

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
お弁当箱×1つ 材 質: センダン サイズ: φ約145mm × 高さ約55mm  仕上げ: 外側 オイル 内側 漆
このエントリーをはてなブックマークに追加

※返礼品は1つ1つ手作りの為、発送まで3~4ヶ月程お時間を頂いております。

センダンの木で作ったお弁当箱 まる

センダンは木目が美しい木材として、沖縄ではケヤキの代用とされる一級品です。

成長が早いため沖縄では「娘が生まれたらセンダンを庭に植えなさい。娘が嫁に行くときは、
嫁入り道具のタンスになるから。」といわれていたそうです。

木の自然な風合いを活かしつつ、体に無害な自然素材のオイルを使って仕上げています。

お手入れ方法

「艶がなくなったなぁ」「白っぽくカサカサしてきた」と感じたら、よく乾いている状態で、ご家庭で使っている植物性のオイルを馴染ませ、10分程置いてから拭き取り、1日置いてから再びお使い下さい。

写真

たま木工は、沖縄本島、東村で
沖縄の木をつかった生活の道具と注文家具の制作をしています。
自然豊かな、やんばるに暮らし森や木のことを学びながら
島の木を大切に使ってもらえるようにと日々木工に取り組んでいます。

写真

玉元 利幸 Tamamoto Toshiyuki

1977年 沖縄県うるま市勝連 生まれ
2004年 沖縄県工芸指導所木工研修
2005年 伊佐公房にて位牌「トートーメー」制作協力
2006年 伊佐公房内にて手伝いの傍ら自らの作品制作を始める

現在は独立し、沖縄県内外の展示場にて制作品の展示販売をしています。

写真

玉元 利幸さんからのメッセージ

お手入れを続けながらお使いいただく事で、色艶が増しより手に馴染む様になります。
めんどうくさがらずに、お手入れをするひと時を楽しんでもらえたらと思います。

やんばるの森の風を感じながら、愛着をもって長くお使いいただける事を願っています。

・木の器やカトラリーは、天然の木から削り出し、ひとつひとつ手作りで作っています。
 使用している木の箇所によって色合いや木目、風合いに固体差があります。
 また、木の節が見られることがあります。あらかじめご了承ください。
 お手元に届いたお礼品の趣きをお楽しみ下さい。

・ひとつの商品の中でも、フタと入れ物で色合いや木目が違う場合があります。

・一点ものの作品ですので、返品・交換はいたしかねます。

提供元:たま木工

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる