イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

琉球松の深皿&カレースプーンセット

やんばるの森の「琉球松」を使った深皿(大)とカレースプーンのセットです。 琉球松の木目が美しい深皿と、カレーを食べるのにぴったりなスプーン。 食卓を楽しく彩ってくれるセットです。 削りから塗装まで、一つひとつ手作業で丁寧に、職人によって作られています。

35,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
琉球松の深皿・大(直径約18cm)×2枚 琉球松のカレースプーン×2個

やんばるの森の「琉球松」を使った深皿(大)とカレースプーンのセットです。 琉球松の木目が美しい深皿と、カレーを食べるのにぴったりなスプーン。 食卓を楽しく彩ってくれるセットです。 削りから塗装まで、一つひとつ手作業で丁寧に、職人によって作られています。

35,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
琉球松の深皿・大(直径約18cm)×2枚 琉球松のカレースプーン×2個
このエントリーをはてなブックマークに追加

【琉球松の食器ができるまで ~木地作り~】

1.木取り
材料を職人の目で選び、割れや変色などを避け、木目が活かされるように考えながら、大まかにチェンソーやバンドソーで切断します。

2.粗削り・乾燥
乾燥による収縮、ねじれを考慮して、製品寸法よりも厚く削りだし、中削りの前に数ヶ月から半年ほど乾燥を行います。

3.中削り・乾燥
乾燥の済んだ材料を製品仕上がりの8割から9割程度まで削り、仕上削りの前に最終の乾燥を電子レンジなどで行います。

4.仕上げ削り
製品の型を当てながら形を確かめ、所定の寸法まで、様々な形状の薄刃を使用しながら整形し、サンドペーパーで表面を仕上ます。

【琉球松の食器ができるまで ~塗装~】

木の食器を安全で、長く使うことができるように食品衛生法の規格基準に適合した塗料を、6~8工程塗り重ねております。

1.木固め・目止め・研ぎ
木地の木の歪みや汚れを防ぐ為、木固め材を浸透させていきます。
その後、木材表面の微小な穴を目止め材で埋める事により、表面を滑らかにし、
衛生的かつ耐水性も高めます。
塗料が乾いたら、表面をムラなく丁寧に研磨していきます。

2.中塗り・水研ぎ
食器としての耐水性と耐久性を上げる為に、中塗り材を幾度も塗り重ねていきます。
また、光沢がでるのでより美しく仕上がります。
塗料が乾いたら水に濡らしながら、表面を丁寧に研磨していきます。

3.仕上げ塗り
最後に表面の光沢を調整する為に、ツヤを抑えた仕上塗りを行い、木の持つ温かみや品格を出していきます。

写真

・一つひとつ手づくりのため、お届けまでに最長4ヶ月かかる場合がございます。ご了承下さい。
・スプーンは木の特性に合わせて作っているため、商品ごとに多少大きさが異なります。
・天然の琉球松を材料としているため、色、木目に違いがあります。また、木の節がみられる事もあります。お手元に届いた特産品の趣きをお楽しみ下さい。

提供元:国頭物産センター(道の駅 ゆいゆい国頭)

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる