イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

9B-14天文館むじゃき 本家白熊6個セット

創業当時から愛される一品。鹿児島を代表する夏の風物詩「氷白熊」です。また、鹿児島市の天文館むじゃきの店舗は、県外の方からも愛される涼感グルメの人気店。自家製ミルクをふんだんにかけフルーツと十六寸豆を盛り付けた独特の味です。【冷凍発送】 ※一部離島につきましては配送いたしかねますので、ご了承ください。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
750ml×6

創業当時から愛される一品。鹿児島を代表する夏の風物詩「氷白熊」です。また、鹿児島市の天文館むじゃきの店舗は、県外の方からも愛される涼感グルメの人気店。自家製ミルクをふんだんにかけフルーツと十六寸豆を盛り付けた独特の味です。【冷凍発送】 ※一部離島につきましては配送いたしかねますので、ご了承ください。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
750ml×6
このエントリーをはてなブックマークに追加

白熊とは?

「白熊」は、鹿児島の夏の風物詩とも言える、ご当地スイーツ。削りたてのかき氷の上に加糖練乳をかけ、フルーツを盛り付け、その上に小豆を載せるのが、基本のスタイル。
発祥は鹿児島市で、市内の喫茶店や飲食店で提供されたり、カップ入りやバー状のアイスクリームとしても製造されています。「白熊」という名前の由来は諸説があって、今となっては真相は定かではありませんが、鹿児島市民に「白熊」が愛されて続けて来たのは確かです。

天文館むじゃき「白熊」の美味しさの秘密

その1 白熊の元祖

「天文館むじゃき本店」は、鹿児島一の繁華街・天文館にあります。昭和21年(1946年)に食堂として営業を始めた老舗飲食店です。
連日大賑わいで、特に夏は観光客や帰省客が押し寄せ、お店の前には開店直後から長蛇の列ができます。

その2 ミルクと蜜のレシピは門外不出

独特のさっぱりとしたミルクは、コクがあるのに後味がすっきりしていて、まったくベタベタ感がありません。
ミルクと蜜は、社長以外は誰もレシピを知らないそうです。

その3 楽しいトッピング

彩りを加えるために、洋菓子の感覚で中にサイコロ形の果物や、十六寸(トロクスン)豆を入れ、外側にアンゼリカ、チェリー、レーズンをトッピングしています。

写真

天文館むじゃき(HP)ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる