イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

9B-27鹿児島県産赤鶏 詰合せ

赤鶏とは、一言で言えば羽の赤い色(正確には茶褐色)の鶏を示します。一般的に流通している若どり(ブロイラー)とは一線を画す旨味と食感で、江戸時代には鶏食が家庭でも定着していた鹿児島が生み出したジューシーでコクがある味と言えます。 ジューシーで味にコクがあるモモ肉、やわらかくさっぱりしているムネ肉、と2つの部位を堪能いただけます。 【冷凍発送】

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
モモ肉・ムネ肉 各1,400g

赤鶏とは、一言で言えば羽の赤い色(正確には茶褐色)の鶏を示します。一般的に流通している若どり(ブロイラー)とは一線を画す旨味と食感で、江戸時代には鶏食が家庭でも定着していた鹿児島が生み出したジューシーでコクがある味と言えます。 ジューシーで味にコクがあるモモ肉、やわらかくさっぱりしているムネ肉、と2つの部位を堪能いただけます。 【冷凍発送】

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
モモ肉・ムネ肉 各1,400g
このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島県産赤鶏とは?

赤鶏とは、一言でいえば、羽の赤い鶏のこと。国内で大量生産によってお手ごろな価格で流通している鶏は、若どり(ブロイラー)という羽の白い鶏です。
ブロイラーが通常、45日程度で育つのに比べ、赤鶏はじっくりと60日かけて育ちます。抗生物質を含まない、ハーブや麦入りの飼料で鶏本来のおいしさを引き出しています。

鹿児島県産赤鶏の魅力とは?

赤鶏の魅力は、なんと言っても、絶妙な歯ごたえと風味の良さ。また、調理の幅が広く、焼く、揚げる、煮るなど、色々なメニューに使われ、全国の料理人から素材の良さを評価されています。

皆様からの「鹿児島県産赤鶏」への熱いメッセージを紹介!

50代男性(東京都)

適度に身がしまっていて美味しかったです。

40代男性(愛知県)

質、量ともに大満足です。おいしくいただいています。肉の臭みがなく、香りが良いと思いました。

30代女性(東京都)

ジューシーで、コクのある旨味が好きです。

30代男性(東京都)

もも肉・むね肉とも、使いやすい個包装パックになっているので、大変ありがたいです。2人暮らしにちょどいい量かなと思います。(1パック量)

40代男性(鹿児島県)

とてもキレいな鶏肉で、個別包装されて使いやすそうです。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる