イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

B-0601_みまたん職人の技セット

県の伝統工芸士の松崎刃物製作所がつくる、切れ味抜群の手づくり包丁です。 全国にファンがいる至極の逸品です。 町の木である、いちょうを使ったまな板とセットです。 (写真はイメージです。) ※職人による手づくりですので、発送までにお時間をいただく場合がございます。 [応援(提供)事業者:みまたんよかもん協同組合(三股町物産館よかもんや)]

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
手つくり刃物(ぺティ)1本(刃渡約10cm) カッティングボード いちょう×1枚

県の伝統工芸士の松崎刃物製作所がつくる、切れ味抜群の手づくり包丁です。 全国にファンがいる至極の逸品です。 町の木である、いちょうを使ったまな板とセットです。 (写真はイメージです。) ※職人による手づくりですので、発送までにお時間をいただく場合がございます。 [応援(提供)事業者:みまたんよかもん協同組合(三股町物産館よかもんや)]

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
手つくり刃物(ぺティ)1本(刃渡約10cm) カッティングボード いちょう×1枚
このエントリーをはてなブックマークに追加

料理人をも唸らせる『手作り刃物』

写真

今ではほとんど見られなくなった、木炭による刃物製造をおこなわれている【松崎刃物製作所】。
1本1本丁寧な手作りで、、日本全国の刃物を扱う職人さんから絶大な評価を受けています。
また、量産品に比べ確かな切れ味、長年使える製品作りが評判を呼び販売だけでなく、メンテナンスについても全力で取り組んでいます。

松崎さんは、生産する全量を木炭による製造にこだわり続けて、国内でも希少な職人さんです。

いちょうを使ったまな板

写真

三股町の木は「イチョウ」なんです。
イチョウは適度な弾力と油分で、包丁の刃を痛めにくく、水はけが良いことで昔からまな板として珍重されている木材です。

町内の木工会社【株式会社クワハタ】さんに、オーダーで製作してもらったカッティングボードです。
女性が使い勝手がいい様に、あえて小ぶりになっています。

お肉やお魚をカットする面と、野菜や果物をカットする面に分けてお使いいただけます。
和牛日本一に輝いたことがあることから、お肉・お魚の面には『牛の柄』。
野菜等をカットする面は、町の木である『イチョウの柄』が入っています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる