イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

B-1402_みまたんごま 御満悦セット

本町では平成24年より、国内需給率0.1%といわれる国産ごま生産に取り組んでいます。 本品は、本町及び宮崎県内の農場で、農薬や化学肥料を使用せず栽培した安心安全なごまを原料に加工した風味抜群の商品です。 ※在庫によって、白・黒・金の種類が異なる場合があります。 [応援(提供)事業者:農業生産法人 株式会社しも農園]

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ごま油(95g×1) 練りごま(95g×2) 煎りごま(70g×1) すりごま(70g×1) ごませんべい(75g×1) 胡麻ふりかけ(30g×1)

本町では平成24年より、国内需給率0.1%といわれる国産ごま生産に取り組んでいます。 本品は、本町及び宮崎県内の農場で、農薬や化学肥料を使用せず栽培した安心安全なごまを原料に加工した風味抜群の商品です。 ※在庫によって、白・黒・金の種類が異なる場合があります。 [応援(提供)事業者:農業生産法人 株式会社しも農園]

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ごま油(95g×1) 練りごま(95g×2) 煎りごま(70g×1) すりごま(70g×1) ごませんべい(75g×1) 胡麻ふりかけ(30g×1)
このエントリーをはてなブックマークに追加

農薬や化学肥料を使用せず栽培した稀少な国産ごまのセット

写真

現在、日本で消費されているごまの99.9%は外国産といわれています。
日本国内に出回るごまのほとんどは輸入品であり、国産のごまは0.1%しか流通していません。

そんな国産ごまの中でも、「みまたんごま」は農薬・化学肥料を使わず栽培された、さらに希少な国産ごまなんです。

内容

ごま油 95g×1
練りごま 95g×2
煎りごま 70g×1
すりごま 70g×1
ごませんべい75g×1
胡麻ふりかけ30g×1
※在庫によって、白・黒・金の種類が異なる場合があります。

ごま油

写真
栽培期間中、農薬不使用、有機肥料で生産された宮崎県産のごまを
昔ながらの圧搾機で製油したセサミオイルです。

ヘルシーで栄養たっぷり、そのまま冷奴にかけたり、ドレッシングに利用したり、
また炒め物に使用しますと香りが際立ちお料理が更に美味しくなります。
また、大切な方への贈り物にも喜ばれます。

練りごま

写真
収穫、選別も手作業中心で行い、加工に関しても添加物は一切使用加えず、ごまだけを石臼で1~2時間かけてペースト状にしています。
ごまの香りが高く、ごま好きの方にはたまらない濃厚な一品となっています。

様々なお料理にはもちろん、そのままパンに塗って食べてもとても美味しくお召し上がりいただけます。

煎りごま

写真
収穫や選別なども、多くを手作業中心に行っており、
大変手間がかかりますが、お客様の顔を創造しながら一粒すつ丁寧に作業しております。

こちらの煎りごまは、焙煎釜で丁寧に時間をかけて煎りあげています。
ゴマの香りを楽しみたい方は軽く入りなおしたり、すり潰して食べられると、より一層煎りごまの風味を味わうことが出来ます。

ごませんべい

2種類の煎りごまとごま油の搾りかすを材料に、地元の加工業者と研究を重ねて完成させたごま風味抜群の手づくりせんべいです。
また小麦粉をはじめ原材料は全て国産を使用した安心安全のな商品でもあります。

ごまは色で成分や用途が変わります

写真

白ごま

白ごまは、甘みがあり、さほど強くない香りが特徴です。脂質の量が比較的多いので、和え物料理に使用されると料理の味を引き立ててくれます。

黒ごま

黒ごまは、香りが強く、カルシウムや鉄分・マンガンなどの栄養成分が多く含まれています。香りが強いことからクッキーや煎餅など加工食品としても使われています。

金ごま

金ごまは、生産量が少なく希少価値の高い品種です。香りも強く資質も多く含まれています。お料理や様々な加工食品等幅広い用途にお使いいただけます。

三股町で美味しいごまができる理由

写真

写真
三股町は、「花と緑と水の町」といわれるほど、豊かな水の恩恵を受けており、年間を通して温かく水はけの良い土壌も特徴です。
この気候や土壌がごまの栽培条件に非常に適しています。

また、生産現場は機械化が進んでいません。
植付・間引き・選別作業も手作業で行っています。

安心安全で風味豊かなみまたんごま

写真
みまたんごまは非常に豊かな香りと香ばしさが特徴です。

ぜひ白いご飯にみまたんごまだけで食べてみてください。
ごま本来の味が分かるはずです。

「おいしいものを食べると人は笑顔になります。
その笑顔を糧に、私達は今後も子どもに安心して食べさせられるように、安心安全なごまを作り続けてゆきたい。」
と、しも農園代表の下石さんは考えています。

良質な水と土、そして人の手が生み出した『みまたんごま』を一度召し上がってみてください。

生産者のこだわりと安心安全なごまづくり

写真

平成20年に町内の元サラリーマンたちが発起し、三股の自然を生かした国産ごまの生産を始めました。

当初は22名の会員で、農業経験者はわずか2名でしたが、一所懸命に努力し地域のためにごまの生産に取り組んできた結果、 現在は35名まで生産農家が増え、ますます盛り上がりを見せています。

元サラリーマンたちで結成された「霧島会」は耕作放棄地を利用して、農薬・化学肥料を使用しない栽培を徹底し、間引き・植え付け・収穫作業も全て手作業で行っています。
平均年齢65歳の「若者たち」は、新たな農業の道を三股町で切り拓き、子どもたちへと引き継ごうとしています。

もっと「みまたんごま」を味わいたい人へ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる