イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

民芸陶器 えびの焼 木の葉皿 1枚

宮崎の代表的民芸陶器と知られ、和食はもちろん洋食も美しくみせる、落ち着いた色合いの陶器です。 民芸陶器「えびの焼」は、えびの産の素地を原料として焼成しました。 陶器の色は、えびの高原のススキの色を表現しており、使うほどに味わい深い色になります。 【窯元】 えびの焼窯元 大河平陶芸 大河平 宣輝   民芸陶器「えびの焼」は、その昔弘化の頃、大河平領主居館にて、大河平宇右ヱ門隆盛が一時開窯しましたが、爾後閉窯したと伝えられています。 昭和四十三年、えびの高原の麓えびの市に再び窯を築き、えびの市の素地を原料として初代の流れを汲み、煙を上げて来ました。 現在は、茶器、酒器、日用雑器を中心に製作し、単純にして素朴、温かみのある品格で、独特の民芸品として広く世に親しまれています。 平成十五年には、「みやざきの匠」として、宮崎県知事より表彰されました。 ※画像はイメージです。

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
民芸陶器(木の葉皿)x1個  サイズ:たて23cm×よこ23cm×高さ5cm 重さ800g

宮崎の代表的民芸陶器と知られ、和食はもちろん洋食も美しくみせる、落ち着いた色合いの陶器です。 民芸陶器「えびの焼」は、えびの産の素地を原料として焼成しました。 陶器の色は、えびの高原のススキの色を表現しており、使うほどに味わい深い色になります。 【窯元】 えびの焼窯元 大河平陶芸 大河平 宣輝   民芸陶器「えびの焼」は、その昔弘化の頃、大河平領主居館にて、大河平宇右ヱ門隆盛が一時開窯しましたが、爾後閉窯したと伝えられています。 昭和四十三年、えびの高原の麓えびの市に再び窯を築き、えびの市の素地を原料として初代の流れを汲み、煙を上げて来ました。 現在は、茶器、酒器、日用雑器を中心に製作し、単純にして素朴、温かみのある品格で、独特の民芸品として広く世に親しまれています。 平成十五年には、「みやざきの匠」として、宮崎県知事より表彰されました。 ※画像はイメージです。

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
民芸陶器(木の葉皿)x1個  サイズ:たて23cm×よこ23cm×高さ5cm 重さ800g
このエントリーをはてなブックマークに追加

民芸陶器 えびの焼 木の葉皿 1枚

写真
写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる