イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

黒毛和牛ホルモンミックスセット<約1kg:倉薗牧場> SBF12

貴重な小林市産の黒毛和牛のホルモンミックスをシンプルな塩だれとタレで味付けしました。 お鍋料理で、鉄板焼きで、バーベキューで色々お楽しみいただけます。 事業所 ビーフクック 電話 0984-24-1515

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ホルモンミックス (塩)500g×1P、(タレ)500g×1P 計 1㎏

貴重な小林市産の黒毛和牛のホルモンミックスをシンプルな塩だれとタレで味付けしました。 お鍋料理で、鉄板焼きで、バーベキューで色々お楽しみいただけます。 事業所 ビーフクック 電話 0984-24-1515

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ホルモンミックス (塩)500g×1P、(タレ)500g×1P 計 1㎏
このエントリーをはてなブックマークに追加

■宮崎牛マルチョウ網焼き(※イメージ動画です)

黒毛和牛焼肉の名店、ビーフクックのお肉をご自宅で

写真

小林市のまちはずれに、高品質な宮崎牛をおなかいっぱい堪能できる夢のような場所があります。県外から大事なお客様がいらしたとき、地元の人々が特別に予約を入れるというそのお店が、「BeefCook黒毛和牛(以下、ビーフクック)」です。

あたりの緑が深まってきた頃、ぽつんと灯るお店の明かりが見えると、頭の中はすでにお肉のことで頭がいっぱいに…。そんな「ビーフクック」で提供されている宮崎牛が、一般の方もお取り寄せできるようになりました!

「贅沢なお肉だからこそ、大事な人と食べてもらいたい」。そんな想いを持つ代表の倉薗裕次郎さんに、こだわり抜いた宮崎牛の秘密を教えてもらいます。

思わずうっとりしてしまう、美しいお肉

写真
宮崎牛の生産・肥育農家である倉薗牧場さんが直営するお店「ビーフクック」は、宮崎牛の本物の美味しさを堪能してほしいという想いから、約20年前にオープンしました。そもそも宮崎牛は、和牛の日本一を決める大会で3大会連続でグランプリを獲得している、小林市が誇るブランド牛です。「ビーフクック」では牧場直営という強みを活かし、A4ランク以上の高級な宮崎牛を、一般的な価格よりもリーズナブルに味わうことができます。

しゃぶしゃぶや鉄板焼きなど、さまざまなお料理でいただくお肉はどれもジューシーで、信じられないくらいにやわらか。均一に入ったサシ(霜降り)を目にした瞬間、思わず「美しい…!」と感嘆の声をもらしてしまう人もいるくらいです。

お肉を前にして「輝いている」と感じることってあまりないと思うのですが、倉薗さんの宮崎牛は、常温にしたとたん脂がとろけはじめ、キラキラ光って見えるんです。

しかし、ここまで質の高い宮崎牛になるまでには、生産者としてのひとかたならぬこだわりがあるはず。ここからは、倉薗さんに詳しくお話を聞いてみましょう。

幸せな牛って、そんなにモーモー鳴かないんです。

写真
「東京の有名シェフたちが視察にいらっしゃると、飼育舎があまりにも静かだって驚かれるんです。でも、牛が『モー』と鳴くのは何か訴えたいことがあるとき。お腹が空いていたり、水飲み器が壊れていて水が飲めなかったり…些細なことかも知れないけど、そういったストレスを一切与えないように大事に育てることが、美味しい宮崎牛をお届けするためのこだわりです」。

良い肉牛へと育てるのには、飼育舎のなかで幸せに過ごさせることがいちばん。倉薗牧場では約10年もの歳月をかけて、自分たちの牧場で産まれた仔牛をこのようにノンストレスで育てる体制を築いてきました。

写真
「シンプルですが、気をつけているのは健康な牛を育てることです。産まれてから10か月くらいはのびのびと自由に走り回れるよう、広いところで育て、その後は肥育といって、肉牛として育てるために、1,2頭単位で飼育舎の中に入れて細やかに管理しています」

そして、質の高い肉牛を育てるために重要なのが「水」です。霧島連山の麓に位置し、名水の地としても名高い小林市。良い水を飲んでいると健康になるのは、牛だって人間と同様なんです。さらに倉薗牧場では、牧場で育った黒毛和牛を「倉薗牛」としてブランド化しています。

写真
「高級な牛肉というと、脂がのっていて霜降りという固定観念がありますが、ここ最近は赤身肉を好む人たちも増えてきていますよね。でも、赤身肉はA4ランク以下、みたいなイメージってあると思うんです。それを払拭して、赤みで美味しい肉=倉園牛として知ってもらえたらな、と」。こんな風にこだわり、至れりつくせりで育てられた宮崎牛が美味しくないはずがありません。

静かな自然のなかにあるビーフクックでお肉をいただく贅沢な時間も素敵ですが、まずは、倉薗さんの愛情が込もった「人に贈れる牛肉」の味を感じてみてほしいです。

“畜産王国”小林市の美味しいお肉特集(画像をクリック)

写真

内閣総理大臣賞受賞牛をはじめ、優秀な宮崎牛を数多く輩出している小林市。宮崎牛を筆頭に、みやざき地頭鶏やオリジナルブランド豚など、上質なお肉が多数生産されています。 雄大な自然環境のもと、生産者の高い技術と情熱によって生み出された新鮮で美味しいお肉の数々。ぜひ一度お試しください。

最上級の特Aを獲得!小林市産ヒノヒカリ特集(画像をクリック)

写真

日本穀物検定協会による2019年産米の食味ランキングで、最上級の「特A」を始めて獲得した小林市産のヒノヒカリ。 清らかな水と農家さんの丁寧な土づくりによって生まれる美味しいお米を、多種多様なラインナップでご用意しました。 ぜひ一度ご賞味ください。

名水の郷、小林市の水の恵み特集(画像をクリック)

写真

小林市で採取されるミネラルウォーターの特徴として共通するのが、美容や健康に良いといわれるシリカの含有量の高さ。ほか、様々なミネラルをバランスよく含む中硬水で、常温でも飲みやすいのが特徴です。販売ブランドごとに個性豊かなミネラルウォーターが存在しています。ぜひ一度お試しください。

食の宝庫。小林市の美味しい定期便特集

写真

日本一宮崎牛や完熟マンゴー太陽のタマゴ、特Aを獲得したヒノヒカリやシリカたっぷりのミネラルウォーターなど、宮崎県小林市は美味しい食材の宝庫。小林市自慢の美味しいものを定期的にお届けする定期便を集めました。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる