イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

STARDUST 万年筆 JAPAN BLUE サンライズブルー 細字

140,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■製品仕様 材質:天然染料彩色アルミニウム 色 :藍(JAPAN BLUE)サンライズブルー ペン先:ステンレス、発色処理 ペン先サイズ:細字(F) 長さ:155 mm 太さ:蓋17 mm・軸16 mm(最大) 重さ:55g 付属品:専用ギフト箱・コンバーター・カートリッジ2本・保証書・使用説明書

140,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■製品仕様 材質:天然染料彩色アルミニウム 色 :藍(JAPAN BLUE)サンライズブルー ペン先:ステンレス、発色処理 ペン先サイズ:細字(F) 長さ:155 mm 太さ:蓋17 mm・軸16 mm(最大) 重さ:55g 付属品:専用ギフト箱・コンバーター・カートリッジ2本・保証書・使用説明書
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真
写真
写真

STARDUST万年筆 シリーズ

"伝統"×"革新技術" の融合

 日本の伝統染料である"藍"と"紫鉱(しこう)"をまとった革新的素材のアルミボディーは他では表現することのできない芸術品。
 ボディー表面の色、"藍"と"紫鉱"は特殊な技術でアルミニウムに彩られている。
 天然染料による金属への彩色は国内でみることができない技術で、永年培ってきたものづくり企業の研究開発力によるもの。
 彩色は職人による徹底した管理のもと施され、金属に天然染料をまとわせる。彩色のタイミングによって生じる微妙な色の違いは、まさに天然染料であるがゆえ。それも天然染料の"アジ"の一つともいえる。
 ボディー表面には、伝統工法である鎚目加工を、職人がひとつひとつ丁寧に時間をかけて施している。手作業で描かれた表面の模様はぬくもりを感じさせる味のある質感を生みだすとともに、光を当てればまるで星が散りばめられた様に美しく輝いて見える。この鎚目加工は"荒し鎚"といい、ハンマーの表面をあえて荒らしてたたくことで、ボディー表面に細かいテクスチャーをつける加工方法。平面ではない万年筆の表面をひとつひとつ均一にたたく加工は、職人でしか決して成し得ない技術で、その手打ちされた美しい鎚目は唯一無二のものといえる。

【藍(JAPAN BLUE)】

【藍(JAPAN BLUE)】

"藍"は、藍染に利用される天然染料。
 7世紀ごろに中国から栽培方法や染色方法が伝えられたとされている。藍染の「青」は「ジャパン・ブルー」と呼ばれ、明治初期に来日した英国人科学者のアトキンソンが、町が藍色に彩られている様子を「ジャパン・ブルー」と表現したのが由来。当時から藍色は日本を象徴する色であったことが想像でき、今も世界に魅力を与え続けている伝統染料。

株式会社 ワンチャー

 豊後高田市で万年筆等の販売・製造をする「株式会社ワンチャー」が、この″STARDUST万年筆″のコーディネーター役を務め、組立や修理等の役割を担う企業として携わっています。

【はばたく中小企業・小規模事業者300社 2019】

【はばたく中小企業・小規模事業者300社 2019】

 株式会社ワンチャーは経済産業省の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」2019に選定されました。
 この賞は、経営資源の有効活用等による生産性向上、積極的な海外展開や多様な人材活用等、様々な分野で活躍する中小企業・小規模事業者を全国から300社選定するものです。

 同社は、海外の販売代理店やウェブサイトを利用して、万年筆をはじめとした文房具等を世界各国に輸出。近年では世界の伝統技術を組み合わせた自社ブランドの万年筆を製造し、高い付加価値により他社製品との差別化を図っています。
 また、外国人材を積極的に採用し、伝統技術の発掘や販路開拓に成果をあげており、こうした取組が高く評価されました。

(※以下写真は市長へ受賞報告を行った時の写真です。)

株式会社ワンチャーの返礼品をご紹介

【寄附金の使い道】めざせ子育て満足度No.1!

 大分県豊後高田市は、人口約22,000人の小さなまちです。
 この小さなまちの確かな未来を創るために、全国トップレベルの子育て支援に「本気」で取り組んでいます。

写真
写真

◎子育て応援誕生祝い金 最大200万円

子どもの誕生を祝い、健やかな成長を願って、「誕生祝い金」をご準備しています。
全ての子どもが4カ月に達した時に10万円、第3子の場合はさらに1歳と2歳に達した時に20万円ずつ、総額50万円を支給。
第4子以降は、1歳、2歳、3歳に達した時に30万円ずつと、最大総額100万円の支給。
さらに第5子以降は、最大総額200万円の支給を行なっております。

写真

◎高校生までの医療費と中学校までの給食費を同時無料化

 子育てにかかる経済的な負担を軽減するために「高校生までの医療費無料化」と「幼稚園・小学校・中学校の給食費の無償化」を、平成30年4月1日から同時スタート!!

◎市内保育園・幼稚園の保育料を完全無料化

 さらに、0歳~5歳児の保育料無料化と幼稚園授業料無料化(世帯の所得要件なし)を実施しています。

 全国トップレベルの子育て支援に加え、市民の講師で組織する公営の無料塾「学びの21世紀塾」や先輩ママたちで子育てをサポートする「アンジュママン」など、市民総ぐるみで子育てしやすく、充実した教育環境づくりに取り組んでいます。

その他にも様々な施策を実施しています!

〇子育て支援拠点施設の整備
 子育て中の親子が自由に集え、交流もできる屋内公園のようなスペースの子育て支援拠点施設を4か所に設置しています。

〇病児・病後児保育
 保護者の就労等により、自宅で保育できない病気療養中(病児)または病気回復期(病後児)の子どもを、看護師・保育士がお預かりしています。

〇保育・教育現場環境
 市内の保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校までの全クラスにエアコンを完備。

〇放課後などを活用した児童、生徒への学習サポート体制
 幼稚園から中学校までの学習機会を創出する無料の市営塾を実施しています。
 働きながら安心して子育てできる環境づくりや「学ぶ」場の提供により、子どもたちが意欲的に学習に取り組めるようにサポート体制を充実させています。講師は、教員OBや市民の方が担っています。

写真

全国の皆様の心温まる応援をよろしくお願いします!

 豊後高田市のふるさと納税は、明日を担う人材を育てるための子育て支援策にすべて活用させていただきます。
 子育て支援限定の使い道にご賛同いただき、全国の皆様の心温まる応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

写真

ふるさとチョイス豊後高田市特集 全国トップレベルの子育て支援を「本気」で目指しています!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる