イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

H1-01 綿わた100%の手作り肌布団

【化学繊維不使用】天然の心地良さ~呉服屋さんの手作り肌ふとん   最近では少なくなった、化学繊維を使わない天然の綿わた100%の肌ふとんです。  綿は保湿性が高く、暑い夏は汗を吸い取ってくれ、冬はふんわり暖かく体を包んでくれます。  肌に長時間ふれるものだからこそ、体にやさしく心地良いおふとんを。  アレルギーのある方や赤ちゃんにもおすすめです。   ~オマケの香り袋に入っているクスノキの由来~  このクスノキは、4代目(現店主7代目のひいおじいさん)が、115年ほど前に、自宅の庭に植えたものが大きく成長したものです。  ちなみに、クスは、樟脳(しょうのう)の素となる木です。蚊をはじめ、ゴキブリやムカデなどの害虫は、このツンとした香りを苦手としているため、たいていは近づいてこないと言われています。

36,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
肌布団(無地) 1枚 ・本体総重量 2.3kg ・サイズ:140cm×190cm ・中わた:綿100% ・側生地:綿100% クスノキの香り袋 1袋

【化学繊維不使用】天然の心地良さ~呉服屋さんの手作り肌ふとん   最近では少なくなった、化学繊維を使わない天然の綿わた100%の肌ふとんです。  綿は保湿性が高く、暑い夏は汗を吸い取ってくれ、冬はふんわり暖かく体を包んでくれます。  肌に長時間ふれるものだからこそ、体にやさしく心地良いおふとんを。  アレルギーのある方や赤ちゃんにもおすすめです。   ~オマケの香り袋に入っているクスノキの由来~  このクスノキは、4代目(現店主7代目のひいおじいさん)が、115年ほど前に、自宅の庭に植えたものが大きく成長したものです。  ちなみに、クスは、樟脳(しょうのう)の素となる木です。蚊をはじめ、ゴキブリやムカデなどの害虫は、このツンとした香りを苦手としているため、たいていは近づいてこないと言われています。

36,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
肌布団(無地) 1枚 ・本体総重量 2.3kg ・サイズ:140cm×190cm ・中わた:綿100% ・側生地:綿100% クスノキの香り袋 1袋
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ふんわり、やわらかい~天然の綿100%の心地良さ」

最近ではめずらしくなった、化学繊維を使わない天然の綿わた100%の肌ふとんです。
綿のお布団といえば、昔おばあちゃん家にあった重たーいお布団を思いだす方もいらっしゃるのでは・・・?こちらのお布団は、そんなことはありません。程よい大きさで片手で軽々持てる重さなんです。

写真
写真
写真

ちょっと薄めのおふとんなので、夏は肌ふとんとして。冬は掛布団の上のもう1枚に。保湿性が高い綿わたは、暑い夏は汗を吸い取ってくれ、冬はふんわり暖かく体を包んでくれます。天然の綿わたは、驚くほどふんわり、しっとり、やわらかです。
おうち時間が長い今だからこそ、昔ながらの天然素材のおふとんの心地良さ、見直してみませんか。

創業天明8年。老舗呉服屋さん手作りのおふとんです。

お布団を作っているのは、創業天明8年!なんと約230年前から続く由緒正しい呉服屋「瓦屋」さんです。現在7代目のご主人、奥様、従業員さんと3人でお店を守っています。
ご主人が生まれた頃にお店で作っていた綿のお布団。今はお店では売っていないけれどふるさと納税でお届けするために復活!させたそうです。

写真

綿の生地で縫ったカバーの大きさに合わせて、2枚に重ねた綿わたを手作業で少しずつ形づくっていきます。カバーに丁寧に入れ込んで縫い合わせて、完成!
「量販店に行けばなんでもあるけれど、とても心地いいので使ってみていただきたいですね」と奥様。
古くなった綿のお布団は「打ち直し」をすれば、ふわふわお布団に復活します。
こんな時代だからこそ、昔ながらのものを大事に長く使いたい。
天然の綿わたで作る、手作りのお布団。しあわせな気持ちで眠れそうですね。

写真

「昭和の町」のぬくもりとともにお届けします

瓦屋さんがあるのは、豊後高田市の商店街。最近では、「昭和の町」として観光客に人気のエリアです。
時代は天明から令和に代わっても、店内には変わらずに反物が並んでいたり、昔の帳簿があったり、お得意様まわりに使われていた呉服車があったり。
昔のお道具のお話をお聞きしながら、奥様が丁寧に入れてくださる美味しいお茶をいただきました。
お店の中はご夫婦のお人柄のように、とても優しくたおやかな空気に包まれていました。

写真
写真

これまでも、これからも。

写真

その昔は、国東半島で一番のお街として栄えた商店街、この通りだけでも6店の呉服屋さんがありました。その中でも一番の老舗として今もなお、お店を守り続けています。
ご主人が生まれた頃には、呉服屋さんの2階では職人さんたちが布団づくりに精を出していたんだそうです。
時代の移り変わりで、布団づくりは止めていましたが「ふるさと納税」をきっかけに布団づくりを再開されました。
これまでも、これからも、お客様とのふれあいを大切に本当に良いものを伝え続けていきます。

ご主人手作り「クスノキの匂い袋」

写真

「何か気持ちを届けたい」と、布団のおまけにお付けしているのがクスノキの匂い袋。
ご自宅の庭に日露戦争に勝った記念に植えられたという、大きな楠の枝を使って、ご主人がひとつひとつ枝を削って作っています。
お話を聞いている間も、ふんわりとクスノキの良い香りが。
虫よけにもなりますので樟脳(しょうのう)としてタンスに入れたり、持ち歩いたりしてお使いくださいね。

写真
写真

豊後高田昭和の町~お帰りなさい。思い出の町へ。~

写真
 豊後高田市の中心商店街は、江戸時代から明治、大正、昭和30年代にかけて、国東半島でもっとも栄えた町でした。江戸時代から海上運輸で栄え、昭和初期にも京阪神に行き来した運搬船が多数停泊していました。
 しかし、だんだんと時代の波に取り残され、多くの商店街と同じく寂しい町になっていました。

昭和30年代をテーマにまちづくり

 商店街が最も華やかで元気だった最後の時代、あの昭和30年代の活気を蘇らせようと平成13年(2001年)に立ち上げたのが「昭和の町」の取組みです。
 昭和の4つの再生をコンセプトとした「昭和の店」を年々拡大し、あわせて拠点施設「昭和ロマン蔵」を整備するなど、着実に取り組みを進めてきました。
 人通りも少なかった総延長約550mの商店街は、今では年間約37万人の観光客が訪れる町へと生まれ変わりました。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のロケ地 「豊後高田昭和の町」特集~再びお会いできるその日まで~

瓦屋呉服店のご案内【手のひら案内人~豊後高田市昭和の町】

子どもたちの笑顔があふれるまちへ

 大分県豊後高田市は、人口約22,000人の小さなまちです。この小さなまちの確かな未来を創るため、全国トップレベルの子育て支援に「本気」で取り組んでいます。
 「高校生までの医療費無料化」「幼稚園・小学校・中学校の給食費の無料化」「市内保育園の保育料・市内幼稚園の授業料の完全無料化」「最大100万円の子育て誕生祝い金制度」など全国トップレベルの子育て支援に加え、市民の講師が参加する公営の無料塾「学びの21世紀塾」の運営や先輩ママたちで子育てをサポートする「アンジュママン」との連携など、市民総ぐるみで子育てしやすく、充実した教育環境づくりに取り組んでいます。
 地域の活力は『人』-明日を担う人材を育てるための本市子育て支援策の財源は「ふるさと納税」を活用させていただきます。
 どうぞ、全国の皆様の心温まる応援をよろしくお願いいたします。

充実の返礼品ラインアップをご紹介!!

写真
日本一の味わい!おおいた豊後牛

「おおいた豊後牛」は、大分の恵まれた自然の中で育った「国産黒毛和牛」で、平成29年「第11回全国和牛能力共進会(種牛の部)」で日本一となる内閣総理大臣賞を受賞しています。
 おおいた豊後牛の中でも肉質4等級以上のものには、「おおいた豊後牛 頂(いただき)」という名称がつけられ、きめ細かいきれいな霜降りや柔らかな食感が特徴です。

写真
旬の品物を一挙に先取り!

 ふぐに車海老といった魚介、いちごや不知火といったフルーツ等!豊後高田市自慢の秋・冬に楽しみたい逸品を一足早く受付開始いたしました。
 旬のモノは数に限りがございますのでこの機会にぜひお申し込みください!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる