イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

B-24 南蛮落花生チョコレートもなか(6個入り)

かわいい落花生の皮の中に自家製白あんにチョコと落花生を加え、さらにピーナッツペーストを加えた新感覚な最中です。 豊後高田昭和の町「菓子禅高田屋」さんの返礼品です! 寄附額は5,000円です。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
南蛮落花生チョコレート最中6個入り

かわいい落花生の皮の中に自家製白あんにチョコと落花生を加え、さらにピーナッツペーストを加えた新感覚な最中です。 豊後高田昭和の町「菓子禅高田屋」さんの返礼品です! 寄附額は5,000円です。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
南蛮落花生チョコレート最中6個入り
このエントリーをはてなブックマークに追加

南蛮落花生チョコレートもなか

 豊後高田の特産品である落花生を使った、新食感なおいしさで人気のもなかです。
 落花生を加えた白あんベースのチョコレートあんに、さらに落花生ペーストを丁寧にサンド。
 濃厚な落花生のおいしさをお楽しみいただけます!
 コーヒー、紅茶はもちろん、お酒との相性も良いお菓子です。

写真
写真
写真

洋風テイストの「南蛮」もなか

 かわいい落花生の型入りのもなかは、女性に大人気♡
 もなかの中はチョコレート入り落花生餡、さらに濃厚な落花生ペーストを丁寧にサンド。
 ひとつひとつ手作業で仕上げる、新食感の洋風もなかです。

写真

こだわりの自家製餡

 菓子禅高田屋は「もなか」が看板商品の本格和菓子職人の店。
 自家製餡にこだわり、丁寧に練り上げています。
「地域自慢のおいしい落花生を使って、大分を代表するお菓子を作りたい」との思いを込めて作りました。
 H28年の発売以来、女性を中心にご好評いただいています。

写真
写真

豊後高田の落花生について

写真
■昔も今もまめまめしく
 大分県豊後高田市は白ねぎの栽培やそばの産地として知られていますが、落花生も明治時代に長崎から伝わり、当時から変わらぬ製法で作られている歴史ある特産品です。
 当時から変わらず、ひとつひとつ手作業で選別しています。

写真
■自然乾燥・天日干し
 手作業で厳選した落花生は、太陽と風で自然乾燥させます。天日干しによって、「甘み・旨みが増す」からです。
 しかし、天候に左右されたり、干し場所の確保が難しいため、近年ではこの製法で作られる落花生は少なくなりつつあります。
おいしい落花生づくりにこだわり、今なお昔ながらの加工でまめまめしく守り続けております。

写真
■豊後高田落花生の歴史
 豊後高田市の落花生は明治18年に長崎より南京豆の種子を持帰り、試作したのが始まりといわれています。
 大正初期には、米国へ輸出され、豊後高田市の代表的産物となりましたが、近年では、自宅用やお世話になった人に配る「仁義豆」として栽培され、流通する落花生はごくわずかとなり、「幻の落花生」と言われていました。
 豊後高田市では、産地再生をめざし、生産者による協議会を設立し、再びこの幻の落花生を復活させました。
 豊後高田市民の自慢の逸品です。

菓子禅高田屋は、その道40年以上の和菓子職人の店です。

 店の自慢は、こだわりの自家製餡。
 和菓子職人のお父さんと息子さんの二人で、ひとつひとつ心を込めて作っています。
 季節ごとに、いちご大福や、シャインマスカット大福など、地元産の旬のフルーツをつかった大福が楽しめます。

写真
写真

家族でいとなむ、昭和の町の本格和菓子のお店です。

 和菓子職人のお父さんと息子さんを支えるのは、奥さんとお嫁さん。
 お二人の柔らかな笑顔で、お店はいつも優しく明るい雰囲気にあふれています。
 ショーケースには、美しい季節の和菓子が並んでいて、ついつい目を奪われます。
 昭和の町にお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいね。

写真
写真

豊後高田昭和の町~お帰りなさい。思い出の町へ。~

写真
 豊後高田市の中心商店街は、江戸時代から明治、大正、昭和30年代にかけて、国東半島でもっとも栄えた町でした。江戸時代から海上運輸で栄え、昭和初期にも京阪神に行き来した運搬船が多数停泊していました。
 しかし、だんだんと時代の波に取り残され、多くの商店街と同じく寂しい町になっていました。

昭和30年代をテーマにまちづくり

 商店街が最も華やかで元気だった最後の時代、あの昭和30年代の活気を蘇らせようと平成13年(2001年)に立ち上げたのが「昭和の町」の取組みです。
 昭和の4つの再生をコンセプトとした「昭和の店」を年々拡大し、あわせて拠点施設「昭和ロマン蔵」を整備するなど、着実に取り組みを進めてきました。
 人通りも少なかった総延長約550mの商店街は、今では年間約37万人の観光客が訪れる町へと生まれ変わりました。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のロケ地 大分県「豊後高田昭和の町」の"奇蹟"(ふるさとチョイスブログ)

豊後高田昭和の町「菓子禅高田屋」ラインアップをご紹介!!

充実の返礼品ラインアップ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる