イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

無添加・無塩の出汁パック「ダーシィハリー」8g×40個

カニ印の無添加・無塩のだしパック「ダーシィハリー」の2個セットです。 「ダーシィハリー」は「無添加」で「無塩」です。 食塩もデンプン剤も、しょうゆ粉末も入っていません。 かつお節、いわし煮干、さば節、羅臼昆布、椎茸、焼あご、という自然の素材をバランスよく砕いた、粉末だしパックです。 提供:カニ醤油 ※原料に蟹は入っていません。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ダーシィハリー(8g×20パック)×2個

カニ印の無添加・無塩のだしパック「ダーシィハリー」の2個セットです。 「ダーシィハリー」は「無添加」で「無塩」です。 食塩もデンプン剤も、しょうゆ粉末も入っていません。 かつお節、いわし煮干、さば節、羅臼昆布、椎茸、焼あご、という自然の素材をバランスよく砕いた、粉末だしパックです。 提供:カニ醤油 ※原料に蟹は入っていません。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ダーシィハリー(8g×20パック)×2個
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

九州で一番古い、味噌・醤油屋さん『カニ醤油』

写真

カニ醤油 400年の歴史

写真
時は遡ること、慶長5年(1600年)。カニ醤油の祖先である可兒孫右衛門(かにまごえもん)と可兒傳蔵(かにでんぞう)は、臼杵市本町に店舗を構え、「鑰屋可兒傳右衛門店(かぎやかにでんえもんてん・現在のカニ醤油)」と称し、現在まで続いています。
慶長年間の創業で現在まで営業が世襲されている味噌・醤油商は全国的にも稀有であるとみられることから、可兒孫右衛門は豊後の国(大分県)の醸造業の始祖と言われています。

カニ醤油へ行こう!

写真

文化庁登録有形文化財でもある店舗は、臼杵の中心街のど真ん中にあります。
歴史を感じる風情漂う店内では、オシャレでメローなBGMが流れており、居心地最高。
定番の味噌・醤油はもちろん、ユニークな名前の調味料に加え、ところどころで見かける社長作成の面白いポップを見て歩いても楽しめます。
カフェスペースもあり、手作りもろみを使用したまかない飯、みそカレーなどが味わえる他、大分県内外で活躍する若手作家による、陶器や絵画の展示など、癒しの空間となっています。
そして何と言ってもカニ醤油の定番スイーツ『みそソフト』は欠かせません。
何はともあれ、行って損はしないはずなので、ぜひカニ醤油へ遊びに行ってください!

店内を少しご紹介♪

写真
社長セレクトのおしゃれなBGMが流れる店内にあるカフェスペース。
カニ醤油オリジナルの「まかない飯」や「みそカレー」、更には日替わりの「特製みそ汁」まで楽しめます。

写真
カニ醤油といったらコレ!という人も数多くいるほど名の知れたスペシャルスイーツ『みそソフト』。
「え、みそとソフトクリーム…?合うの…?」と思っているそこのあなた!
騙されたと思って食べてみてください。めっちゃ美味くてハマります★

写真
レジにはカニ醤油の看板娘⁉のお母さんの若かりし頃の写真。
今も昔も変わらぬお母さんにぜひ会いに来てください!

写真
なんと、カニ醤油の祖先の方で慶応大学に行かれた方がいるのですが…
これまたなんと、あの福沢諭吉と一緒に写真に写っているのです!
こんな写真滅多に見れません!一万円札の諭吉さんより少し睨みをきかせたリアル諭吉さんの表情をチェックしてみてください。

カニ醤油合資会社

カニ醤油合資会社

【住所】
大分県臼杵市大字臼杵218
【電話番号(問い合わせ)】
0972-63-1177
【営業時間】
11時~18時
※ランチは11時~14時(ご飯がなくなり次第終了)
※火曜定休

他にもあります!カニ印のあれこれ!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる