イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

揚げるだけ!サクサクおいしい臼杵の地魚!「太刀魚フライ」計900g

関アジや関サバに並ぶ豊後水道の代表魚「太刀魚」。 たくましく育ったその体は白金色に輝き、身が引き締まっており肉厚なため、脂がのった上品な甘みがあります。 当商品はフライパンで黄金色になるまで焼いても美味しく召し上がっていただけます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
太刀魚フライ(180g:概ね5枚)×5パック

関アジや関サバに並ぶ豊後水道の代表魚「太刀魚」。 たくましく育ったその体は白金色に輝き、身が引き締まっており肉厚なため、脂がのった上品な甘みがあります。 当商品はフライパンで黄金色になるまで焼いても美味しく召し上がっていただけます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
太刀魚フライ(180g:概ね5枚)×5パック
このエントリーをはてなブックマークに追加

臼杵の地魚「太刀魚」を豪快に食らう!!!

写真

Point 1 … 一本釣りで獲れた新鮮な太刀魚を使用

写真

写真
臼杵では、タチウオの「一本釣り漁」が盛んであり、豊後水道で漁獲されたタチウオは脂分に富み、身が引き締まっていて美味しいと評判です。
特に、その品質を保つための取組として、共同出荷を行っており、第41回農林水産祭において「天皇杯」を受賞するなど、県内外から「マル臼」ブランドとして高く評価されています。
この太刀魚フライで使用しているものも、もちろん臼杵湾で一本釣り漁法で獲れた新鮮な太刀魚です★

Point 2... 揚げても焼いてもウマい!!!

「油で揚げるのは後片付けが面倒くさいなあ…」
とお悩みのそこのアナタへ朗報です!

この「太刀魚フライ」…焼いてもウマいんです!!

もちろん揚げるとサクサクして、フライっぽさ満点ですし、最高にウマいです…が!!しかし!!

フライパンで焼いてあげると、太刀魚の旨味を更に感じることができ、これはこれでウマいのであります!!

どちらにしても、下味をつけているため、何もつけなくても美味しく召し上がっていただけますよ★

写真
写真

「太刀魚屋」の想い

写真

当店は、大分県臼杵市の最東端に位置する泊ヶ内(とまりがうち)漁港に加工場を構えております。

 泊ヶ内は小さな漁村で、九州エリアに多く存在するリアス式海岸の入り江に代々の先祖たちが移り住んだとされ、その多くが漁業を営み生計を立ててきました。
 昭和50年後半ごろから太刀魚漁が盛んになり、大分県の太刀魚の漁獲量が全国でも上位を占め、そのほとんどは泊ヶ内の水揚げであったと云われています。また、太刀魚は昔から非常に高値で取引され、一代で財を成した漁師も少なくなく、大変潤った時代もありました。
 現在も臼杵の太刀魚は福岡市場まで輸送され韓国に高値で取引されているため、自らブランド化せずとも、その品質の高さから市場でも臼杵の太刀魚は最高級品と称されています。

 しかしながら、漁獲量は昭和58年をピークに徐々に衰退してきております。大きな理由として、巻き網による乱獲や水温の上昇によるもので、太刀魚の漁獲域、産卵場所までもが縮小の一途をたどっており、水揚げとしては最盛期の7分の1まで減少しました。また、漁師の高齢化や後継者不足の問題も重なり、漁業の衰退により拍車がかかっております。
 この現状を打破するのは非常に困難ですが、少しでも希望の光を灯すべく、私自身東京からUターンし両親の営む太刀魚漁を手伝うことと並行し、6次産業に着手することを決意しました。

 貴重な資源である太刀魚を皆さまに召し上がってほしいという一心で、この太刀魚フライを作っております。
 また、臼杵を元気にしたいという想いも人一倍です。

 どうぞ皆さま、臼杵の味をご堪能ください。

太刀魚屋
店主 廣戸 俊彦

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる