イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

後藤さんが育てた屋形島の緋扇貝(ひおうぎがい)30枚

大分県の最南端蒲江の屋形島で育った緋扇(ヒオウギ)貝です。緋扇貝はイタヤガイ科の二枚貝で、緋色、黄、紫、オレンジとカラフルな色を特徴とする食用の貝です。肉厚で、濃厚な味、それに低カロリー高たんぱくで栄養満点のパワーフード。炭火焼やバター炒めなど色々調理できますが、酒蒸しが簡単で美味しくてお勧め。貝殻はアクセサリーやオブジェなどご利用できます。 貝殻の色は収穫にばらつきがある為指定できません。調理方法、保存方法などが書かれたパンフレットを同封しております。海況や交通事情等により希望日にお届けできない場合があります。ご注文は余裕をもってお早めに。

6,000ポイント
(20,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
緋扇貝 30枚

大分県の最南端蒲江の屋形島で育った緋扇(ヒオウギ)貝です。緋扇貝はイタヤガイ科の二枚貝で、緋色、黄、紫、オレンジとカラフルな色を特徴とする食用の貝です。肉厚で、濃厚な味、それに低カロリー高たんぱくで栄養満点のパワーフード。炭火焼やバター炒めなど色々調理できますが、酒蒸しが簡単で美味しくてお勧め。貝殻はアクセサリーやオブジェなどご利用できます。 貝殻の色は収穫にばらつきがある為指定できません。調理方法、保存方法などが書かれたパンフレットを同封しております。海況や交通事情等により希望日にお届けできない場合があります。ご注文は余裕をもってお早めに。

6,000ポイント
(20,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
緋扇貝 30枚
このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤さんが育てた屋形島の緋扇貝(ひおうぎがい)30枚

写真

緋扇貝(ひおうぎがい)は、赤やオレンジ、紫など、色鮮やかな貝殻を持つホタテの仲間の貝です。その貝殻の色は、一切の着色をしていない自然の色です。自然からの贈り物、海の宝石です。日本では房総半島から南でしか育てられず、生産量も少ない、知る人ぞ知る幻の貝です。

写真

大分県の最南端、佐伯市蒲江の屋形島で育った緋扇貝を、一枚ずつ丁寧に磨いて美しい色に仕上げています。色とりどりの鮮やかな輝きを放つ緋扇貝は大粒で味もよく、胸を張ってお届けできる逸品です。

写真

【容量】

緋扇貝 30枚

写真

緋扇貝は豊かな自然の恵みの結晶です。

写真

佐伯市蒲江の沖合に浮かぶ屋形島で、緋扇貝の養殖を手掛ける後藤猛さん。緋扇貝の国内での生息地は珍しく、なかでも佐伯市蒲江地区は穏やかなリアス式海岸と良質なプランクトンが多いといった好条件が揃っているため成長速度が早く、大粒で身が引き締まった貝に成長していきます。

写真
写真
写真

綺麗に大きく育てるためには、殻の表面についた海藻や他の貝などを一枚一枚丁寧に手作業で落とし、大きさを選別して、再び海中に戻す作業が欠かせません。緋扇貝の養殖はこの作業の繰り返し。多いときは1日3,000枚の貝を家族総出で綺麗にしています。

写真

虹色に輝く屋形島の緋扇貝、出荷の時を待っています。

写真

成長の早い蒲江の海では、早ければ半年ぐらいで出荷できるものもあります。その美味しさはもちろんですが贈答品としても人気のためグラインダーとブラシで丁寧に磨き上げ、天然の美しい色合いを引き出します。食べた後の貝殻を、アクセサリーやオブジェとして利用するお客様もいるそうです。

緋扇貝は濃厚で甘みがあり、肉厚で太い貝柱も美味しいです。

写真
写真

私たちがお届けします。

写真

大分県佐伯市蒲江港沖約三キロに浮かぶ屋形島で緋扇貝を育てています。かつて150名を超える島民が住んでいた屋形島も、今では、6世帯14名となっています。赤、黄、オレンジ、紫のカラフルな色が映える緋扇貝をお届けします。その名の通り扇を広げたような形は、贈答用にも好まれます。ぜひこの機会にご賞味ください。

まだまだあります!後藤さんが育てた屋形島の緋扇貝!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる