イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

佐伯郷土料理!あつめしのたれ大容量ボトル1.8L×2本

佐伯市の郷土料理「あつめし(ぶりの漬け)」用の専用タレ。九州の甘口のお醤油タレです。大分県では「りゅうきゅう」という呼ばれ方で親しまれています。お刺身醤油としてだけでなく、お肉との相性も良いのですきやきや生姜焼き、煮物などにも使える万能調味料です!一押しは卵かけごはん!! リピーター続出の人気のタレを大容量ボトルサイズでお届けします!

3,600ポイント
(12,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1.8?ペットボトル入り×2本

佐伯市の郷土料理「あつめし(ぶりの漬け)」用の専用タレ。九州の甘口のお醤油タレです。大分県では「りゅうきゅう」という呼ばれ方で親しまれています。お刺身醤油としてだけでなく、お肉との相性も良いのですきやきや生姜焼き、煮物などにも使える万能調味料です!一押しは卵かけごはん!! リピーター続出の人気のタレを大容量ボトルサイズでお届けします!

3,600ポイント
(12,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1.8?ペットボトル入り×2本
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐伯郷土料理!あつめしのたれ大容量ボトル1.8L×2本

写真

「あつめし」とは?

写真
「あつめし」は大分県の豊後水道に面した漁師町、米水津(よのうづ)に伝わる郷土料理です。
この地方では、古くより漁業を生業として栄えてきました。漁師達が漁に出かけて、漁を終えた船の上で、とれたばかりの魚を刺身に引いて醤油ベースのちょっと甘口のタレに漬けて、熱々のどんぶり飯にのせ、熱々のお茶をかけて食べる。これが「あつめし」です。そんなふるさとの味をご家庭で簡単に食べられるようにしたい!との思いで「あつめしたれ」は作られました。

作り方は簡単!

写真
あつめしたれにお好みの魚を漬込み、あつあつご飯の上に乗せるだけで「あつめし」が完成!
すっきりした甘味のたれはお魚以外にも相性抜群!豚の生姜焼きのたれ代わりに、卵かけご飯に。とにかく万能調味料です!

『EVERY FISH PROJECT』の取り組み

写真
三方を山に囲まれ、東に豊後水道を望む入江に15の水産加工業者が集積する米水津(よのうづ)地区。そのひとつ、創業100年を超える老舗のやまろ渡邉の渡邉才智郎社長は、「米水津の業者はそれぞれ得意分野を磨いており、当社では豊富な魚種を活かして、刺身でも食べられるほど鮮度の高い魚を使った干物づくりに努めています。」と胸を張ります。 日本食ブームが巻き起こる一方で、国民の魚離れが起きているのも事実。やまろ渡邉さんでは、女性メンバーが″簡単”″安心安全”″美味しく食べやすい”を三本柱に掲げた『EVERY FISH PROJECT』をスタートさせており、魚料理レシピのアイデアを出しあったり、InstagramやFacebookで発信したりと楽しく取り組んでいます。

私たちがお届けします。

写真

佐伯市米水津(よのうづ)で創業して110年目になります。長年培ってきた独自のノウハウと鮮度の良い原料を使用することで、質の高い干物づくりを目指しています。

やまろのお魚、まだまだあります!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる