イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

大分産ハモ使用!はもつみれ団子1kg

学校給食でも人気のある、大分県産のハモを食べやすいようにつみれ団子にしています。 原料はハモと塩のみでシンプルに仕上げているので、お吸い物やシチュー、そのまま揚げてあんかけにしたりと様々な料理がお楽しみいただけます。茶碗蒸しの具材にもおすすめ! 通常1~2週間程度でお届けとなります

2,700ポイント
(9,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1kg袋入り 箱サイズ(縦22㎝×横35㎝×高さ7㎝) ご贈答の場合は包装してお送りします。

学校給食でも人気のある、大分県産のハモを食べやすいようにつみれ団子にしています。 原料はハモと塩のみでシンプルに仕上げているので、お吸い物やシチュー、そのまま揚げてあんかけにしたりと様々な料理がお楽しみいただけます。茶碗蒸しの具材にもおすすめ! 通常1~2週間程度でお届けとなります

2,700ポイント
(9,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1kg袋入り 箱サイズ(縦22㎝×横35㎝×高さ7㎝) ご贈答の場合は包装してお送りします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大分産ハモ使用!はもつみれ団子(ボリュームパック)!

写真

原料はハモと塩のみでシンプルに仕上げているので、お吸い物やシチュー、そのまま揚げてあんかけにしたりと様々な料理がお楽しみいただけます。茶碗蒸しの具材にもおすすめ!大容量サイズでお届けします。

写真

あったかレシピ!ご紹介します!

写真

【材料】2人分、はもつみれ団子適量、玉ねぎ1/2個(薄切り)、ほうれん草1束(茹でて一口大に切る)、えび6尾、しめじ1/2個、シチューの素2個、バター10g、牛乳100cc、水200cc、パセリ(みじん切り)、塩こしょう、オリーブオイル各適量
【作り方】
① 鍋にオリーブオイルを熱し、えびを色が変わるまで炒める
② ①を取り出し、バター、玉ねぎを弱火でしんなりするまで炒める
③ ②にしめじを加えて炒め、塩こしょうをし、水を加えて中火で煮る
④ 煮立ったら火を止め、シチューの素を溶かし、牛乳、えび、はもつみれ団子を加えて中火で煮る(ぐらぐら沸騰させない)
⑤ 5分程したら火を止め、ほうれん草を加えて皿に盛り、パセリを振って出来上がり

はもつみれ団子が作られる大分県佐伯市米水津(よのうづ)地区

写真

三方を山に囲まれ、東に豊後水道を望む入江に15の水産加工業者が集積する米水津(よのうづ)地区。そのひとつ、創業100年を超える老舗のやまろ渡邉の渡邉才智郎社長は、「米水津の業者はそれぞれ得意分野を磨いており、当社では豊富な魚種を活かして、刺身でも食べられるほど鮮度の高い魚を使った干物づくりに努めています。」と胸を張ります。

創業110年の「やまろ渡邉」には大切にしている思いがあります

写真

①素材にこだわる

写真

目利きの職人がその時々で一番おいしい魚を仕入れます。仕入れた素材の美味しさを生かすため、塩加減もその素材に合わせて変えています。

②塩のみにこだわる

写真

やまろの干物を作るために必要なのは、魚と塩だけ。酸化防止剤や保存の為のビタミン、着色剤は一切使用しません。魚本来の美味しさが楽しめる干物です。食の安全にこだわる方へのギフトにも喜ばれています。

③環境にこだわる

写真

学校給食にもご採用頂いている清潔な環境で加工し、皆様にお届けしています。

屋号の「やまろ」ってどういう意味?

写真

×・・・「やま」と呼ばれ、稲穂と籾を分ける「千刃(せんば)」を意味します。日本の伝統である米作りに使用する器具を屋号に入れることで、伝統を大切にし、ものづくりに精魂を込める人間のプライドと覚悟を示しました。

ロ・・・米を図る「枡」を意味し、商人の命ともいえる量りを意味します。上記のふたつの記号を組み合わせることで、ものづくりに対する真摯な姿勢と、商人として皆様に喜ばれる商いを行う、という決意を込め、初代渡邉庄三郎が明治41年、「やまろ」の屋号を冠しました。

『EVERY FISH PROJECT』の取り組み

写真

日本食ブームが巻き起こる一方で、国民の魚離れが起きているのも事実です。やまろ渡邉では、女性メンバーが″簡単”″安心安全”″美味しく食べやすい”を三本柱に掲げた『EVERY FISH PROJECT』をスタートさせており、魚料理レシピのアイデアを出しあったり、InstagramやFacebookで発信したりと楽しく取り組んでいます。

私たちがお届けします。

写真

佐伯市米水津(よのうづ)で創業して111年目になります。長年培ってきた独自のノウハウと鮮度の良い原料を使用することで、質の高い干物づくりを目指しています。ぜひこの機会にご賞味ください。

まだまだあります!さいき自慢の逸品!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる