イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

手づくりドレッシング セット 2本入り(花彩ドレッシング・生姜ドレッシング)

インスタ映えする鮮やかなピンク色の花彩ドレッシングと生姜ドレッシングをギフトセットにしました。プレゼント、贈答品に最適です。 【花彩(はな)ドレッシング (200ml)】 阿蘇高森町の北東部、河原・市野尾地区の花農家「Shiraishi Flower Farm」が、丹精込めて育てたお花(ストック)を使って作ったドレッシングです。 見た目も可愛いピンク色で、食卓を華やかに彩ります。 サラダはもちろん、お魚のカルパッチョにもオススメ!ドレッシングが作れるのは、花が咲く冬の時期だけ。花卉栽培を行いながらの加工のため大量生産はできませんが、ひとつひとつ丁寧に手で花びらをちぎり、一本ずつ愛情込めて作りました。 お花の苦みはなく、にんじんとたまねぎが入った塩麹ベースのまろやかな味わいです。 【生姜ドレッシング (200ml)】 高森町の旬の野菜を使った創作料理が味わえるレストラン「グリル・ド・加藤」の加藤シェフが作る生姜のドレッシングです。サラダだけでなく、お肉料理や揚げ物にもピッタリ! 独特の香りと辛みに強い薬効がある生姜。一緒に摂取することで、食欲増進や健康促進に効果があると言われている玉ねぎもたっぷり入っています。地元 高森町の阿蘇マルキチ醤油の淡口醤油を使っています。 ■産地 熊本県阿蘇郡高森町産 ■原材料 <花彩ドレッシング>  醸造酢(国内製造)、玉ねぎ、食用植物油脂(なたね油)、人参、塩麹、砂糖、発酵調味料、花(ストック)、生姜、昆布、食塩、白胡麻 <生姜ドレッシング> 玉ねぎ、醸造酢、淡口醤油(原材料の一部に小麦、大豆を含む)食用食物油脂、生姜、砂糖、にんにく ■保存方法 高温・多湿・直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。 開封後は冷蔵庫に入れて早めにお召し上がりください。 ■備考 ●お召し上がり直前によく振ってください。 ●高温・多湿・直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。 ●開封後は冷蔵庫に入れてお早めにお召し上がりください。 ■事業者 TAKAraMORI

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
手づくりドレッシングセット 2本入り 花彩ドレッシング 200ml×1本 生姜ドレッシング 200ml×1本 計:400ml

インスタ映えする鮮やかなピンク色の花彩ドレッシングと生姜ドレッシングをギフトセットにしました。プレゼント、贈答品に最適です。 【花彩(はな)ドレッシング (200ml)】 阿蘇高森町の北東部、河原・市野尾地区の花農家「Shiraishi Flower Farm」が、丹精込めて育てたお花(ストック)を使って作ったドレッシングです。 見た目も可愛いピンク色で、食卓を華やかに彩ります。 サラダはもちろん、お魚のカルパッチョにもオススメ!ドレッシングが作れるのは、花が咲く冬の時期だけ。花卉栽培を行いながらの加工のため大量生産はできませんが、ひとつひとつ丁寧に手で花びらをちぎり、一本ずつ愛情込めて作りました。 お花の苦みはなく、にんじんとたまねぎが入った塩麹ベースのまろやかな味わいです。 【生姜ドレッシング (200ml)】 高森町の旬の野菜を使った創作料理が味わえるレストラン「グリル・ド・加藤」の加藤シェフが作る生姜のドレッシングです。サラダだけでなく、お肉料理や揚げ物にもピッタリ! 独特の香りと辛みに強い薬効がある生姜。一緒に摂取することで、食欲増進や健康促進に効果があると言われている玉ねぎもたっぷり入っています。地元 高森町の阿蘇マルキチ醤油の淡口醤油を使っています。 ■産地 熊本県阿蘇郡高森町産 ■原材料 <花彩ドレッシング>  醸造酢(国内製造)、玉ねぎ、食用植物油脂(なたね油)、人参、塩麹、砂糖、発酵調味料、花(ストック)、生姜、昆布、食塩、白胡麻 <生姜ドレッシング> 玉ねぎ、醸造酢、淡口醤油(原材料の一部に小麦、大豆を含む)食用食物油脂、生姜、砂糖、にんにく ■保存方法 高温・多湿・直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。 開封後は冷蔵庫に入れて早めにお召し上がりください。 ■備考 ●お召し上がり直前によく振ってください。 ●高温・多湿・直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。 ●開封後は冷蔵庫に入れてお早めにお召し上がりください。 ■事業者 TAKAraMORI

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
手づくりドレッシングセット 2本入り 花彩ドレッシング 200ml×1本 生姜ドレッシング 200ml×1本 計:400ml
このエントリーをはてなブックマークに追加

■工夫やこだわり

材料に使われるストックというお花は虫がつきやすいのですが、安心して口に入れていただくため、できる限り低農薬で育てています。
ドレッシングを作り始める前には残留農薬検査を行い、合格したものだけを材料として使用しています。

■関わっている人

高森町の花農家Shiraishi Flower Farmと高森町のレストラン(グリル・ド・加藤)のシェフが町の特産物を使って作ったドレッシングです。

■環境

ストックを育てている高森町河原地区は、標高700メートルから800メートルにある小さな集落です。冬場の花が少なくなる時期の雇用にもつながっています。

■時期

花彩(はな)ドレッシングは、ストックの出荷時期である11月から翌3月までの間のみ作られる「期間限定」&「数量限定」の商品です。

■お礼の品に対する想い

「花を贈るようにドレッシングを贈っててほしい」という想いで、色の鮮やかさや材料、パッケージなどにもこだわっています。

関連のお礼の品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる