イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

コールドプレス製法で搾油!希少な「南小国のえごま油」(45g×2本)

【南小国産100%!手作業で収穫し、コールドプレス製法で搾油した希少な「えごま油」をお届け】 南小国産のえごまを100%使用し、小国郷内でしか流通していない希少な「えごま油」。 えごま油は必須脂肪酸でもある「α-リノレン酸(n-3脂肪酸)」が含まれている油で、油独特の臭みもほとんどないため、生のまま食べるのがオススメ! お味噌汁や卵かけご飯、パスタやヨーグルトなど、さまざまな食材との相性抜群!是非ご賞味ください。 ●「えごま油」とは シソ科である「えごま」の種子を搾油したもの。人間の体内では作ることができず、食品からしか摂取できない必須脂肪酸「α-リノレン酸(n-3脂肪酸)」を含んだ油です。 この必須脂肪酸は青魚に多く含まれますが、近年は食の欧米化もあって摂取量が減少しています。 しかし!毎日「スプーン1杯のえごま油」を食事に取り入れることにより、摂取バランスが改善され、健康効果を与えてくれると期待されています。 ●おすすめの食べ方 お味噌汁・冷奴・卵かけご飯・パスタ・パン・ヨーグルト・カルパッチョ・ドレッシング等々… ※熱を加えると栄養価が損なわれてしまうため、加熱調理には向いていません ●生産者:宅野農園 阿蘇南小国の地で200年以上も続く宅野農園。8代目である禎也さんはお米や栗を中心に栽培しており、2年前からえごまの栽培も手掛けている。

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
えごま油 45g × 2本 合計:90g

【南小国産100%!手作業で収穫し、コールドプレス製法で搾油した希少な「えごま油」をお届け】 南小国産のえごまを100%使用し、小国郷内でしか流通していない希少な「えごま油」。 えごま油は必須脂肪酸でもある「α-リノレン酸(n-3脂肪酸)」が含まれている油で、油独特の臭みもほとんどないため、生のまま食べるのがオススメ! お味噌汁や卵かけご飯、パスタやヨーグルトなど、さまざまな食材との相性抜群!是非ご賞味ください。 ●「えごま油」とは シソ科である「えごま」の種子を搾油したもの。人間の体内では作ることができず、食品からしか摂取できない必須脂肪酸「α-リノレン酸(n-3脂肪酸)」を含んだ油です。 この必須脂肪酸は青魚に多く含まれますが、近年は食の欧米化もあって摂取量が減少しています。 しかし!毎日「スプーン1杯のえごま油」を食事に取り入れることにより、摂取バランスが改善され、健康効果を与えてくれると期待されています。 ●おすすめの食べ方 お味噌汁・冷奴・卵かけご飯・パスタ・パン・ヨーグルト・カルパッチョ・ドレッシング等々… ※熱を加えると栄養価が損なわれてしまうため、加熱調理には向いていません ●生産者:宅野農園 阿蘇南小国の地で200年以上も続く宅野農園。8代目である禎也さんはお米や栗を中心に栽培しており、2年前からえごまの栽培も手掛けている。

3,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
えごま油 45g × 2本 合計:90g
このエントリーをはてなブックマークに追加

体内では作られない!必須脂肪酸α-リノレン酸を含むえごま油

写真

人間の体内では作ることができず、食品からしか摂取できない必須脂肪酸「α-リノレン酸(n-3脂肪酸)」を含んだ油です。
青魚に多く含まれる必須脂肪酸ですが、近年は食の欧米化もあって摂取量が減少しています。
しかし、毎日魚を食べるのは大変……そんな時、毎日「スプーン1杯のえごま油」を食事に取り入れることにより、摂取バランスが改善され、健康効果を与えてくれると期待されています!

阿蘇南小国で「えごま」の栽培を行う宅野農園

写真
宅野農園8代目の禎也さんは57歳から専業農家になりました。
それまでは農業協同組合に勤め、阿蘇全域のさまざまな農産物に関わっていました。

就農後は「南小国町には農産物を使った加工品が少ない」、「自分も何か作ってみよう!」と奮い立ち、特産品になれば…との思いから、南小国町ではほぼ栽培されていないえごまの栽培・加工をはじめました。

写真
害獣(イノシシ・シカなど)の被害を受けにくいえごまは、栽培しやすいものの収穫から手が掛かります。普段は禎也さんお一人で作業することが多いということですが、収穫からは奥様にもお手伝いいただき、一家総出で作業を行っているそうです。

写真
えごまは一本ずつ鎌で刈り収穫をします。手作業で種子をふるい落とし、唐箕(とうみ)にかけてクズを飛ばすことで、加工できる種子のみの状態になります。
昔ながらの製法で丁寧に手作業で種を取り出すことで、禎也さんの栽培するえごまは酸価値が基準値より低く、非常に良い状態だと評価されています。

写真
なお、熱を加えない「コールドプレス製法(低温圧搾法)」によりゆっくりと圧をかけることによって、栄養成分を保ったままのえごま油が誕生します。

「えごま油」のおいしい食べ方♪

写真
生産者の禎也さんイチオシは「お味噌汁」!
そして、卵ごはんにもすこし垂らして食べると美味しいそうです!

写真
また、通常オリーブオイルを使うカルパッチョや、えごま油に少し塩を入れてパンにつけるなど、洋食にも相性抜群!

写真
クセもなく、サラッとしているため、サラダはもちろん冷奴などにかけても絶品です!

●おねがい
えごま油は熱を加えてしまうと栄養成分が損なわれてしまうため、加熱調理には向いていません。
生のまま美味しく召し上がっていただくのがオススメです!

生産者:宅野農園 宅野禎也さん

生産者:宅野農園 宅野禎也さん

この度は、弊社謝礼品ページをご覧いただきありがとうございます。

えごまの栽培から収穫まですべて手作業で行い、搾油の方法にもこだわり、一番良い状態で皆様のお手元に自慢の「えごま油」をお届けできればと思っております。

私は、将来南小国がえごまの産地になってほしいと思っています。これからすこしでも多くの方にえごま油を使っていただき、南小国でも栽培が盛んになっていけばと思います。

ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。

まだまだあります!南小国自慢の謝礼品

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる