イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

黒川温泉「湯あかり」ライトアップ活動への【思いやり型返礼品】

こちらは、熊本県南小国町の<黒川温泉観光旅館協同組合>が取り組んでいる里山の景観活動、竹の間伐材を活かした毎年「黒川温泉」で行われているライトアップ活動「湯あかり」の支援につながる【思いやり型返礼品(協賛型)】です。 今年で8回目の開催に黒川温泉の「湯あかり」。元々は、放置された竹林の環境・景観を守る為に、再生活動の一環として竹の間伐(かんばつ)などを行っており、「間伐した竹を捨てるだけでなく、活かせないか?」との試みから誕生した取り組みです。 この活動を、今後も持続させ、何時までも黒川温泉を含む、町内の景観を維持していく為、今回の募集を行わせて頂きました。 お礼の品として、「黒川温泉オリジナル入浴剤」+「黒川温泉オリジナル防水巾着」+「お礼状」をお届け致します。 頂いた寄附を原資に、地域で8年続く「湯あかり」活動をはじめ、景観メンテナンスや一斉清掃などこれからの黒川温泉の景観づくりに有効活用させて頂きます。 提供先:黒川温泉観光旅館協同組合

6,000ポイント
(20,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・黒川温泉オリジナル入浴剤×1箱 ・黒川温泉オリジナル防水巾着×1袋(色の指定はできません) ・お礼状

こちらは、熊本県南小国町の<黒川温泉観光旅館協同組合>が取り組んでいる里山の景観活動、竹の間伐材を活かした毎年「黒川温泉」で行われているライトアップ活動「湯あかり」の支援につながる【思いやり型返礼品(協賛型)】です。 今年で8回目の開催に黒川温泉の「湯あかり」。元々は、放置された竹林の環境・景観を守る為に、再生活動の一環として竹の間伐(かんばつ)などを行っており、「間伐した竹を捨てるだけでなく、活かせないか?」との試みから誕生した取り組みです。 この活動を、今後も持続させ、何時までも黒川温泉を含む、町内の景観を維持していく為、今回の募集を行わせて頂きました。 お礼の品として、「黒川温泉オリジナル入浴剤」+「黒川温泉オリジナル防水巾着」+「お礼状」をお届け致します。 頂いた寄附を原資に、地域で8年続く「湯あかり」活動をはじめ、景観メンテナンスや一斉清掃などこれからの黒川温泉の景観づくりに有効活用させて頂きます。 提供先:黒川温泉観光旅館協同組合

6,000ポイント
(20,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・黒川温泉オリジナル入浴剤×1箱 ・黒川温泉オリジナル防水巾着×1袋(色の指定はできません) ・お礼状
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒川温泉が行う「湯あかり」ほか景観保全活動へのご支援のお願い

写真

上質な里山の温泉地「黒川温泉 」を目指した景観保全の取り組み

写真
写真

黒川温泉は遠く福岡県まで注ぐ筑後川の源流域、奥阿蘇の渓流沿いに位置する、30軒の旅館が寄り添う小さな温泉郷です。

【黒川温泉ー旅館 (くろかわおんせんいちりょかん)】という地域理念をもとに『入湯手形の導入』『景観づくり活動』『共同資源の活用』という3つの施策に地域一丸となって取り組んできました。その中で「景観づくり活動」として温泉街に2約万本の植樹を行い、現在は景観メンテナンスや一斉清掃などで景観を維持・管理しています。

写真
写真

黒川温泉 湯あかり活動について

今年で8回目の開催になる黒川温泉の『湯あかり』。元は放置竹林による「竹害(ちくがい)※1」から地域の環境 · 景親を守るため、竹の間伐・再生活動の一環として始まりました。今では黒川温泉の冬の風物詩となっており、 竹の灯り揺らめく幻想的な世界が皆様に喜ばれております。


※1.竹害とは
現在、日本各地で問題となっている竹害。黒川温泉でも例外ではなく放置竹林は多く存在します。成長の速い竹は持続的な維持管理を行わないと他の木々を枯らし、里山の環境を脅かすのです。
黒川温泉では環境維持のため竹林の間伐、再生に取り組んでいますが、今回の「湯あかり」も、こういった活動の一環として計画されました。竹灯篭の使用後は平野台の炭窯で竹炭を作り、また粉砕されたものは、肥料や地面のクッション材としても利用できます。このように竹を循環させる事で、現在の黒川温泉、引いては南小国町の美しい環境を守る事に繋がっています。

写真
毎年11月末になると、旅館や商店の経営者など地域の住民が総出で『湯あかり』の準備に取り掛かります。作業の中心は鞠灯篭作りです。湯あかりのシンポルとなっている「鞠灯籠(まりとうろう)」は、細い竹ひこを輪っかにしたものを9個束ねて一つの球体にします。毎年300個ほど作りますが、綺麗な一つの球体にする為には、かなりの時間が掛かり、慣れとある程度の器用さが必要です。

写真
作業には、準備も含めたくさんの地域の住民が集まります。みんな黒川が好きで、黒川の景観を大切にしたいと考えている方たちです。数年前からは、黒川温泉を「第二の故郷」として応援して下さる「第二村民」の方々とも共同で湯あかりの制作を一緒に行っています。

鞠灯篭作りを通じて、地域の住民と協力して頂ける方々との交流が、年々深まっています。

写真
写真

上記の取り組みを今後も維持していく為の活動資金を募りたいと考え、気持ちばかりでは御座いますが、お礼の品として、「黒川温泉オリジナル入浴剤」+「黒川温泉オリジナル防水巾着」+「お礼状」をお届け致します。

頂いた寄附を原資に、地域で8年続く「湯あかり」活動をはじめ、景観メンテナンスや一斉清掃など、これからも黒川温泉の景観づくりに有効活用させて頂きます。

写真

黒川温泉発!宿の数々や自慢の産品はこちら

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる