イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

ジャージー牛乳たっぷり! ゆたんもん手作りジャージーかりんとうセット

南小国の自然の恵みと特産の小国ジャージー牛乳100%で丹念に作りました! 「ゆたんもん」は、阿蘇郡南小国町の湯田地区で20年以上活動する加工グループです。 かりんとうの生地には水を一切使わず、特産であるジャージー牛乳を100%使っているため、牛乳のほのかな甘みが感じられる 昔ながらの素朴な味わいのかりんとうです。5種類のこだわりの味をお楽しみください。 ■米粉 米粉に黒ゴマを練り込んだかりんとうです。米粉のさくっとした食感に黒ごまがアクセントになっています。 ■シナモン シナモンの風味豊かなかりんとうです。コーヒーとの相性が抜群です。 ■柚子こしょう 手作りの柚子こしょうを贅沢に練り込んだピリッとした辛さのあるかりんとうです。おつまみにも最適です。 ■ラムレーズン ラム酒に付け込んだレーズンを細かく刻み練り込んでます。ラム酒の香りをお楽しみください。 ■よもぎ  手積みのよもぎ練り込んだ根強い人気を誇るかりんとうです。よもぎ本来の風味が味わえます。 [提供元] ゆたんもん

2,100ポイント
(7,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ジャージーかりんとう ・米粉     70g×1 ・シナモン   70g×1 ・柚子こしょう 70g×1 ・ラムレーズン 70g×1 ・よもぎ    70g×1 合計:5個

南小国の自然の恵みと特産の小国ジャージー牛乳100%で丹念に作りました! 「ゆたんもん」は、阿蘇郡南小国町の湯田地区で20年以上活動する加工グループです。 かりんとうの生地には水を一切使わず、特産であるジャージー牛乳を100%使っているため、牛乳のほのかな甘みが感じられる 昔ながらの素朴な味わいのかりんとうです。5種類のこだわりの味をお楽しみください。 ■米粉 米粉に黒ゴマを練り込んだかりんとうです。米粉のさくっとした食感に黒ごまがアクセントになっています。 ■シナモン シナモンの風味豊かなかりんとうです。コーヒーとの相性が抜群です。 ■柚子こしょう 手作りの柚子こしょうを贅沢に練り込んだピリッとした辛さのあるかりんとうです。おつまみにも最適です。 ■ラムレーズン ラム酒に付け込んだレーズンを細かく刻み練り込んでます。ラム酒の香りをお楽しみください。 ■よもぎ  手積みのよもぎ練り込んだ根強い人気を誇るかりんとうです。よもぎ本来の風味が味わえます。 [提供元] ゆたんもん

2,100ポイント
(7,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ジャージーかりんとう ・米粉     70g×1 ・シナモン   70g×1 ・柚子こしょう 70g×1 ・ラムレーズン 70g×1 ・よもぎ    70g×1 合計:5個
このエントリーをはてなブックマークに追加

25年以上続く南小国の名物「ゆたんもん」かりんとう5種セット

写真
写真

南小国町湯田地区の農家のお母さん達が結成し、25年以上名物の「かりんとう」を作り続ける
『ゆたんもん(ゆたんもん=湯田に住む者の意味)』。


何時も朗らかに、時には小国弁で文句を言い合いつつ(笑)、元気いっぱいにかりんとう作りに取り組んでいます。
それぞれが、作業工程の持ち場を持つことで、責任感と使命感を持ち、「美味しいかりんとうを、お客様の手に届ける」という意思の元、早朝から一日掛けて作業しています。

そんなお母さん達が作る、南小国のソウルフードの一つとも言える5種類のかりんとうは、ふるさと納税ほか、地域の物産館や旅館の御茶請けなどでも、愛されております。

写真

「教えて!志津子さん~かりんとうが出来るまで~」

ここからは、かりんとう作りのまとめ役「鞭馬志津子(むちましづこ)さん」に、実際の工程を紹介頂きます♪

写真
夏は少し肌寒く、冬は手がかじかむくらいの早朝から、かりんとう作りはスタート。
種類ごとにそれぞれ、注文分の原料を準備し、生地作りが始まります。

水は一滴も使わず、塩や砂糖、ベーキングパウダーと小麦粉を「小国郷産 ジャージー牛乳」で練り上げ、しっかりと生地をこねます。

写真
しっかり練り上げた生地は、約40分~1時間(季節ごとに変動あり)、専用の発酵機で寝かせます。

写真
発酵が完了した生地は、成型機で伸ばし、折り込んでまた伸ばしを繰り返す事で、生地に空気が含まれ、
出来上がりの際の食感やサクサク感をしっかり感じ取れる様になるのです。

写真
更に複数回折り込み、手ごねで練り込まれた生地は、専用のロールカッターで、かりんとうの大きさにカットされます。

写真
均等な大きさにカットされた生地を軽くねじり、高温の菜種油できつね色になるまで、じっくり揚げます。生地の中までしっかり火を通す事で、口に入れた際の食感が更に増すのです。

写真
しっかり油で揚げた生地をざるに上げ、黒ゴマ、砂糖、ジャージー牛乳をブレンドした鍋に投入し、かりんとうをコーティング。しっかりとした味付けに仕上がります。

写真
しっかり味付けされた各種かりんとうは、しばらく冷まして味をなじませた後、袋詰め・計量され町内の店舗や旅館、イベント等で提供されています。

生産者:ゆたんもん

生産者:ゆたんもん

地域内外の皆様にご好評を頂いていると自負する「ゆたんもんのかりんとう」作りも、26年目を迎えております。

ありがたいことに、地域の特産品に係る幾つかの賞を頂き、様々な地域で物販もさせて頂きました。
それぞれが「食べる人に笑顔になってもらいたい」を目標に役割分担し、資材や原料の仕入れや場所の手配、出荷・納品に、製造時には身体が自然と、それぞれの工程にポジションを取り、6人が息をピッタリ合わせ、かりんとう作りに励んでいます。

良いものを作りたい想いから、時にはぶつかりながらも、常に笑顔とおしゃべりが絶えない私たちが作る5種類のかりんとう。
宜しければ、手に取って食べて頂けると嬉しいです

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる