イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

Z24 江戸時代の肥後米「穂増」5kg 玉名産

★☆★チョイス限定☆★☆ 【天下第一の米】と称された江戸時代の肥後米が復活。 江戸時代の熊本在来米「穂増(ほまし)」を玉名市民300人以上の手で復活しました。 昔ながらの手法でつくられたお米で、流通しておらず大変希品種改良前のお米の原点少価値の高い「穂米」 なかなか手に入らない玉名市ならではの特産品!!品種改良前のお米で、昔ながらの素朴な味わいです。 江戸時代から明治にかけて肥後米は全国一の評価を受けた産地でした。 「天下第一の米」と称され、西の肥後米、東の加賀米が米相場を左右していたほど。 当時はいくつもの品種が栽培されていましたが、代表的な物は「穂米」でした。 【穂増】とは?? 1833年(天保4年)熊本県八代市の現在の高田駅数編の旧高田村で女性農家により種取固定された熊本の伝統的な在来品種です。 日本遺産に認定された菊池川流域で盛んに栽培され、玉名から大阪にも運ばれました。栽培は熊本はもちろん福岡や鹿児島まで広がりました。現代の一般的な品種と比べると、 穂長は長く、倒れやすい脱粒性があるなど栽培にやや技術が必要です。粒の高さが低く張りhあある丸い粒と独特の香りがあります。栽培は途絶えていますが、2017年に40粒から種を増やし、2018年は農家だけでなく述べ300人以上が関わりバケツ苗などでタネを増やし、秋より一部販売が可能となりました。 現在、一般的に購入できる品種はほぼすべてコシヒカリかコシヒカリの子孫です。 各県で新品種が開発されていますが、プロにでも米の産地手は難しいと言われているほど、コシヒカリのような味が多く、差別化が難しい現状があります。 江戸時代には土地ごと風土にあった稲が種取りされ、1000種類以上が各地で栽培され、江戸時代の米屋は米を食べて産地を当てたそうです。 まさに玉名の誇る歴史ある極々貴重なお米です。 この機会にお米を通じて、玉名市の食文化と歴史を堪能してください!

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「穂増」5kg

★☆★チョイス限定☆★☆ 【天下第一の米】と称された江戸時代の肥後米が復活。 江戸時代の熊本在来米「穂増(ほまし)」を玉名市民300人以上の手で復活しました。 昔ながらの手法でつくられたお米で、流通しておらず大変希品種改良前のお米の原点少価値の高い「穂米」 なかなか手に入らない玉名市ならではの特産品!!品種改良前のお米で、昔ながらの素朴な味わいです。 江戸時代から明治にかけて肥後米は全国一の評価を受けた産地でした。 「天下第一の米」と称され、西の肥後米、東の加賀米が米相場を左右していたほど。 当時はいくつもの品種が栽培されていましたが、代表的な物は「穂米」でした。 【穂増】とは?? 1833年(天保4年)熊本県八代市の現在の高田駅数編の旧高田村で女性農家により種取固定された熊本の伝統的な在来品種です。 日本遺産に認定された菊池川流域で盛んに栽培され、玉名から大阪にも運ばれました。栽培は熊本はもちろん福岡や鹿児島まで広がりました。現代の一般的な品種と比べると、 穂長は長く、倒れやすい脱粒性があるなど栽培にやや技術が必要です。粒の高さが低く張りhあある丸い粒と独特の香りがあります。栽培は途絶えていますが、2017年に40粒から種を増やし、2018年は農家だけでなく述べ300人以上が関わりバケツ苗などでタネを増やし、秋より一部販売が可能となりました。 現在、一般的に購入できる品種はほぼすべてコシヒカリかコシヒカリの子孫です。 各県で新品種が開発されていますが、プロにでも米の産地手は難しいと言われているほど、コシヒカリのような味が多く、差別化が難しい現状があります。 江戸時代には土地ごと風土にあった稲が種取りされ、1000種類以上が各地で栽培され、江戸時代の米屋は米を食べて産地を当てたそうです。 まさに玉名の誇る歴史ある極々貴重なお米です。 この機会にお米を通じて、玉名市の食文化と歴史を堪能してください!

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
「穂増」5kg
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる