イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

光合成細菌「くまレッド」(2L培養キット×6セット) 球磨焼酎粕使用

【光合成細菌の効果】 ①肥料の削減  (窒素固定を行うため、追肥を減らせます) ②食味の向上 ③増収効果  (根張りがよくなり腐れにくくなることで強く育ちます) 【使用方法】 ご自宅で培養した光合成細菌を1,000倍程度に水道水で希釈して、1週間から10日に一度、作物の葉や株元に適量を散布してください。 200倍に希釈した光合成細菌を豚舎や鶏舎へ散布することで、アンモニアを分解し臭いを軽減することもできます。 【培養する時に用意するもの】 ・培養キット(光合成細菌30cc・焼酎粕培養液20cc) ・水1.9ℓ ・空の2ℓペットボトル(清潔なもの) 【作り方】 光合成細菌(種菌)と焼酎粕培養液を混ぜることで、合計2ℓ分の光合成細菌が作れます。 ①水を2ℓのペットボトルの半分まで入れる。 ②焼酎粕培養液を加えて、混ぜ合わせる。 ③光合成細菌を加えて、混ぜ合わせる。 ④2ℓのペットボトルの上部まで水を加える。 ⑤2週間程度、日光の当たる暖かい場所で培養する。 ※注意点/35℃程度が培養に最適な温度です。 ⑥赤色になったら、完成! ※注意点/培養管理について! 光合成細菌は、5月~10月は、太陽光を利用して屋外で培養可能です。 しかし、11月~3月は、屋内でガラス越しに日光のあたる温度の高いところへ置くか、専用のライト(プラントライト/LEDパネル)を活用していただくと冬場でも培養できます。 【保存方法】 ・直射日光を避け、5℃〜10℃の低温(冷蔵庫等)に保存してください。 【使用上の注意】 ・菌と培養液を直接混ぜないでください。 ・光合成細菌特有の臭いがしますが、商品には問題ございません。商品の開封は風通しの良いところで行ってください。 ・飲み物ではありません。 ・子どもの手の届かないところで保管してください。 事業者:株式会社Ciamo

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
2L培養キット×6セット 内容物(光合成細菌30cc/焼酎粕培地20cc)×6セット

【光合成細菌の効果】 ①肥料の削減  (窒素固定を行うため、追肥を減らせます) ②食味の向上 ③増収効果  (根張りがよくなり腐れにくくなることで強く育ちます) 【使用方法】 ご自宅で培養した光合成細菌を1,000倍程度に水道水で希釈して、1週間から10日に一度、作物の葉や株元に適量を散布してください。 200倍に希釈した光合成細菌を豚舎や鶏舎へ散布することで、アンモニアを分解し臭いを軽減することもできます。 【培養する時に用意するもの】 ・培養キット(光合成細菌30cc・焼酎粕培養液20cc) ・水1.9ℓ ・空の2ℓペットボトル(清潔なもの) 【作り方】 光合成細菌(種菌)と焼酎粕培養液を混ぜることで、合計2ℓ分の光合成細菌が作れます。 ①水を2ℓのペットボトルの半分まで入れる。 ②焼酎粕培養液を加えて、混ぜ合わせる。 ③光合成細菌を加えて、混ぜ合わせる。 ④2ℓのペットボトルの上部まで水を加える。 ⑤2週間程度、日光の当たる暖かい場所で培養する。 ※注意点/35℃程度が培養に最適な温度です。 ⑥赤色になったら、完成! ※注意点/培養管理について! 光合成細菌は、5月~10月は、太陽光を利用して屋外で培養可能です。 しかし、11月~3月は、屋内でガラス越しに日光のあたる温度の高いところへ置くか、専用のライト(プラントライト/LEDパネル)を活用していただくと冬場でも培養できます。 【保存方法】 ・直射日光を避け、5℃〜10℃の低温(冷蔵庫等)に保存してください。 【使用上の注意】 ・菌と培養液を直接混ぜないでください。 ・光合成細菌特有の臭いがしますが、商品には問題ございません。商品の開封は風通しの良いところで行ってください。 ・飲み物ではありません。 ・子どもの手の届かないところで保管してください。 事業者:株式会社Ciamo

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
2L培養キット×6セット 内容物(光合成細菌30cc/焼酎粕培地20cc)×6セット
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる