イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

Fuchita・F旅愁・F紫セット(各720ml×各4本、計12本)

・Fuchita 白麹を使用した減圧蒸留製法で、数年熟成をさせることにより甘香と旨味を引き出しました。 リンゴとバナナのような吟醸の甘い香りと軽い味わいが特徴で、米焼酎特有の苦み・えぐ味といったクセが無く、ロック、ストレート、水割り、お湯割り等、いろいろな飲み方にも対応できる商品となっております。 食前酒として飲む場合には炭酸割り、食中には水・お湯割り、食後にはロック・ストレートがお勧めです。 ・F旅愁 「懐かしい古里を想い出させる感慨深い焼酎」というコンセプトで作られた製品です。 自社で仕込んだ米焼酎に麦焼酎を少量ブレンドすることにより、米焼酎特有の吟醸香の中にキリっとした味わいと、ほのかな甘み、麦の香りが楽しさを演出します。 対岸から球磨川を挟んで見える人吉城跡をラベルデザインに用い懐かしき故郷を表現し、人吉市出身の詩人であり作曲家の犬童球渓氏が詞を訳した「旅愁」という歌から商品名を名付けました。 ・F紫 紫芋の特性を生かすため白麹を使用し、香りを高くするために常圧蒸留製法で仕上げました。 紫芋を使用したことでそのフレーバーは、芋特有の香りの中にほのかに甘いヨーグルトの香りとバラの香り、また桃のような甘い香りが調和しています。 味わいは後から来る深い甘みが特徴で、なおかつ、華やかでスッキリとした飲み口です。女性の方や、普段お酒を飲まない方でも美味しいと言って頂ける焼酎となりました。 いろいろな飲み方をお楽しみ頂けますが、香りを楽しみたい方はお湯割り、味わいと飲み終わった後の余韻を楽しみたい方にはロックまたはストレートがお勧めです。 ・渕田酒造場について 渕田酒造場は、明治11年(1878年)人吉市の中心街にて創業し、以来、町の歴史を見守り続けてきました。 国土交通省が水質調査で、「水質が最も良好な河川」と判定した球磨川の水を用い、手作りを基本とした古き良き伝統を守りながらも、新しい事にも挑戦している蔵元です。 事業者:渕田酒造場

60,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
720ml×12 3種各4本ずつ

・Fuchita 白麹を使用した減圧蒸留製法で、数年熟成をさせることにより甘香と旨味を引き出しました。 リンゴとバナナのような吟醸の甘い香りと軽い味わいが特徴で、米焼酎特有の苦み・えぐ味といったクセが無く、ロック、ストレート、水割り、お湯割り等、いろいろな飲み方にも対応できる商品となっております。 食前酒として飲む場合には炭酸割り、食中には水・お湯割り、食後にはロック・ストレートがお勧めです。 ・F旅愁 「懐かしい古里を想い出させる感慨深い焼酎」というコンセプトで作られた製品です。 自社で仕込んだ米焼酎に麦焼酎を少量ブレンドすることにより、米焼酎特有の吟醸香の中にキリっとした味わいと、ほのかな甘み、麦の香りが楽しさを演出します。 対岸から球磨川を挟んで見える人吉城跡をラベルデザインに用い懐かしき故郷を表現し、人吉市出身の詩人であり作曲家の犬童球渓氏が詞を訳した「旅愁」という歌から商品名を名付けました。 ・F紫 紫芋の特性を生かすため白麹を使用し、香りを高くするために常圧蒸留製法で仕上げました。 紫芋を使用したことでそのフレーバーは、芋特有の香りの中にほのかに甘いヨーグルトの香りとバラの香り、また桃のような甘い香りが調和しています。 味わいは後から来る深い甘みが特徴で、なおかつ、華やかでスッキリとした飲み口です。女性の方や、普段お酒を飲まない方でも美味しいと言って頂ける焼酎となりました。 いろいろな飲み方をお楽しみ頂けますが、香りを楽しみたい方はお湯割り、味わいと飲み終わった後の余韻を楽しみたい方にはロックまたはストレートがお勧めです。 ・渕田酒造場について 渕田酒造場は、明治11年(1878年)人吉市の中心街にて創業し、以来、町の歴史を見守り続けてきました。 国土交通省が水質調査で、「水質が最も良好な河川」と判定した球磨川の水を用い、手作りを基本とした古き良き伝統を守りながらも、新しい事にも挑戦している蔵元です。 事業者:渕田酒造場

60,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
720ml×12 3種各4本ずつ
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる