イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

球磨焼酎 二升五合(ますますはんじょう)

【ますますはんじょう】 家族や会社、お店などの繁栄を願う言葉「益々繁盛」。その語呂合わせで、二升五合(4.5L)の焼酎を陶器の壺に詰めた商品が「二升五合」(ますますはんじょう)です。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者のお申込みはご遠慮ください。 事業者:大和一酒造元

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
本格焼酎(常圧蒸留球磨焼酎)35度 4.5L

【ますますはんじょう】 家族や会社、お店などの繁栄を願う言葉「益々繁盛」。その語呂合わせで、二升五合(4.5L)の焼酎を陶器の壺に詰めた商品が「二升五合」(ますますはんじょう)です。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者のお申込みはご遠慮ください。 事業者:大和一酒造元

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
本格焼酎(常圧蒸留球磨焼酎)35度 4.5L
このエントリーをはてなブックマークに追加

球磨焼酎のふるさと人吉球磨地方

写真

九州山地のけわしい山々に囲まれた盆地にひろがる人吉球磨地方は、県下でも有数の米どころ。山裾から湧き出る水が、やがて清流球磨川の流れとなり、豊かな土壌を育んでいます。

写真

人吉球磨地方は盆地という地形もあり、鎌倉時代から外の影響を受けることなく独自の文化が生まれてきた背景があります。このため、土地と結びつきが強いお酒が生まれ、大事に飲みつがれ、いまもなお愛され続けているのです。

球磨焼酎とは

写真

「球磨」の地名を冠にできる焼酎には2つの約束事があります。1つ目が使われる原料がお米だけということ。そして、人吉球磨地方の地下水を使って仕込んだもろみを、人吉球磨地方で蒸留してビン詰までする。ここまでやって初めて、球磨焼酎と名乗ることができます。人吉球磨の自然の恵みで、人吉球磨の人の手によって作られた、地域の文化そのものです。

【人吉こだわりの球磨焼酎をご紹介】

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる