イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

QA73 【波佐見焼】natural69 焦がし呉須5寸皿 4枚セット(丸紋/格子/十草/木の葉)

・取皿として使いやすい! ・深さがあり汁気の多いものもOK ・シンプルで飽きのこないデザイン ・料理がきれいに映える4柄セット 「焦がし呉須シリーズ」 濃厚な絵具を使い、濃い部分はあえて焦がし、茶色の絵具で縁取りしています。 アイボリーの釉薬を使用していて、温かみと重厚感のある食器に仕上がりました。 焦げた部分はざらざらとした質感で、それがまた、重厚さを感じさせます。 絵柄も大柄で、筆の勢いを感じられる手書きならではの絵柄を付けました。 丸紋、十草は絵具部分が多く、重厚な雰囲気。 格子は、地のアイボリー部分と、絵具部分が程よい絵柄。 木の葉は、絵柄の特性上、最も絵具の濃さが薄い、さっぱりとした仕上がりです。 <5寸皿 4柄セット> 取皿として、とても使いやすい形、サイズです。 のせる料理によって、可愛い雰囲気にも、華やかな雰囲気にもなります。 ふちが立ち上がっていて、テーブルに置いたお皿を持ち上げる時も全くストレスがなく、 手に取りやすい形をしています。 汁気の多いおかずに取皿として使う時も深さがあるので、とても使いやすいですよ。 ※食品は付きません。食器のみの商品になります。 【対応機器】 食器洗浄機 ○ / 電子レンジ ○ / オーブン × ※急冷等は破損の可能性がありますのでご注意ください。

18,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・焦がし呉須5寸皿×4 「サイズ」15.0cm×高さ3.0cm 「重さ」約195g ※個体差がございます。特に重さは目安としてお考えください。 ※商品一個あたりのサイズになります。

・取皿として使いやすい! ・深さがあり汁気の多いものもOK ・シンプルで飽きのこないデザイン ・料理がきれいに映える4柄セット 「焦がし呉須シリーズ」 濃厚な絵具を使い、濃い部分はあえて焦がし、茶色の絵具で縁取りしています。 アイボリーの釉薬を使用していて、温かみと重厚感のある食器に仕上がりました。 焦げた部分はざらざらとした質感で、それがまた、重厚さを感じさせます。 絵柄も大柄で、筆の勢いを感じられる手書きならではの絵柄を付けました。 丸紋、十草は絵具部分が多く、重厚な雰囲気。 格子は、地のアイボリー部分と、絵具部分が程よい絵柄。 木の葉は、絵柄の特性上、最も絵具の濃さが薄い、さっぱりとした仕上がりです。 <5寸皿 4柄セット> 取皿として、とても使いやすい形、サイズです。 のせる料理によって、可愛い雰囲気にも、華やかな雰囲気にもなります。 ふちが立ち上がっていて、テーブルに置いたお皿を持ち上げる時も全くストレスがなく、 手に取りやすい形をしています。 汁気の多いおかずに取皿として使う時も深さがあるので、とても使いやすいですよ。 ※食品は付きません。食器のみの商品になります。 【対応機器】 食器洗浄機 ○ / 電子レンジ ○ / オーブン × ※急冷等は破損の可能性がありますのでご注意ください。

18,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・焦がし呉須5寸皿×4 「サイズ」15.0cm×高さ3.0cm 「重さ」約195g ※個体差がございます。特に重さは目安としてお考えください。 ※商品一個あたりのサイズになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

焦がし呉須シリーズ返礼品一覧

写真

natural69(ナチュラルロック)とは?

写真

写真
natural69は、自社デザイナーによるオリジナル商品の開発を波佐見焼・有田焼のいくつかの窯元と行っています。
窯元にもそれぞれに特徴があり、窯元を熟知しているnatural69だからこそ高い品質、適切な価格の商品を作ることが出来ると考えています。
コストパフォーマンスが高くてシンプルで扱いやすく永く愛用できる器。
使い手に愛され続ける器づくりを目指しています。

写真

シリーズ別返礼品一覧

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

波佐見焼とは?

写真
江戸時代の磁器はとても高級品で、限られた人達の為の品物でした。
その高級品を大衆向けに大量生産した「波佐見焼」。大量に生産することでコストを抑え、良質でリーズナブルな日用食器を作る事が得意な産地です。
日用食器で重視されるポイントは価格・使い易さ・丈夫さだと思いますが、その全てを兼ね備えた産地と言えます。
波佐見焼の特徴は?と聞かれると、私たちはいつも、時代に合った食器を作る産地と答えています。
なので、これぞ波佐見焼という特徴はありませんが、時代に合わせて変えていける作り手の柔軟な考え方こそが波佐見焼の最大の特徴だと思っています。
日々新しいデザインの器が開発され、商品セレクトも非常に楽しい産地です。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる