イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

X502 義窯「赤絵桜づめ豆皿」5枚組

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

27,500 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
赤絵桜づめ豆皿5枚(各直径105㎜、高さ15㎜)

19世紀半ば、ヨーロッパの人々の心を揺さぶるデザインが、長崎県佐世保市でつくられていました。現在の「三川内焼」、当時は「平戸焼」と呼ばれて輸出されたやきものです。平戸藩の手厚い庇護を受けることで、江戸時代のさまざまな経済の荒波に巻き込まれることなく発展。技術の粋を極めた「細工もの」や茶道具など、今も脈々と受け継がれています。

27,500 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
赤絵桜づめ豆皿5枚(各直径105㎜、高さ15㎜)
このエントリーをはてなブックマークに追加

薬味入れ、醤油皿など使い勝手のよい豆皿です

写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる