イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

長崎ちゃんぽん6食セット(リンガーハット)

長崎県 長崎市はポイント制を採用しています。長崎県 長崎市のポイント制について

事業者名:リンガーフーズ株式会社(03-5488-7441) 全国に600店舗以上展開する長崎ちゃんぽん専門店!リンガーハットの味がご自宅で味わえる。お鍋1つで約2分の簡単調理! ※伊豆諸島(大島・八丈島を除く)および小笠原諸島には冷蔵・冷凍商品の発送ができませんので、あらかじめご了承くださいませ。

30ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
長崎ちゃんぽん(305g)×6食

事業者名:リンガーフーズ株式会社(03-5488-7441) 全国に600店舗以上展開する長崎ちゃんぽん専門店!リンガーハットの味がご自宅で味わえる。お鍋1つで約2分の簡単調理! ※伊豆諸島(大島・八丈島を除く)および小笠原諸島には冷蔵・冷凍商品の発送ができませんので、あらかじめご了承くださいませ。

30ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
長崎ちゃんぽん(305g)×6食
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

リンガーハットが贈る「長崎ちゃんぽん」

写真

長崎で創業し60年近くの歴史を持つリンガーハットは、長崎を代表するご当地フード「長崎ちゃんぽん」を中心に、長崎の食文化を全国に広めてきたブランド。時代のニーズに合わせて味やサービスの改良を重ね、日本生産性本部 サービス産業生産性協議会が実施している顧客満足度調査の飲食チェーン部門では、2017年から3年連続1位を獲得しています。

今回は、長崎ちゃんぽんやリンガーハットの歴史、商品づくりのこだわりについて、リンガーハットの武田麻莉子さんと樋口大吾さんにお話を伺いました。

異国情緒ただよう街で生まれた、長崎ちゃんぽん

写真

古くから海外との交流拠点として栄えてきた長崎県は、異国情緒あふれる地として知られています。飛鳥時代から平安時代にかけては遣唐使の出発地として、戦国時代はポルトガル、江戸時代はオランダや中国との貿易地として、数々の歴史と文化を残してきました。他の地域には見られない特徴的な伝統行事が多く、秋には華麗な舞や豪快な船回しなどを行う「長崎くんち」、冬の旧正月の時期にはきらびやかな「長崎ランタンフェスティバル」などが開催されています。

さらに長崎は、食文化も豊かです。たとえば普茶料理(精進料理の一種)の配膳形式に、鯨などの珍味や天ぷらなど、和・唐・蘭の味をミックスした卓袱(しっぽく)料理は、郷土料理として有名。そして数あるご当地料理の中でも、長崎のソウルフードとして特に愛されている料理がちゃんぽんです。武田さんと樋口さんいわく、「ちゃんぽんの起源は諸説ありますが、開国後の明治中期、長崎市にあった中華料理店『四海樓(しかいろう)』の店主・陳平順氏が、日本に訪れていた中国人留学生たちに安くて栄養価の高い食事を食べさせるために考案されたという説が一般的です」とのこと。

野菜たっぷりでヘルシー! リンガーハットが全国で愛される理由

写真

100年以上の歴史を持つ長崎のちゃんぽん。豚肉、魚介類、野菜がたっぷり乗ったご当地麺は、今や全国の人々に知られています。その立役者こそ、リンガーハット。創業は1962年、長崎市でとんかつ専門店の「浜勝」からスタートしました。その後1974年には、長崎市宿町に「リンガーハット」の前身である「長崎ちゃんめん」をオープン。外食産業が急成長していた当時、時代の波に乗るため、手軽に食べられる長崎の郷土料理・ちゃんぽんに特化したリンガーハットを九州に広め、破竹の勢いで全国にチェーン展開していきました。

写真

現在、リンガーハットは全国に約700店舗。フードコートにも店を構え、子どもから大人まで幅広い世代に愛されています。

「特に女性や子ども連れのお客様が多いのですが、その理由はヘルシーさに特化しているからだと言えます。一般的なちゃんぽんは肉や魚介がメインで、スープにラードを使い、こってりとした味のものが多い。一方でリンガーハットのちゃんぽんは野菜がメインです。スープには植物性の油を使いさっぱりと仕上げつつ、とんこつと鶏からだしを取ることで、うまみもしっかりと引き出しています」

写真

たっぷりの野菜や麺に使われている小麦は全て国産。安心・安全でおいしい、質の高い食材を使用することで、忙しくても健康的な食事を取りたい人々の支持を得ています。

「私たちはお客様のニーズに合わせて、お店の内装やサービス面はもちろん、野菜の炒め方やスープ、油の量などを調整し、味の改善をしつづけています」

全国の生産者と力をあわせて

全国の生産者と力をあわせて

100%国産野菜にこだわるリンガーハットでは、全国の契約農家から農薬や化学肥料を減らして栽培された野菜を仕入れ、もやしやキクラゲにいたっては自社工場で生産しています。

「国産野菜の方が鮮度もいいし、野菜そのものの味が感じられるんです。国産野菜に切り替えて10年以上経ちますが、大切なのは契約農家さんたちとの信頼関係。3ヶ月に1度は契約農家さんの元を訪れてコミュニケーションを取っていますし、天災が起きた時の支援も行っています」。リンガーハットのおいしさは、このような生産者との持続的な取り組みによって生まれているのです。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる