イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

料亭仕込みの長崎角煮琥珀まんとハトシの詰め合わせ

長崎県 長崎市はポイント制を採用しています。長崎県 長崎市のポイント制について

事業者名:割烹としポン酢株式会社(095-825-4452) 欧州最高峰の審査機関 iTQi(国際味覚審査機構)にて3年連続最高三ツ星に輝き、永久称号である『クリスタル賞』を受賞した、「料亭仕込みの長崎角煮 琥珀」の製法と味わいをそのままに、長崎名物「角煮まん」として仕立てた「料亭仕込みの長崎角煮 琥珀まん」と長崎の料亭でしか味わう事の出来ない、長崎伝統の料亭仕込みの「ハトシ(蝦多士)」をご家庭でお手軽に楽しめる詰め合わせです。 ハトシとは・・・ ハトシ(広東語 蝦多士、英語 shrimp toast)は、主に東南アジアや日本の長崎で食べられている、食パンの間に海老などのすり身を挟み、油で揚げた料理で本来、広東語で「ハートーシー」のように長音で発音される。「蝦(ハー)」はエビを意味する言葉で、「多士(トーシー)」は英語のトーストの音訳である。油で揚げたことをはっきり示すために「炸蝦多士」(ジャーハートーシー)と言うこともある。パンを用いるので、最近の料理のように思えるが、100年余り前には広州でも作られていた古い料理の一つと云われ、今ではアメリカなどのチャイナタウンで出す店もある。長崎では、江戸時代から貿易を通じて、明国、清国などとの交流があった関係もあり、今の中国や東南アジアの他の料理なども伝えられ明治時代に清国から伝えられたのが「蝦多士」で、長崎では広東語をまねたハトシという呼び方で広まった。一時期は家庭でも作るほど普及したが、すり身を用意するのが手間などの理由で、家庭で作ることは減り、中華料理店や長崎の料亭などで出される『長崎卓袱料理』のメニューの一部として提供されている。また、他の店などでは本来のエビを使ったものの他、魚のつみれ、豚肉や豚角煮など、別の材料を使い挟み揚げも作られているが、当店では本来の意味における『海老』のみを使った料亭で提供されている製法をそのままに提供させて頂いております。 ※沖縄県、伊豆諸島(大島・八丈島を除く)および小笠原諸島には冷蔵・冷凍商品の発送ができませんので、あらかじめご了承くださいませ。 ※発送日につきましては、クレジットカード以外でのご寄附の場合、入金確認・発注に時間がかかりますので、配送希望日をご入力いただきましても、お届けできない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

51ポイント
(17,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
琥珀まん5個、ハトシ5個入

事業者名:割烹としポン酢株式会社(095-825-4452) 欧州最高峰の審査機関 iTQi(国際味覚審査機構)にて3年連続最高三ツ星に輝き、永久称号である『クリスタル賞』を受賞した、「料亭仕込みの長崎角煮 琥珀」の製法と味わいをそのままに、長崎名物「角煮まん」として仕立てた「料亭仕込みの長崎角煮 琥珀まん」と長崎の料亭でしか味わう事の出来ない、長崎伝統の料亭仕込みの「ハトシ(蝦多士)」をご家庭でお手軽に楽しめる詰め合わせです。 ハトシとは・・・ ハトシ(広東語 蝦多士、英語 shrimp toast)は、主に東南アジアや日本の長崎で食べられている、食パンの間に海老などのすり身を挟み、油で揚げた料理で本来、広東語で「ハートーシー」のように長音で発音される。「蝦(ハー)」はエビを意味する言葉で、「多士(トーシー)」は英語のトーストの音訳である。油で揚げたことをはっきり示すために「炸蝦多士」(ジャーハートーシー)と言うこともある。パンを用いるので、最近の料理のように思えるが、100年余り前には広州でも作られていた古い料理の一つと云われ、今ではアメリカなどのチャイナタウンで出す店もある。長崎では、江戸時代から貿易を通じて、明国、清国などとの交流があった関係もあり、今の中国や東南アジアの他の料理なども伝えられ明治時代に清国から伝えられたのが「蝦多士」で、長崎では広東語をまねたハトシという呼び方で広まった。一時期は家庭でも作るほど普及したが、すり身を用意するのが手間などの理由で、家庭で作ることは減り、中華料理店や長崎の料亭などで出される『長崎卓袱料理』のメニューの一部として提供されている。また、他の店などでは本来のエビを使ったものの他、魚のつみれ、豚肉や豚角煮など、別の材料を使い挟み揚げも作られているが、当店では本来の意味における『海老』のみを使った料亭で提供されている製法をそのままに提供させて頂いております。 ※沖縄県、伊豆諸島(大島・八丈島を除く)および小笠原諸島には冷蔵・冷凍商品の発送ができませんので、あらかじめご了承くださいませ。 ※発送日につきましては、クレジットカード以外でのご寄附の場合、入金確認・発注に時間がかかりますので、配送希望日をご入力いただきましても、お届けできない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

51ポイント
(17,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
琥珀まん5個、ハトシ5個入
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真

欧州最高峰の審査機関 iTQi(国際味覚審査機構)にて3年連続最高三ツ星に輝き、永久称号である『クリスタル賞』を受賞した、「料亭仕込みの長崎角煮 琥珀」の製法と味わいをそのままに、長崎名物「角煮まん」として仕立てた「料亭仕込みの長崎角煮 琥珀まん」と長崎の料亭でしか味わう事の出来ない、長崎伝統の料亭仕込みの「ハトシ(蝦多士)」をご家庭でお手軽に楽しめる詰め合わせです。

沖縄県には発送ができかねますので予めご了承くださいませ。

ハトシとは・・・
ハトシ(広東語 蝦多士、英語 shrimp toast)は、主に東南アジアや日本の長崎で食べられている、食パンの間に海老などのすり身を挟み、油で揚げた料理で本来、広東語で「ハートーシー」のように長音で発音される。「蝦(ハー)」はエビを意味する言葉で、「多士(トーシー)」は英語のトーストの音訳である。油で揚げたことをはっきり示すために「炸蝦多士」(ジャーハートーシー)と言うこともある。パンを用いるので、最近の料理のように思えるが、100年余り前には広州でも作られていた古い料理の一つと云われ、今ではアメリカなどのチャイナタウンで出す店もある。長崎では、江戸時代から貿易を通じて、明国、清国などとの交流があった関係もあり、今の中国や東南アジアの他の料理なども伝えられ明治時代に清国から伝えられたのが「蝦多士」で、長崎では広東語をまねたハトシという呼び方で広まった。一時期は家庭でも作るほど普及したが、すり身を用意するのが手間などの理由で、家庭で作ることは減り、中華料理店や長崎の料亭などで出される『長崎卓袱料理』のメニューの一部として提供されている。また、他の店などでは本来のエビを使ったものの他、魚のつみれ、豚肉や豚角煮など、別の材料を使い挟み揚げも作られているが、当店では本来の意味における『海老』のみを使った料亭で提供されている製法をそのままに提供させて頂いております。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる