イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

五三焼カステラ1本(化粧箱入り)

長崎県 長崎市はポイント制を採用しています。長崎県 長崎市のポイント制について

五三焼カステラは、好評の松翁軒カステラよりも卵黄・砂糖を増量し、卵白を減らした「贅と匠」を極めた松翁軒で最も人気の高い商品です。熟練の職人により、松翁軒でしか実現できないしっとり感や舌さわり、上品な口どけを生み出しています。コーヒーや紅茶、日本茶など、どんな飲み物とも相性の良いカステラです。 ※本商品は生菓子になる為、発送後のキャンセル等は出来かねますのでご了承下さい。 ※開封後、再度保存する場合は箱に戻して封をし、乾燥を避けるために冷蔵庫で保管してください。 事業者名:株式会社 松翁軒(0120-150-750)

30ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
380g

五三焼カステラは、好評の松翁軒カステラよりも卵黄・砂糖を増量し、卵白を減らした「贅と匠」を極めた松翁軒で最も人気の高い商品です。熟練の職人により、松翁軒でしか実現できないしっとり感や舌さわり、上品な口どけを生み出しています。コーヒーや紅茶、日本茶など、どんな飲み物とも相性の良いカステラです。 ※本商品は生菓子になる為、発送後のキャンセル等は出来かねますのでご了承下さい。 ※開封後、再度保存する場合は箱に戻して封をし、乾燥を避けるために冷蔵庫で保管してください。 事業者名:株式会社 松翁軒(0120-150-750)

30ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
380g
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

よりおいしいカステラを求めて 300年以上続く老舗の努力

写真

長崎の観光名所「眼鏡橋」にほど近い場所にある松翁軒本店。1681年の創業以降、菓子、特にカステラ作りに力を入れています。

「日本のカステラは、先人の技術と品質に対するこだわりの結晶」だと語るのは、社長の山口喜三(やまぐちきぞう)氏。南蛮貿易時代に海外から入ってきたカステラは、今よりももっと素朴なものだったそうです。それを日本人好みの、繊細かつしっとりとした菓子に進化させていったのは、同じく南蛮貿易によって砂糖を手にした、熱意ある菓子職人でした。カステラの配合について書かれた古文書を開くと、近代に近づくにつれて砂糖の割合を増やし、おいしさを追求する先人たちの軌跡をたどることができるといいます。

写真

松翁軒のカステラは、こうした歴史を受け継ぎながら、現在もお客様に喜んでいただけるカステラづくりに力を入れています。卵と砂糖と小麦粉の割合を考えることはもちろん、日々変化する天候や温度、湿度を考慮した上で、職人たちが一枚一枚オーブンで焼き上げています。

お客様の声に応えて。松翁軒ならではの五三焼きカステラを

写真

そんな松翁軒の数あるお菓子の中でも、人気商品として長年多くの方に愛されているのが五三焼きカステラです。松翁軒カステラに比べて卵黄を多めに、卵白を少なめに配合することで、よりしっとり、かつしっかりとしながらも、品のある味わいが楽しめるもので、江戸時代からワンランク上の商品として愛されてきました。松翁軒でもかつては取り扱っていたものの、日々カステラの製法が進化する中で、当時の五三焼きカステラは一時、店頭から消えていたといいます。

しかし時代の変化とともに、お客様から「松翁軒がつくる『進化した五三焼きカステラ』が食べてみたい」という声をいただくようになったそうです。そうして2007年に再発売されたのが、現在の五三焼きカステラです。ただ昔の味を再現するのではなく、カステラの主材料である卵、砂糖、小麦粉、水飴の配分や焼き加減を徹底的に再検討。口の中でふわっと消える、コクのある「進化した五三焼きカステラ」を実現しました。。

写真

カステラを通して伝えたい 地元長崎への思い

松翁軒が大切にしているのは品質や味だけではありません。社長の山口氏は、長崎に行ったことがない方はもちろん、進学や就職で現在は遠方に住む方々にも、カステラを通して長崎を伝えたいといいます。来店してくれたお客様に「もう一度来たいな」と思っていただくだけでなく、ふるさと納税などを通して商品を手にしたお客様も「この味を他の人にも伝えたい」と思えるような商品づくりを目指したいと語ってくれました。

ご進物としてはもちろん、頑張る自分のご褒美にもうれしい松翁軒の五三焼きカステラ。松翁軒が伝える、お客様を、そして地元・長崎に対する思いを、ぜひ五三焼きカステラを通して感じてみてください。

写真

九州支部(長崎県長崎市担当) / 古地 優菜(こち ゆうな)

奈良県出身。長崎県諫早市在住のクラウドフリーライター。WEB・紙を問わず、さまざまな媒体のライティング・企画・ディレクション・校正を担当。近年は地方創生事業にも取り組んでいる他、地方で食べていける「地域ライター」の育成事業などにも寄与。2018年 国家資格キャリアコンサルタント取得。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる