イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

ヘルシーで上品な味わい【赤身希少部位】A4 A5 佐賀牛 ランプステーキ (150g×2枚) 合計300g 2人前 吉野ヶ里町/ミートフーズ華松 [FAY013]

佐賀県 吉野ヶ里町はポイント制を採用しています。佐賀県 吉野ヶ里町のポイント制について

ランプとは、牛肉の王様サーロインに繋がり、腰からお尻にかけての部位です。 牛のモモのなかで、特にやわらかい部分からとれる赤身肉です。 きめ細かい肉質や、クセのない上品な旨みが存分に楽しめます。 2人前 赤身 希少 部位 牛肉 もも モモ 熟成 真空冷凍

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
佐賀牛 ランプステーキ 150g 2枚

ランプとは、牛肉の王様サーロインに繋がり、腰からお尻にかけての部位です。 牛のモモのなかで、特にやわらかい部分からとれる赤身肉です。 きめ細かい肉質や、クセのない上品な旨みが存分に楽しめます。 2人前 赤身 希少 部位 牛肉 もも モモ 熟成 真空冷凍

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
佐賀牛 ランプステーキ 150g 2枚
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤身希少部位「ランプ」をステーキで楽しむ♪

写真

ランプとは、牛肉の王様サーロインに繋がり、腰からお尻にかけての部位です。
牛のモモのなかで、特にやわらかい部分からとれる赤身肉です。
きめ細かい肉質や、クセのない上品な旨みが存分に楽しめます。

華松オリジナル「熟成佐賀牛」

写真

華松オリジナルの「熟成佐賀牛」は、
「最高等級佐賀牛 × 熟成技法 × 特殊カット」
一切の妥協を許さないことで完成します。

下記、それぞれのこだわりを詳細にご紹介します。

全国トップクラスの基準をクリアした銘柄「佐賀牛」

写真

佐賀牛は、全国トップクラスの基準をクリアしたものだけが許される銘柄牛です。

JAグループ佐賀関内肥育農家で飼育された黒毛和種であり、(社)日本食肉格付協会の定める牛取引規格の最高の肉質「5」等級および「4」等級であり、BMS(霜降り具合)「No.7」(最大12)以上を「佐賀牛」と呼びます。

写真

全国で150程あるブランド牛の中でも、基準の高さはトップクラスであり、佐賀牛の肉質は「艶さし」と呼ばれる赤身の中に細やかな脂肪が入った美しい霜降りが特徴です。

その脂の甘さとコクの深さは、肉グルメ通の中でも絶品との格付けを得ており、かのトランプ大統領が来日した際の晩餐会に出された、まさに日本を代表する和牛です。

佐賀牛の中からさらに厳選「熟成に適した肉質の雌を一頭買い」

写真

「肉質等級」は脂(サシ)の入り方も基準として入っています。
そのため、そもそも脂が入りにくい部位や脂が少ないほうが美味しい部位の場合はA4のほうが美味しいということはよくあります。
決してA5の肉質が美味しいお肉の全てではないのです。

写真

華松では大自然でのびのびと育った、個体識別番号のしっかりとした佐賀牛の雌牛を厳選。雄に比べ身体の小さい雌牛は脂の粒子が細かく赤身とのバランスも適度であり、肉質もやわらかいため、熟成法に適しています。

また一頭買いをすることで、一般の販売されていない希少部位のご提供も可能となるだけでなく、知識を高め、より美味しいお肉を提供し続けるための技術向上にもつながっています。

霜降り肉に適したオリジナル熟成法「0度20日間熟成」

写真

佐賀牛の肉質研究の末に編み出した霜降り肉に適したオリジナル熟成法「0度20日間熟成」。この方法で熟成したお肉は、とろあま食感で、脂はまろやかに・赤身は濃厚になります。

赤身肉には、ドライエイジングと呼ばれる"枯らす”方法が主流ですが、華松が取り扱う最高級霜降り佐賀牛において、ドライエイジングは相応しくありません。

華松の熟成佐賀牛は、チルド状態にした冷蔵庫内で、ウェットエイジングと呼ばれる技法で、最低20日間熟成をさせます。ウェットエイジングは、真空パックにした状態の肉を数日だけ寝かせる手法ですが、「最低20日間」というのが華松のこだわりです。

もっとも佐賀牛を柔らかく、それでいて佐賀牛本来の今見を増幅させることができるのです。また、他のエイジング方法のように、熟成香がつかない技法なので、熟成香が苦手なお子様やご年配の方にもご好評です。

霜降りカットの極地「達人の一刀」

写真

華松の熟成佐賀牛の脂はほんの一瞬の手の温度でも溶け出してしまうほどサシの融点が低く繊細な肉質です。
僅かな油断と隙を与えるだけで、肉質の低下を招いてしまうため、カットをする際は室内を適した一定温度に保ち、可能な限り触れる時間を少なくし一瞬で包丁を切り抜けます。
これは熟練の職人でないと決してできない技術であり、この技術が合わさることで、本当に美味しい霜降り肉をお届けできると自負しております。

写真

ぜひ一度、華松の「熟成佐賀牛」を味わってみてください。

豪華な佐賀牛ステーキはこちら

佐賀牛の赤身を楽しみたい方はこちら!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる