イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【12品 / 48回定期便】農薬に頼らない!カラダにやさしい「よしのがり野菜」セット(レギュラー)【吉野ヶ里あいちゃん農園】 [FAA008]

佐賀県 吉野ヶ里町はポイント制を採用しています。佐賀県 吉野ヶ里町のポイント制について

600,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
季節のお野菜を【毎週1回・計48回】お届けいたします。 ※12品のうち野菜の生育状況等により同種の野菜が重複して入る場合がございます。予めご了承ください。 <お届けするお野菜の例> 1月:カブ、キャベツ、カリフラワーなど、合計12品 2月:大根、菜花、ブロッコリーなど、合計12品 3月:菜の花、レタス、大根など、合計12品 4月:レタス、カブ、エンドウ豆など、合計12品 5月:タケノコ、キャベツ、ニンジンなど、合計12品 6月:ズッキーニ、カブ、ニンジンなど、合計12品 7月:キュウリ、カボチャ、オクラなど、合計12品 8月:ナス、オクラ、ピーマンなど、合計12品 9月:ナス、ズッキーニ、空芯菜など、合計12品 10月:キャベツ、カブ、ナスなど、合計12品 11月:ブロッコリー、白菜、大根など、合計12品 12月:原木椎茸、ニンジン、白菜など、合計12品

600,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
季節のお野菜を【毎週1回・計48回】お届けいたします。 ※12品のうち野菜の生育状況等により同種の野菜が重複して入る場合がございます。予めご了承ください。 <お届けするお野菜の例> 1月:カブ、キャベツ、カリフラワーなど、合計12品 2月:大根、菜花、ブロッコリーなど、合計12品 3月:菜の花、レタス、大根など、合計12品 4月:レタス、カブ、エンドウ豆など、合計12品 5月:タケノコ、キャベツ、ニンジンなど、合計12品 6月:ズッキーニ、カブ、ニンジンなど、合計12品 7月:キュウリ、カボチャ、オクラなど、合計12品 8月:ナス、オクラ、ピーマンなど、合計12品 9月:ナス、ズッキーニ、空芯菜など、合計12品 10月:キャベツ、カブ、ナスなど、合計12品 11月:ブロッコリー、白菜、大根など、合計12品 12月:原木椎茸、ニンジン、白菜など、合計12品
このエントリーをはてなブックマークに追加

あいちゃん農園の「彩りのよしのがり野菜」とは

写真

あいちゃん農園では、標高200メートルと言う程良い標高で、一年を通して旬のお野菜をお届けできるという環境を活かした栽培メリットがあります。

昼夜の寒暖差がある吉野ヶ里町の里山の環境は、鮮やかな色彩を醸し出すイタリア野菜を色付け、全ての野菜にパワー溢れる強い緑をもたらしてくれます。またこの寒暖差は、米やナスなどの実野菜を甘く育ててくれます。

あいちゃん農園のお野菜は私が育てています!

写真

農園主の「森田浩文」です。

波乱万丈の半生を歩いてきました。
かつては、企業再生というとても過酷な仕事をこなしていました。
投資業を通じて様々な業種に関わる中で、人生で起こり得る大半の経験をさせて頂きました。
リーマンショック、金融システムの崩壊、まるでドラマのような出来事が繰り返される中、心も体もズタズタになった時期もありましたし、重い病で「命の期限」を告げられたこともあります。

経営した会社も破たんし、病にも侵され、全てを失い絶望の淵にいるとき、母(あいちゃん)から贈られた野菜と米を愛娘と一緒に食べて、もう一度立ち上がることが出来ました。
命を与える農業の偉大さを痛感し、農家としての再チャレンジ。
故郷から授かった自然のパワーに助けられ今を生きています。

「朝日は昇り、花を咲かせる。」

私が生き抜く事が出来た心の支えです。

この言葉を胸に刻み、背振山の麓の棚田、昔ながらの農法で、野菜達を育てています。

微生物を活かした有機肥料を使っています。

写真

乳酸菌、納豆菌、EM菌、アーゼロン菌など季節や気温、用途に応じて使用する微生物を変え、米糠・油粕等の有機物を母体に発酵させた有機肥料を畑に散布して土を肥やしています。

人間の体に発酵食品が良いように、土も発酵させてあげる事で元気になり、おいしい野菜が出来上がります。

酵素を活用することで、元気な野菜を作っています。

約30品目に及ぶ野菜・草花・果物・海藻を細かく裁断し砂糖の浸透圧を使って抽出した植物酵素を触媒とし、野菜がより強く成長できるように手助けをしています。

また、納品先の飲食店から毎日出る「魚のアラ」を同じように酵素発酵させ、アミノ酸を抽出することで非常に甘い茄子やピーマンなどの果菜類の栽培にも成功しました。

スギナ、ヨモギ、ヒノキ、スギ、マツ、竹、笹は生命力が強く、その酵素を引き出し野菜へ散布することで、病気・害虫に侵されない元気な野菜作りも実現しています。

農薬に頼らない野菜の3つの秘密

生育を良くする化学肥料は使用しておりません。
化学肥料を使わず、野菜作りをする3つの秘密をご紹介します。
※農薬に関しては作物の品種、状況、時期によって微量に使用するケースが稀にございます。
(減農薬)年間通しても2、3回程度の使用割合です。

①点在する休耕田を活用し分散して栽培しています。

写真

昨今の異常気象による農作物の被害は甚大です。
当園ではそのリスクヘッジとして、一つ一つの作物の性質を鑑みて、気温差がある各地の畑で分散して栽培しています。

また、農業後継者が少ない過疎地域の棚田は面積も小さく、何箇所にも点在しています。
この点在した畑を利用することで、台風・大雨などの天災、病害虫による食害から生じるリスクを軽減する事が出来ています。

「あの畑は害虫で全滅したけど、この畑では成功した!」
複数の畑に栽培を分散させることで失敗リスクも分散できています。

②土壌バランスの良い耕作放棄地を活用しています。

写真

実は、長年耕作されずに余分な栄養素が無くなっている耕作放棄地は、落ち葉や畜糞が長年集積し、野菜達にとって非常に土壌バランスの良い研ぎ澄まされた土地になっています。

人間は偏った食生活で、体調を崩したり、場合によっては病気を患ってしまうこともありますよね。
野菜も同じで、偏った栄養素の畑の影響で病気・害虫が生じると私は考えております。

「あいちゃん農園」は、耕作放棄地から畑を開墾しているため、
病虫害に侵されにくい野菜作りにつながっているのではと考えています。

③混作農法と自然農薬で害虫から野菜を守っています。

混作農法(コンパニオンプランツ)により、相性の良い野菜同士を同時に栽培する事で、農薬に頼らない野菜作りが可能になります。

また、虫害発生前に、害虫が苦手とするヒノキやマツといった針葉樹のエキスや、ニンニク、ショウガ、唐辛子といった自家栽培の有機物から収集したエキスで対処して、害虫から野菜を守っています。

使いやすい旬のお野菜をお届けします!「よしのがり野菜セット」

旬のお野菜を1回お届け!

月に1回お届け!12回定期便

月に2回お届け!全24回定期便

月に4回お届け!全48回定期便

入手困難のイタリア野菜を農園から直送でお送りします♪

旬のお野菜を1回お届け!

月に1回お届け!12回定期便

月に2回お届け!全24回定期便

月に4回お届け!全48回定期便

バーニャカウダに!新鮮でおいしいお野菜セット

旬のお野菜を1回お届け!

月に1回お届け!12回定期便

月に2回お届け!全24回定期便

月に4回お届け!全48回定期便

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる