イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

A-12 鹿島の酒『能古見(のごみ)』本醸造720ml

とても柔らかくスッキリしており、飲み飽きないお酒です。 〈馬場酒造場〉 原料米は、蔵元、生産者との交流をはかり品質はもちろんのことお客様の安全、安心のため、できるだけ農薬の使用量を抑えたものを使用。 また、仕込み水は多良岳山系の伏流水を使用し、『お客様より、信頼される蔵元でありたい』を目指し、大量生産を一切行わない方針で、佐賀県を代表する地酒として「こだわりの酒」を造り続けている。

7,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
720ml

とても柔らかくスッキリしており、飲み飽きないお酒です。 〈馬場酒造場〉 原料米は、蔵元、生産者との交流をはかり品質はもちろんのことお客様の安全、安心のため、できるだけ農薬の使用量を抑えたものを使用。 また、仕込み水は多良岳山系の伏流水を使用し、『お客様より、信頼される蔵元でありたい』を目指し、大量生産を一切行わない方針で、佐賀県を代表する地酒として「こだわりの酒」を造り続けている。

7,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
720ml
このエントリーをはてなブックマークに追加

創業寛政7年 馬場酒造場

写真

370石の小さな蔵元

豊饒の海・有明海に面した鹿島市。海沿いの国道207号を背に444号を山手に入ると、支流の中川が道案内するようにゆったりと流れています。緑の山々に囲まれ、日本の原風景的な眺めの一角をなす馬場酒造場は、この中川のほとりで200年以上の時を刻んできました。
創業寛政7年(1795)。初代馬場夘左衛門に始まり、現在は8代目馬場第一郎が代表として、また杜氏として日本酒の伝統と文化を受け継いでいます。

清酒県佐賀の中にあっても、私たちは370石の小さな蔵元です。
当主他4名の少数精鋭で妥協なき日本酒造りに精魂をそそいでいます。小さな蔵だからこそできること、それは“完璧”な酒造りです。

満を持して誕生した「能古見」

かつての地名“能古見村”に由来し、地元色を色濃く打ち出した清酒「能古見」は、私たちの想い入れもひとしおの代表ブランドです。誕生のルーツを紐解けば、そこには日本酒消費の低迷に加え、酒屋の後継ぎ不足という哀しい現実がありました。
このままでは日本酒が廃れていく。いずれ蔵をたたまざるをえなくなる。

そんな危機感を抱いた若き当主は原点に立ち返り、自分たちらしい酒造りに邁進します。他に迎合しない、佐賀らしい甘口の酒。鹿島産の山田錦と多良岳山系の伏流水、そしてかつての杜氏と当主の熱意で醸した日本酒は、レベルの高い逸品となりました。

今や「能古見」の純米酒は生産の7割を占めています。しかし、私たちは大量生産に重きを置いていません。

ポリシーである“信頼される蔵元であること”を貫くことが蔵の使命。「この味に惚れた」。そんな声が、私たちをますます日本酒造りにのめりこませるのです。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる