イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

H422金彩松竹梅狗筥セット

伊万里鍋島焼の伝統技法の手仕事として製作。 狗箱は犬張子、お伽犬とも呼ばれ、子宝に恵まれると安産のお守りに飾り。 又桃の節句には子供の成長を願い家宝として愛されています。 【畑萬陶苑】 ※写真はイメージです

300,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
サイズ:蓋物(9×4.5×H6.3㎝)ペア

伊万里鍋島焼の伝統技法の手仕事として製作。 狗箱は犬張子、お伽犬とも呼ばれ、子宝に恵まれると安産のお守りに飾り。 又桃の節句には子供の成長を願い家宝として愛されています。 【畑萬陶苑】 ※写真はイメージです

300,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
サイズ:蓋物(9×4.5×H6.3㎝)ペア
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

こころからこころへ

受け継がれる美、新しく創り出す芸と術。畑萬陶苑は、伊万里鍋島焼窯元として、伝統美と職人の手仕事による巧みの技を継承し、作り手から使い手へのこころからこころへの思いをモノつくりの中に込め、お客様の心に感動を与えられる仕事を目指しています。

昭和元年、畑石萬太郎により萬洋窯の名で創設。のちに畑萬の代表作となる山水絵が生み出されます。
戦後、二代目・畑石春幸が畑萬製陶所を設立。銀座三越において山水絵の売り出しに取り組み、一躍畑萬としてのブランドが知られるようになりました。三代目・畑石正博により社名を畑萬陶苑と改め、墨山水という独自性のある商品を開発。平成二年、四代目・畑石眞嗣が社長に就任し、ひな人形や鍋島シリーズなどを展開。

かつて肥前佐賀藩鍋島侯の御用窯があり「秘窯の里」と呼ばれる大川内山を拠点に、伝統技術の担い手として活動を続けています。

写真


             鍋島焼の歴史

伊万里鍋島焼の伝統と技術の継承

写真
1616年、佐賀県有田の地にて初めて磁器がつくられました。
その後、鍋島焼は1652年から将軍家への献上品や贈答品等、精巧で品格のある磁器製品を生みだし続け、絵付磁器製品の中でも日本随一と謳われています。
中でも特筆すべき点として手間暇を懸けた丁寧な絵付け技術や青磁表現技法、惜しみなく使われた良質の原料、徹底したブランディングや、ルール化された優れたデザイン性などが挙げられます。

写真
この歴史の中で鍋島焼は常に新しい表現方法を模索し、磁器表現の最先端を体現する中で、オリジナリティー豊なモノつくりを心懸けてきました。
高度な絵付技術を基礎にオリジナルの表現方法を生み出し、見極められた品格をもったものだけを残し続けてきた職人たちの技術と思いを作品から感じ取ることができるでしょう。

写真
我々は、鍋島焼のチャレンジし続ける精神、感動を生み出すものづくりの技術を受け継ぎ、これからも創造と革新のストーリーを世界に発信していきます。

From Heart to Heart

Through our sincere and earnest manufacturing, every day we strive to bring products to our valued customers that leave a truly lasting impression.
Focusing on traditional beauty, we want to make full use of the rich handiwork of our craftsmen. While continuing to preserve the traditions synonymous with being an Imari Nabeshima pottery that can trace its history back to ancient times, we are constantly challenging the innovation and creation of new forms of Nabeshima-ware. At Hataman, we aim for a dedicated sense of craftsmanship that can be conveyed from creator to consumer, and from one heart to another.


tradition


Life as an Imari Nabeshima Pottery

In 1616, the Arita region of Saga Prefecture, became the birthplace of the first Japanese porcelain. Although Arita-ware became the generic name associated with the porcelain fired around the central point of Arita Town in Saga, shipping was based out of the port of Imari, thus it came to be called Imari-ware. From 1652, under the patronage of the Nabeshima clan, the highest-grade porcelain, or Nabeshima-ware was produced upon request at the kiln in Okawauchiyama, Imari manufacturing the finest offerings to the Shogunate and gifts to the feudal lords.

There is an exquisite dignity to be found in the form of our labour-heavy, time-consuming ceramic painting skills and Celadon porcelain techniques which generously make use of the finest quality raw materials. These have retained a thorough sense of the brand and crystallisation of the rules of design which in the world of decorated porcelain has been declared first-rate in Japan and become a true object of envy.

Challenges facing Hataman

Across this 400 years of history, not simply contenting ourselves with tradition, our pursuit is to be at the forefront of expression in porcelain with our advanced decorative techniques as its foundation. Maintaining our quality and the attitude that underpins the manufacturing of the craftsmen who went before us. Hataman, with the aspirations of the Nabeshima craftsmen as our model will send a new manufacturing story of innovation and creation out into the world.

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる