イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

b-43うわさのカリー(カレー)200g×6箱

近隣他県からのリピーターも多い、1971年創業の老舗レストラン「アムール」自慢の「うわさのカリー」です。 大手インターネット通販サイトのランキング入りをも狙っている欧風のカレーで、リピーターの要望に応えてお持ち帰りいただけるようにとレトルトも商品化されました。 カレーソースの命とも言われる スープ は、地産の黒毛和牛と地元農家の野菜をコトコト手間ひまかけて煮込まれており、さらに秘伝のスパイスを10数種類加え、冷蔵庫で約48時間熟成されています。 けっして甘口ではないのですが、大人から子どもまで食べていただけるやさしい辛さです。ぜひご自宅でうわさのカリーをお楽しみ下さい♪ クール便でのお届けとなります。すぐにお召し上がりにならない場合は冷蔵庫で保管されるか冷凍されるようにしてください。 ※賞味期限:製造から25日(冷蔵)、90日(冷凍) 提供:アムール

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1人前(200g)×6  ※基本はマイルド×4、ピリ辛口×2 ただし、製造上の都合で変更になる場合があります。

近隣他県からのリピーターも多い、1971年創業の老舗レストラン「アムール」自慢の「うわさのカリー」です。 大手インターネット通販サイトのランキング入りをも狙っている欧風のカレーで、リピーターの要望に応えてお持ち帰りいただけるようにとレトルトも商品化されました。 カレーソースの命とも言われる スープ は、地産の黒毛和牛と地元農家の野菜をコトコト手間ひまかけて煮込まれており、さらに秘伝のスパイスを10数種類加え、冷蔵庫で約48時間熟成されています。 けっして甘口ではないのですが、大人から子どもまで食べていただけるやさしい辛さです。ぜひご自宅でうわさのカリーをお楽しみ下さい♪ クール便でのお届けとなります。すぐにお召し上がりにならない場合は冷蔵庫で保管されるか冷凍されるようにしてください。 ※賞味期限:製造から25日(冷蔵)、90日(冷凍) 提供:アムール

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1人前(200g)×6  ※基本はマイルド×4、ピリ辛口×2 ただし、製造上の都合で変更になる場合があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

創業48年目!前身の純喫茶時代から名物の欧州カレー

1971年創業の「アムール」。

気さくなマスターと、気遣いと心配りが素晴らしいママさんの二人が純喫茶として多久市にオープンされました。

アムールという屋号は、当時のソビエト連邦(現ロシア)ウラジオストックを流れるアムール川からいただいて付けられたそうです。

その当時から名物だった喫茶アムールの欧州カリー。

なぜ”カレー”ではなく”カリー”なのか?その当時は不思議だったのですが、今となればそこがマスターのこだわりだったのかもしれませんね♪

地元だけでなく、近隣の県外の常連客も多いアムールのカレーですが、美味しいという噂が噂を呼び、いつの間にかついたネーミングが「うわさのカリー」。

常連さんの「自宅でも食べたい」というリクエストでレトルトも商品化されており、その人気に陰りを見せることはありません!

次世代に継承された今でもその味は健在。お子様でも食べていただける優しい辛さです♪

写真

「ロースとんかつカリー」はとんかつ専門店も顔負けの旨さ!!

アムールのカリーは、ライスとカレールーを別々に提供されるスタイルでメニューも豊富なのですが、アムールのカリーを語るなら「ロースとんかつカリー」はランキングから外せません。

かく言う私も、アムールに行ったら迷わずに注文するのがこの「ロースとんかつカリー」なのです。

バターライスの上に載せられた、絶妙の揚げ加減の厚切りのロースとんかつは、中央部分にうっすらとピンクの色が残っており、そのお肉のジューシーさと柔らかさはとんかつ通も唸らせる、それこそとんかつ専門店も顔負けの美味しさです!!

繊細でいてコクを感じさせる濃厚カリーの量もタップリ目で、それに負けず劣らずのとんかつの味との一体感が、今日もたくさんのカレー通を唸らせています♪

老舗レストラン“アムール”の「うわさのカリー」を試食!!

カレー大好きな私は、けっこうな頻度でアムールさんを利用しています。

アムールさんでいただくカレーは本当においしくて満足なのですが、日曜日や祝日ともなるとお昼の時間帯は駐車場は満杯、お店のエントランスには順番待ちのお客さんであふれていることもしばしば。カレーをあきらめてラーメンに…なんてこともたびたびです(笑)

店内でいただく「うわさのカリー」が美味しいのは間違いないのですが、ふるさと納税の返礼品として真空パックでお届けしているカレーはどうなのでしょう。このクオリティはしっかりと保たれているのでしょうか?

皆様に返礼品としてお届けしている以上、スタッフもしっかりと確かめる責任と義務があるのでは?ということで、返礼品でお届けしている「うわさのカリー」を実際に試食してみました!!

写真
食べ方と保存の仕方が書かれた文書と、このような真空パックに入ったカレーが届きます!

食べ方はいたって簡単。袋を開封せずに、蒸気口を上にして立たせてそのまま皿にのせ、レンジで約2分間加熱するだけ。

そのままレンジで温めることができるのはうれしいですよね♪

温められて膨らんだパックから蒸気が抜けてしぼんだら、電子レンジから取り出してお皿に盛ったご飯の上にかけるだけ。これなら料理や後片付けが面倒な私でも、簡単にできるのでいつでも食べることができそうです(笑)

さて、味のクオリティはというと…わたしの取り越し苦労でまったく問題ありませんでした。

ルーの中にちょっと大きめの牛肉の角切りが2個。そのうちの1個を口の中に入れると、しっかりと形は残っているものの噛めばホロホロとほどけ、佐賀産黒毛和牛の旨味が口いっぱいに広がってきました。

地元農家の野菜と多久市で大事に飼育された黒毛和牛。手間ひまを惜しまずにコトコト煮込まれたスープに“アムール”秘伝のスパイスが投入され、さらに48時間をかけて熟成させてやっと完成なのだそうです。

コクと深みのあるまろやかな欧風カリーを、ぜひ一度ご賞味いただきたいものです。わたくしが自信をもっておすすめいたします♪

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる