イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[德澤光則]須恵唐津面取花入 SE66716-2

※1品限定の作品

667,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
径 :18.8㎝ 高さ:18.1㎝

※1品限定の作品

667,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
径 :18.8㎝ 高さ:18.1㎝
このエントリーをはてなブックマークに追加

【德澤光則】須恵唐津面取花入

 唐津の陶土を用いて独自の焼締焼成したものを「須恵器」と呼ばれる古墳時代の焼物と「須恵町」にて創作活動しているのになぞらえて「須恵唐津」と名付けています。

 作り手として「造形」は重要であると考えていて私の造形は水の流れや種など自然の中から発想したものを象っています。

德澤光則 陶歴

1975年  福岡県にて生まれる
2000年  龍谷大学文学部卒業
2001年  京都府立陶工高等技術専門校成形科 修了
2002年  京都市立工業試験場陶磁器コース本科 修了
        父、德澤守俊に学ぶ
2006年  日本伝統工芸展入選
2007年  九州山口陶磁展入選
2009年  菊池ビエンナーレ入選
       日本橋三越本店にて初個展 
        以後13年、16年、20年
2010年  福岡三越にて個展 以後14、17年
       京都高島屋にて個展 以後15、19年
       日本橋三越本店にて現代作家茶碗特集  
        以後11、12、13、14、15年選出
2011年  西部伝統工芸展「奨励賞受賞」
2012年  大阪美術倶楽部 第五回大美特別展出品
       西部伝統工芸展入選 以13、17、18、19年
2014年  東京美術俱楽部 東美アートフェア出品
2015年  田部美術館大賞茶の湯の造形展入選
        以後16、19年
       現代茶陶展入選
       新宿柿傳ギャラリーにて個展
2017年  東京美術俱楽部 東美アートフェア出品
2018年  和光ホールにて「藍白妙・耀変妙」二人展
2019年  現在形の陶芸 萩大賞展Ⅴ入選

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる