イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【ギフト対応】大容量・高品質【蘭字デザイン茶缶】上級深むし茶たっぷり200g入!<岩崎園製茶>

★蘭字デザイン茶缶 上級茶200g入り 化粧箱入ギフト包装★ 【蘭字缶・グリーンティー】 「蘭字」とは、明治初期頃の浮世絵職人が海外へ日本茶を輸出する箱に 描くため生み出したデザイン。 鮮やかで洒落ていて、でもどこか昔なつかしいような… 誕生から150年経った今でも変わらず魅力的なこの「蘭字」で、 当時と同じように「GREEN TEA」と表記した茶缶です。 たっぷり入る大容量と、一つ一つ職人が手貼りした高級感ある仕上がり、 こだわりのスチール製中蓋もおすすめポイントです。 【マイルド深むし特上煎茶】 中身のお茶は、渋味と甘味と旨味が調和した、 まろやかなコクが楽しめる「マイルド深むし特上煎茶」がたっぷり200g入り。 80℃くらいのお湯で淹れるのがおすすめです。 ◆お味の目安◆ さわやかさ:★★★★★☆☆☆☆☆ 甘味・旨味:★★★★★★★★☆☆ 渋味   :★★★★★★☆☆☆☆ コク   :★★★★★★★★☆☆ 原材料名:緑茶(福岡県産八女茶、八十八夜摘み一番茶100%使用) 保存方法:高温多湿を避け、開封後はできるだけ空気に触れないよう保管し、早めにお召し上がりください。 事業所名:岩崎園製茶(TEL:0120-88-4569)

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
200g

★蘭字デザイン茶缶 上級茶200g入り 化粧箱入ギフト包装★ 【蘭字缶・グリーンティー】 「蘭字」とは、明治初期頃の浮世絵職人が海外へ日本茶を輸出する箱に 描くため生み出したデザイン。 鮮やかで洒落ていて、でもどこか昔なつかしいような… 誕生から150年経った今でも変わらず魅力的なこの「蘭字」で、 当時と同じように「GREEN TEA」と表記した茶缶です。 たっぷり入る大容量と、一つ一つ職人が手貼りした高級感ある仕上がり、 こだわりのスチール製中蓋もおすすめポイントです。 【マイルド深むし特上煎茶】 中身のお茶は、渋味と甘味と旨味が調和した、 まろやかなコクが楽しめる「マイルド深むし特上煎茶」がたっぷり200g入り。 80℃くらいのお湯で淹れるのがおすすめです。 ◆お味の目安◆ さわやかさ:★★★★★☆☆☆☆☆ 甘味・旨味:★★★★★★★★☆☆ 渋味   :★★★★★★☆☆☆☆ コク   :★★★★★★★★☆☆ 原材料名:緑茶(福岡県産八女茶、八十八夜摘み一番茶100%使用) 保存方法:高温多湿を避け、開封後はできるだけ空気に触れないよう保管し、早めにお召し上がりください。 事業所名:岩崎園製茶(TEL:0120-88-4569)

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
200g
このエントリーをはてなブックマークに追加

創業70年『守り続ける伝統の味』

株式会社 岩崎園製茶

写真

当園は、昭和25年、初代園主が八女市内 岩崎地区に小さな苗を植えたことから始まりました。
その後茶畑を造成し、工場を新設。そして二代目となる現園主にて店舗の開店や通信販売を始め、今では全国の皆様にお茶をお届けできるようになりました。

熟練の茶師と職人が作る「こだわりのお茶」

写真

当園のお茶作りは、まず熟練の茶師である園主が、使用する茶葉を厳選し配合を決めています。
そして、キャリア25年以上の職人が、お茶の味を決める火加減の調整を0.5℃単位で行い、
こだわりの製法を守りながら、若手の職人と共に仕上げていきます。
お茶作りの途中で、何度も味と香りを確認しながら行い、変わらない伝統の味を守っています。

写真

写真
お茶の品質は、大きく分けると「味」「香り」「色」で判断されますが、
当園はその中でも”味”を最も重視したお茶作りにこだわっています。
近年では、収穫前の茶葉に覆いを被せ、日光を遮ることにより、
色味や旨味を引き出した「かぶせ茶」などが好まれる傾向にある中、
当園では自然のまま日光をたくさん浴びた「露地栽培」のやぶきた品種を主に使用しています。
露地栽培の茶葉ならではの程よい渋みに、こだわりの製法によって引き出された八女茶特有の甘味が調和することで、コクのあるまろやかな味わいに仕上がっています。

おいしく召し上がっていただくために

オススメの飲み方

写真
お茶は淹れ方が大切です。基本的には、温度が低いほど甘味がよく出て、温度が高いほど渋味がよく出ます。
また、茶葉の量が多いほど、蒸らす時間が長いほど、味は濃くなっていきます。お茶の種類やお好みに合わせ、最高の淹れ方を見つけるのも、お茶の楽しみの一つかもしれません。
もう一つ大切なのは、お茶の”鮮度”。日光と酸素と高温は大敵です。開封前は、冷暗所に保存することをおすすめします。
冷凍庫に入れておくのが一番良いのですが、その場合は飲む前に解凍してから開封してください。
開封後は、できるだけ日光や酸素に触れないよう密閉状態で保管し、出来るだけ早めにお飲みください。

写真

お客様の「おいしい」「うれしい」のために。

写真

これからは、現園主の子である3姉妹家族が、また新たな時代の形に合わせつつ、変わらぬ岩崎園の味を守り、お客様へお届けしていきます。

   

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる