イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[淡い匂いの]竹酢液500ml 過熱水蒸気抽出

竹酢液とは、竹を熱処理した際に排出される蒸気を冷却して作られる酢酸を主成分とする液体で、多種多様な有機酸を含んでいます。 本製品は九州産の竹を100%使用して、過熱水蒸気処理法により製造しております。 【主な使用用途】 入浴用、消臭用、園芸用(植物活性、病害虫の発生防止、消毒) 【使用例】 〇入浴用 お風呂で使用する際は、180Lのお湯に対してボトルキャップ3杯(約50CC)を入れ、 よく混ぜ合わせてください。 一般的な竹酢液と比べると匂いが淡く、残り香も気になりません。竹酢液特有の燻製臭が苦手な方へ特におすすめです。 〇消臭用 水で約30倍に希釈して散布してください。スプレー液として使用すればペットのトイレや、生臭い魚のゴミなどの、アルカリ性の臭いへの消臭効果があります。 〇園芸用 観賞用植物の場合、50倍希釈からお試しください。畑やガーデニングなどで減農薬で害虫対策をしたいという方にお勧めです(竹酢液は農薬・肥料ではありませんのでご注意下さい) ◆注意事項 ・本製品は飲用ではありません。 ・湿疹、かぶれなど肌に異常があらわれた場合はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。 ・直射日光を避け、常温保管してください。 ・お子様の手の届かないところに保管してください。 ・残り湯は長く残さないでください。 ・落としたり、ぶつけたり、過度の衝撃を与えるとボトルの破損や液漏れを起こす場合がございます。容器の取り扱いには十分にご注意ください。 ・時期経過に伴い、色が濃くなったり、沈殿物が容器の底に付着することがありますが、品質に問題はありません。 ・本品は酸度が強いため、原液での使用はお控えください。 ・添加物のない自然のものなので、開封後はできるだけ早く使い切ることをおすすめいたします。 ※この返礼品は、八女市で製造しています 【原材料】 九州産孟宗竹(過熱水蒸気処理法により抽出) 【製造者】 株式会社バンブーテクノ (福岡県八女市立花町上辺春476) 事業者名:株式会社バンブーテクノ(TEL:080-6474-1795)

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
箱内に1本入 500ml/本

竹酢液とは、竹を熱処理した際に排出される蒸気を冷却して作られる酢酸を主成分とする液体で、多種多様な有機酸を含んでいます。 本製品は九州産の竹を100%使用して、過熱水蒸気処理法により製造しております。 【主な使用用途】 入浴用、消臭用、園芸用(植物活性、病害虫の発生防止、消毒) 【使用例】 〇入浴用 お風呂で使用する際は、180Lのお湯に対してボトルキャップ3杯(約50CC)を入れ、 よく混ぜ合わせてください。 一般的な竹酢液と比べると匂いが淡く、残り香も気になりません。竹酢液特有の燻製臭が苦手な方へ特におすすめです。 〇消臭用 水で約30倍に希釈して散布してください。スプレー液として使用すればペットのトイレや、生臭い魚のゴミなどの、アルカリ性の臭いへの消臭効果があります。 〇園芸用 観賞用植物の場合、50倍希釈からお試しください。畑やガーデニングなどで減農薬で害虫対策をしたいという方にお勧めです(竹酢液は農薬・肥料ではありませんのでご注意下さい) ◆注意事項 ・本製品は飲用ではありません。 ・湿疹、かぶれなど肌に異常があらわれた場合はすぐに使用を中止し、医師にご相談ください。 ・直射日光を避け、常温保管してください。 ・お子様の手の届かないところに保管してください。 ・残り湯は長く残さないでください。 ・落としたり、ぶつけたり、過度の衝撃を与えるとボトルの破損や液漏れを起こす場合がございます。容器の取り扱いには十分にご注意ください。 ・時期経過に伴い、色が濃くなったり、沈殿物が容器の底に付着することがありますが、品質に問題はありません。 ・本品は酸度が強いため、原液での使用はお控えください。 ・添加物のない自然のものなので、開封後はできるだけ早く使い切ることをおすすめいたします。 ※この返礼品は、八女市で製造しています 【原材料】 九州産孟宗竹(過熱水蒸気処理法により抽出) 【製造者】 株式会社バンブーテクノ (福岡県八女市立花町上辺春476) 事業者名:株式会社バンブーテクノ(TEL:080-6474-1795)

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
箱内に1本入 500ml/本
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる