イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

かの蜂 国産百花蜂蜜【1kg】(とんがりポリ容器)養蜂一筋60年自慢の一品

事業者名:株式会社アルノ(0120-17-3838) 国産の百花蜂蜜です。舌触りまろやかでクセがなく、後味もスッキリしています。口の中いっぱいに花の香りと上品な甘味が広がります。 百花蜂蜜とは「百の花から採れた蜜」という意味です。かの蜂の蜂蜜は完熟した蜂蜜を一切加工しない非加熱の蜂蜜です。手軽に使えるとんがり容器タイプです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1kg

事業者名:株式会社アルノ(0120-17-3838) 国産の百花蜂蜜です。舌触りまろやかでクセがなく、後味もスッキリしています。口の中いっぱいに花の香りと上品な甘味が広がります。 百花蜂蜜とは「百の花から採れた蜜」という意味です。かの蜂の蜂蜜は完熟した蜂蜜を一切加工しない非加熱の蜂蜜です。手軽に使えるとんがり容器タイプです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1kg
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

九州有数の養蜂のまち、福岡県八女市

写真

福岡県南西部にある八女市。古くからお茶の栽培が盛んで、その始まりは1400年代にまでさかのぼるといわれています。名産の「八女茶」は、日本茶の生産量の3%ほどと希少なブランド茶です。

茶畑の濃い緑とともに、田畑や野山など日本の原風景が残る町並み。この豊かな自然が残る八女市、実は、九州でも有数の養蜂が盛んなエリアなのです。鹿野養蜂園も、この地で半世紀以上続く養蜂園。ご紹介する返礼品の「百花蜂蜜」は、いくつもの花の蜜がブレンドされる、自然の恵みが詰まったハチミツです。

野山の恵みが詰まった「百花蜂蜜」

写真

「百花蜂蜜」は、その名の通り「百の花から採れた蜜」。春に咲き誇るレンゲや菜の花、モチにハゼ、ソヨゴといった里山の木々……さまざまな種類の木々や野の花から集めたハチミツで、その味は複雑で濃厚です。

その年の気候やハチミツを集める季節、ミツバチの巣箱を設置する場所などにより、そのブレンド具合が変わるため、味や香り、色が年によって微妙に異なるのも、百花蜂蜜の楽しみのひとつ。添加物を加えず、非加熱の状態で届けてくれるので、花の香りを感じることができる自然の恵みが詰まったハチミツです。

ハチミツづくりに欠かせない「元気で強いミツバチ」

写真

養蜂家、鹿野瑞穂(かのみずほ)さんと弟子であり息子の聖壽(きよとし)さん、親子二代で営むのが「鹿野養蜂園」。八女市で半世紀以上、養蜂を営んでいます。「おいしいハチミツづくりには、元気で強いミツバチを」と、ミツバチが育ちやすい環境を作るため、よりよい蜜源(ミツバチが蜜を集めるための植物)を用意します。

とはいえ、この蜜源を探すのが大変。かつては田植え前によく見られたレンゲ畑も少なくなり、里山も昔ほど多くはないため、八女市をはじめとした九州各地や山口県、広島県にまでエリアを広げ、蜜源を探します。見つかれば土地の所有者と交渉し、許可が取れて初めて巣箱が設置できるのです。

ミツバチのサポートこそ、養蜂家の仕事

写真

一箱の巣箱に暮らすミツバチは、およそ3万匹。遠いときは、巣箱から3kmほど離れた蜜源まで飛んで蜜を集めてくれます。なんて働きもの!と思ったものの、実はうらやましい労働状況が発覚。

まずミツバチが活発に動くのは、春から秋など、私たち人にとっても動きやすい季節のみ。さらに雨が降る日はお休みです。そのために、春や秋にお天気が悪い日が続いたり、気温が高過ぎたり、低過ぎたりすると、採蜜量はがくんと減ってしまうのです。

とはいえ、人口採取が難しい花の蜜は、ミツバチの力を借りて集めるしかありません。養蜂家は、そんなミツバチたちが働きやすくなるようにしっかりサポートするのが仕事なのです。

ハチミツはミツバチの力で完熟状態に

写真

ミツバチたちが集めたハチミツは、すぐに人の手に渡るわけではありません。ミツバチたちが集めてきた花の蜜は、巣の中で羽をばたつかせて水分を飛ばし、蒸発させ糖度を上げて完熟状態(糖度約78度)にします。いつ完熟状態になったかを見極めるのが、養蜂家の腕の見せどころ。経験を頼りに、採蜜の時期を見極めます。

採蜜後は、こして木の枝のような大きなゴミを取り除き、製造・販売を手掛ける「かの蜂」へと届けられます。

非加熱で栄養たっぷりの「生」ハチミツ

写真

かの蜂では、再度ハチミツを濾過し、ゴミやチリを取り除き、充てん、ラベルなどが貼られて商品として販売されます。養蜂園とかの蜂、それぞれ一度ずつの濾過に抑えているのは、ハチミツに含まれる花粉まで取り除かれるのを防ぐため。花粉には栄養がたっぷり詰まっているからです。

また、添加物を加えることもなく、加熱濃縮を行うこともありません。そのため、かの蜂のハチミツからは自然の花の香りが漂い、ハチミツが持つそれぞれの色や味を楽しむことができるのです。

女性目線のオシャレで使いやすい商品作り

写真

かの蜂を訪れて感じたのは、女性スタッフの多さ。対応してくれる方、すれ違う方のほとんどが女性です。実はこれも、かの蜂の強み。美容や健康への意識が高い女性目線で作る商品は、品質だけでなく、オシャレで使いやすいのが特徴です。

ボトルやパッケージデザインにこだわりが感じられたり、ギフトにぴったりの高級感あるものであったり。また画期的だったのが液だれしないよう、特注で作られたエコパック。お試し用に作られた、パウチタイプです。手持ちのボトルに入れ替えて使ったり、職場の引き出しに入れておいて紅茶にそっと加えてみたり……。アウトドアキャンプや非常食にも活用できます。空になって捨てるときも、瓶に比べると断然、楽!健康によいハチミツが、気軽に生活に取り入れやすくなりますね。

パンやヨーグルトに、料理で使う砂糖の代わりに

写真

かの蜂では、さまざまなハチミツの使い方も提案しています。パンに塗ったり、ヨーグルトに加えたり、紅茶に入れて香りと甘味をプラスしたり、料理の際に砂糖代わりに使うのもあり。砂糖の半分ほどのカロリーで、ビタミンCや鉄分、カルシウムと栄養も豊富です。「疲れた時にスプーン一杯、そのまま食べると元気が出ますよ」と話すスタッフの方もいました。

また公式インスタグラムを覗いてみるとおいしそうな写真とともに、ハチミツの使い方がずらりと紹介されています。テーブルコーディネートの参考になりそうなおしゃれな写真の数々に、ハチミツを取り入れたすてきな生活をイメージして、なんだかワクワクしてきます。さっとかけるだけ、加えるだけの簡単なものも多く紹介されているのもうれしいポイントです。

自然の力が詰まったハチミツでおいしく健康な毎日を

自然の力が詰まったハチミツでおいしく健康な毎日を

「百花蜂蜜」のほか、「みかん」「レンゲ」のハチミツも食べ比べてみたところ、どれも異なる香りや味。甘さ控えめで後味すっきりの「みかん」、まろやかでしっかりした香りの「レンゲ」に比べて、「百花蜂蜜」はもったり濃厚。まろやかで食べやすく、そのまま口にしても喉焼けすることなく、すんなり染みるその甘味に癒やされます。

実は、今白状するのですが、虫が苦手な私は今回の取材、ちょっとドキドキしていました。でも話を聞いていると、養蜂の奥深さに聞き入り、思わず手に取りたくなる商品の数々に心ときめき、さらにミツバチの労働状況を聞いてちょっとうらやましくなったりと、その世界にのめりこんでしまいました。

抗菌作用があり、免疫力アップにつながるともいわれるハチミツ。自然の力がぎゅっと濃縮された「百花蜂蜜」で、おいしく健康な毎日を過ごしませんか。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる