イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【数量限定】2019 謝肉祭チケット【大人1名様~】

【50名様限定!】 毎年発売開始1時間で売り切れてしまい、プラチナチケットと呼ばれている大川村の人気イベント「謝肉祭」チケット。 人口400人の村に1500人が集い、幻の大川黒牛や土佐はちきん地鶏のBBQや地酒「桂月」の飲み放題、出店やライブなどのイベントが楽しめる大川村「謝肉祭」。 今年は50席をふるさとチョイス限定で確保いたしました! ★開催日:2019年11月3日(日)   午前11時~午後3時まで(開場午前10時) ★開催場所:大川村山村広場       (高知県土佐郡大川村朝谷) 【チケットに含まれるもの】 ・入場料 ・席(チケット1枚で席1人分) ・焼肉まんぷくセット(大川黒牛・土佐はちきん地鶏・野菜・タレのバーベキューセット1人分) ・竹食器 ※席の配置上、8人1テーブルとなります。 7人以下のお申し込みの場合、相席になる可能性があることをご了承ください。 一般募集との兼ね合いで、こちらでのお申し込みは8月10日までとなっております。 ぜひお早めにお申し込みください。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
大人1名様~ 【チケットに含まれるもの】 ・入場料 ・席(チケット1枚で席1人分) ・焼肉まんぷくセット(大川黒牛・土佐はちきん地鶏・野菜・タレのバーベキューセット1人分) ・竹食器

【50名様限定!】 毎年発売開始1時間で売り切れてしまい、プラチナチケットと呼ばれている大川村の人気イベント「謝肉祭」チケット。 人口400人の村に1500人が集い、幻の大川黒牛や土佐はちきん地鶏のBBQや地酒「桂月」の飲み放題、出店やライブなどのイベントが楽しめる大川村「謝肉祭」。 今年は50席をふるさとチョイス限定で確保いたしました! ★開催日:2019年11月3日(日)   午前11時~午後3時まで(開場午前10時) ★開催場所:大川村山村広場       (高知県土佐郡大川村朝谷) 【チケットに含まれるもの】 ・入場料 ・席(チケット1枚で席1人分) ・焼肉まんぷくセット(大川黒牛・土佐はちきん地鶏・野菜・タレのバーベキューセット1人分) ・竹食器 ※席の配置上、8人1テーブルとなります。 7人以下のお申し込みの場合、相席になる可能性があることをご了承ください。 一般募集との兼ね合いで、こちらでのお申し込みは8月10日までとなっております。 ぜひお早めにお申し込みください。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
大人1名様~ 【チケットに含まれるもの】 ・入場料 ・席(チケット1枚で席1人分) ・焼肉まんぷくセット(大川黒牛・土佐はちきん地鶏・野菜・タレのバーベキューセット1人分) ・竹食器
このエントリーをはてなブックマークに追加

大川村「謝肉祭」とは?

写真

人口たった400人の村に1500人もの人が集まる完全予約制のお祭りです。
イベントが楽しめたり、開放的な空気の中、幻の大川黒牛と土佐はちきん地鶏をおなかいっぱい食べられる大人気イベントで、チケットは即日完売。
なかなか手に入らない「プラチナチケット」と呼ばれています。

幻の大川黒牛と土佐はちきん地鶏をおなかいっぱい食べよう!

写真

大川黒牛は年間50頭ほどしか生産されない希少な黒毛和牛です。
赤みの味が特にしっかり濃いのが特徴で、肉質はとろけるやわらかさ。
はちきん地鶏は地鶏らしいしっかりした濃い味に、やわらかく食べやすいのが特徴です。
そのふたつを両方たっぷり楽しめる「謝肉祭」。
女性やお酒を多く飲む方は食べきれずにお持ち帰りする方も多いくらいのボリューム感です!

なんとお酒も飲み放題!

写真

土佐れいほくは土佐町で作られる日本酒「桂月」が飲み放題なのも「謝肉祭」の特徴。
淡麗でのどごしの良い「桂月」は飲みやすく、焼肉やアメゴなどどんな料理とも相性ぴったり。
お酒をたっぷり堪能したいなら、会場のすぐ近くの宿「白滝の里」をご利用いただくと便利です。

大盛り上がりのライブイベント

写真

「謝肉祭」の目玉の一つ、ライブイベントは毎年大盛況。
大川村の小中学生が踊る大川村の伝統舞踊「花取り太刀踊り」やアーティストによるライブを舞台で披露します。
後半には参加者が曲に合わせて踊りだし、みんながステージに上がってアーティストが見えなくなる、なんてことも毎年恒例。
普段はそんなこと考えられない!という人も、山の開放的な空気がそうさせるのか…気がついたらステージに上がっているかも?

出店もいろいろ

写真

バーベキューだけでも盛沢山の内容ですが、アメゴの塩焼きや田楽、大川の子供たちが作った玉緑茶や梅干しなど、大川村の特産品出店も盛りだくさん!
おみやげを買って帰るもよし、その場で食べるもよし。
「お山のめぐみ」をめいっぱいご堪能ください!

会場は雲海を見下ろす標高750m!

写真

会場となる大川村白滝山村広場は、山々に囲まれた標高750m、山の中腹にあります。
来るのはちょっと大変ですが、早朝には雲海を見下ろすことができるロケーションは開放感抜群!
昼間は遠い山の峰々が見渡せます。
「謝肉祭」を楽しみきるなら、「白滝の里」に一泊して早朝の雲海まで堪能するのがおススメです。

竹食器

写真

「謝肉祭」では、タレの容器やお酒の盃は竹を切ったものを使います。
これは、村民が事前に村内の竹を切り、ひとつひとつ手作業で加工した「おもてなし」。
ちょっとしたことですが、山の人々のあたたかさを感じていただけたら…そんな思いで毎年ていねいに作っています。

謝肉祭のタレ

写真

「謝肉祭」で使われる焼肉のタレはもちろん大川村「謝肉祭」。
知らない人が聞いたら???となりそうなネーミングですが、このタレはもともとこの「謝肉祭」のために作られ始めたもの。
今ではファンが多く、一部のスーパーマーケットや道の駅などで販売されています。
市内からもわざわざタレを探して大川まで訪ねてくる人がいるほどの人気のタレです。
ぜひ「謝肉祭」で「謝肉祭」をご賞味ください!

ここでしかない出会い

写真

山の開放的な空気と、たっぷりのおいしいものがそうさせるのか、
「どちらから?」
「私は○○から」
「おや私もそうなんですよ!」
なあんて会話がそこここで繰り広げられているのが「謝肉祭」。
和気あいあいとした空気の中、おいしいもの、たのしいことを心ゆくまでご堪能ください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる