イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

19-545.四万十川漁協遊漁券(1年券)

【2020年4月から使用出来ます】 不入山に源を発する四万十川の家地川堰堤と古味野々堰堤から下流海面までの四万十川及び支流(高知県内のみ)の遊漁券です。(鮎漁の漁法は竿釣りに限ります。) 有効期限     令和2年4月1日~令和3年3月31日 チケットの配送時期 3月下旬より、準備が整い次第順次配送 採捕期間 うなぎ      令和2年4月1日~令和2年9月30日 ころばし(1人15個まで)、石ぐろ、はえなわ 鮎 本流     令和2年6月1日(AM5:00)~ 令和2年10月15日(PM5:30)          令和2年12月1日(AM6:30)~ 令和3年1月31日(PM5:00)   支流     令和2年7月1日~令和2年10月15日          令和2年12月1日~令和3年1月31日 ます類(あめご) 令和2年3月1日~令和2年9月30日 モクズガニ    令和2年8月1日~令和2年10月31日          カニかごを使用する場合は、1人5個まで          別途許可証が必要(@2,000円/5個) ゆったり流れる雄大な四万十川。四季折々に姿をかえ、恵みをもたらしてくれます。四万十川が育んでいる自然をじっくりとご堪能ください。 協賛: 四万十川中央漁業協同組合

32,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
遊漁券(バッジ)× 1

【2020年4月から使用出来ます】 不入山に源を発する四万十川の家地川堰堤と古味野々堰堤から下流海面までの四万十川及び支流(高知県内のみ)の遊漁券です。(鮎漁の漁法は竿釣りに限ります。) 有効期限     令和2年4月1日~令和3年3月31日 チケットの配送時期 3月下旬より、準備が整い次第順次配送 採捕期間 うなぎ      令和2年4月1日~令和2年9月30日 ころばし(1人15個まで)、石ぐろ、はえなわ 鮎 本流     令和2年6月1日(AM5:00)~ 令和2年10月15日(PM5:30)          令和2年12月1日(AM6:30)~ 令和3年1月31日(PM5:00)   支流     令和2年7月1日~令和2年10月15日          令和2年12月1日~令和3年1月31日 ます類(あめご) 令和2年3月1日~令和2年9月30日 モクズガニ    令和2年8月1日~令和2年10月31日          カニかごを使用する場合は、1人5個まで          別途許可証が必要(@2,000円/5個) ゆったり流れる雄大な四万十川。四季折々に姿をかえ、恵みをもたらしてくれます。四万十川が育んでいる自然をじっくりとご堪能ください。 協賛: 四万十川中央漁業協同組合

32,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
遊漁券(バッジ)× 1
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年多くの釣り人が訪れる四万十川の遊漁券

四万十川の川魚たちがもてはやされる理由は“水質”にあり!!

写真

「最後の清流」と呼ばれた四万十川は本流にダムがありません。
また流域の降水量の多さに加えて豊かな森林があり、ミネラル分を含んだ清流が四季を通じて確保されています。これが質の良い藻類を育てひいては美味しい川魚たちを育てているのです。

鮎の魅力は「香魚」とも呼ばれるように香り。

写真

それは川ごとに違うと言われています。天然鮎の本場、四国・四万十川で育った鮎は、他の川で育った鮎よりも美味しいと好評なのです。

天然うなぎの特徴は、胸の黄色

写真

胸が黄色いから「胸黄(むなぎ)」という呼び名がなまって「うなぎ」になったという説があるそうです。
川漁師さんは、川の流れ・流速に合わせてコロバシという漁具を使用し鰻を捕獲しています。
(コロバシとは鰻の入る筒状の仕掛けにエサを入れ鰻が入るのを待つ。鰻は入る事が出来ても出る事が出来ない)
また、釣り針の付いた糸を何本もえだのように出した「はえなわ」
石を積み上げて鰻の寝床を造る「石ぐろ」という漁法もあります。

しっかりとした旨みの「モクズガニ」

写真

モクズガニは雑食性で、川の中の小魚や藻などなんでも食べます。
カニを獲る漁師さんは、エサに川魚のハヤゴや海の魚のサバやアジをぶつ切りにして、カニかごを漬けて獲ります。
夏、川の上流や中流域で過ごし、秋を過ぎると繁殖のため卵をもったまま河口の海まで川を下ります。
鮎・鰻と同じく、川と海を行ったり来たり。山も川も海もきれいだから生息しています。

ゆったり流れる雄大な四万十川。四季折々に姿をかえ、恵みをもたらしてくれます。四万十川が育んでいる自然をじっくりとご堪能ください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる