イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

19-111.土佐・しまんとの旨いだし勢揃いセットと大宮米

蓋を開けて醤油を注ぐ。たったこれだけで、まろやかなだし醤油ができる、じぶんでつくる「だし醤油」にこれぞニッポンの味!つぎ足す鰹だしに、四万十市大宮の低農薬栽培の大宮米(ヒノヒカリ)の贅沢なセットです。 協賛: しまんと百笑かんぱに株式会社 0880-37-2236

36,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
我が家のだし3本セット(焼き鮎1匹、鰹節厚削り20g、宗田節裸節25g各1)・つぎ足す鰹だしセット(100ml×3本・60g×1本 (濃口醤油・薄口醤油・酢・うまみ)・ 四万大宮米3㎏

蓋を開けて醤油を注ぐ。たったこれだけで、まろやかなだし醤油ができる、じぶんでつくる「だし醤油」にこれぞニッポンの味!つぎ足す鰹だしに、四万十市大宮の低農薬栽培の大宮米(ヒノヒカリ)の贅沢なセットです。 協賛: しまんと百笑かんぱに株式会社 0880-37-2236

36,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
我が家のだし3本セット(焼き鮎1匹、鰹節厚削り20g、宗田節裸節25g各1)・つぎ足す鰹だしセット(100ml×3本・60g×1本 (濃口醤油・薄口醤油・酢・うまみ)・ 四万大宮米3㎏
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

国産かつお節と高知県産そうだかつお節

絶妙なブレンドで、それぞれのいいところを引き出し、特別な醤油とお酢を入れてあります。
土佐のだしの利いた、だし酢・だし醤油です。
とうふやおひたしにかけるもよし、薄めてつけだしやうどんやそばのつゆにもなる。
一番のオススメは、炊きたてご飯にかけると最高に旨い

写真
写真

めじかのだし、鰹のだし、あゆだしのクリーンナップそろい踏みセットです。
お料理がバリエーション豊富に楽しめます。

写真

写真
高知県四万十市にある大宮地域は、標高150mの山間地域で、四万十でも有数の米どころとして知られています。この「大宮米」は、四万十川の綺麗な水と、充分な太陽の恵みを受けて丹誠込めて育てられた、安心安全なお米です。
梅雨に入るとホタルの季節になります。日暮れに、畦道を歩いていると、本当にたくさんのホタルを見る事ができます。昔はどこでも見られた、初夏の風物詩だったことでしょう。でもいつの頃からか少なくなってしまいましたが、ここ大宮では今も昔も何も変わりありません。四万十川の清らかな水と共に生きてきた、昔ながらのふるさとの風景がここには沢山残されています。

写真

高知県四万十市の大宮地域の里山農家が丹誠込めて作っている低農薬栽培のお米「大宮米」。
40年前までは、高知のおいしいお米として、たくさん作られていました。しかし、地域の人口の減少や、米価の低迷などの原因から次第に市場に出なくなり、衰退していました。そんな「大宮米」を、私たち株式会社 大宮産業と地元農家さんとが、力を合わせて復活させようとがんばっています。
田植えから稲刈り、保存、精米、そして食卓に上がり、皆さんが口にするまで…。
どの行程も決して手を抜く事なく大切にしています。

写真
大宮のお米作りは昔から特に変わった事はしていません。ぜんぶ当たり前の事だけです。もしかしたらそういうことが今の世の中においては、本当の贅沢なのかもしれませんが…。
米作りは、『八十八と書いて「米」という字になるように88の手間ひまがかる』とよく言われています。でも大宮の農家は声をそろえてこう言います。「米作りの労力と手間を考えると、とてもじゃないけれど作るより買った方が格段に安い。」
まさにその通りです。これがこの地域の農家の素直な声です。しかし、こんな時代だからこそ家族が口にする食べ物は自分たちで作る。農家だからこそ、生産性よりも質、安全で安心して食べれる物にこだわれるのだと思います。「おいしいお米」と謳っていますが、ここに住む私たちにとっては(美味しいお米)とか(不味いお米)とかではなく…
これが子供の頃からの当たり前の味、当たり前の美味しい大宮米なのです。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる