イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

業務用かつおたたき1kg天日塩セット

迷いを消し去る職人の手づくり。大切な人にはホンモノの味を! 沖の島水産の藁焼きカツオたたきならば間違いなし! 土佐に伝わる伝統製法にこだわった、「かつおわら焼きたたき」です。 一本釣り漁師の目利き、職人による完全手焼きわら焼き100%のたたきは、他では味わえない特別な一品です。今までに味わった事のない特別な「かつおわら焼きたたき」を大切な方へ。 沖の島水産が自信を持って、お勧めします。

12,000ポイント
(12,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
かつおたたき1kg(約3本~6本)、天日塩10g×3袋※業務用の為、節のサイズ、本数、背・腹等は指定できません。※保存方法:-18℃以下で保存

迷いを消し去る職人の手づくり。大切な人にはホンモノの味を! 沖の島水産の藁焼きカツオたたきならば間違いなし! 土佐に伝わる伝統製法にこだわった、「かつおわら焼きたたき」です。 一本釣り漁師の目利き、職人による完全手焼きわら焼き100%のたたきは、他では味わえない特別な一品です。今までに味わった事のない特別な「かつおわら焼きたたき」を大切な方へ。 沖の島水産が自信を持って、お勧めします。

12,000ポイント
(12,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
かつおたたき1kg(約3本~6本)、天日塩10g×3袋※業務用の為、節のサイズ、本数、背・腹等は指定できません。※保存方法:-18℃以下で保存
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

美味しさへのこだわり-①

藁だけで焼く。その香ばしい香りと、絶妙の焼き加減。

写真
写真
写真

一度に約6~7本のカツオを並べ、自分の目と経験で焼け具合を見極め、右手で引っくり返している様は豪快そのもの!
乾燥した藁は瞬時に火柱を高く上げ、くべるたびにバチバチと激しい音が焼き場に響く。
すると炎に焼かれたカツオの脂がジューゥと藁に落ちて、また激しく燃え上がる。
まるで火祭りを見ているかのような活気ある焼き場。
その焼き場内に広がる藁の香ばしい香りが、鰹の旨味のスパイスとなり味の深みとなるのです。

美味しさへのこだわり-②

ひとつひとつ手で焼く。べテラン職人たちの腕と愛情。

写真
写真

防火手袋を3枚重ね。たった3枚で大丈夫なの?と見ているこっちが不安になる。
「慣れない最初の頃はヤケドもしたねぇ。」
炎だけでなく、かつおの脂でもヤケドするとのこと。

脂が乗ったかつおを使用している証拠!

とも言えるけれど、引っくり返すときに思わず高温になった脂を触ってしまったら!!!!!
お料理をされる方なら、その熱さ痛さは分かりますよね。本当に痛いです。

左手でかつおを載せた重い網を動かし、右手は炎と脂で炭だらけ。
立ちっぱなしで一日平均800kgのかつおを焼くのだそう。
熱さもいとわず、「美味しいかつおを全国に届けたい。」という職人の方々には本当に頭が下がります。

取材時はお休みの方がいてなんと3人!いつも以上に忙しかったはずなのに、笑顔を見せてくれました。

美味しさへのこだわり-③

高知県版HACCP取得。

徹底された衛生管理のもと高品質の味をお届け。

写真

平成30年度に工場を新設し、高知県版HACCPを取得。

これまで以上に衛生管理に徹底したクリーンな工場になりました。

HACCPとは?…現在、多くの国で採用されている国際的な食品衛生管理手法のこと。
従来の完成した商品だけをランダムに検査する方法ではなく、材料から商品完成までの工程の中でも検査されるため工場内はより細やかな衛生管理が必要となります。

高知県版HACCPは、HACCPの考え方を取り入れた県独自の衛生管理基準に適合する県内の食品関連施設を認証する制度で、自主衛生管理の取り組みを促進し、食品のさらなる安全性の向上に取り組んでおります。

写真

加工場のみなさんにお礼を言った後、ご好意に甘えて『かつおわら焼きたたき』を試食させていただきました。

100%藁焼きの美味しさに感激! 唯一無二の絶品の味!

写真

食べる前から匂っていた香しいワラの香りと一緒に、一切れお口の中へ。

★高温で瞬時に焼き上げているのに、薫製のようにワラの香りが付いて美味!

★魚の生臭さは一切感じない!

★もっちりぷりっとした食感は、鮮度のいいカツオの弾力がなせる技!

写真
写真

何度も食べたことのある私でも、食べるたびにその美味しさに新鮮さを感じる高知の郷土料理。
塩で食べたり、タレで食べたり、にんにくやネギなどの薬味をつけたりして、自分好みの味で食べられるのも魅力的。

まだ、食べたことがない方がいたら教えてあげたい!藁焼きの味。
初めて食べた兵庫県の男性の方からこんな声が届いています。

「昨年、鰹をいただいてとても美味しかったので、

すっかりファンになりました。

こちらでは味わえない美味しさです。

こんなに美味しい物を作られる宿毛市の人々に感謝です。」

百聞は一見に如かず。

そんなことわざがピッタリと当てはまる美味しさが『かつおわら焼きたたき』にはありますよ。

「ずっと、島の漁師やけん。」だから見えた漁師の未来。

写真

沖の島水産の社長である荒木さんは、島の漁師の子として生まれ育った地元をこよなく愛するUターン漁師。
現役漁師のお父さまの元で見習いをしている時に、漁労のおかれている現状や生き残りへの不安を感じたそう。
何より、自分たちが命がけで獲った鰹が、都会のスーパーで低品質で安価に扱われていたことに驚き、
「高知の魚の美味しさを全国に伝えたい!」との思いから始めたのが『かつお藁焼きたたき』です。

「お客さんも漁師も このままじゃあ、不幸なままじゃ!

鰹(カツオ)のほんとうの味を伝えなければならん!

なぜならば、我々は、ずっと、島の漁師やけん!」

その思いは奥さまをはじめ、現役漁師の父や兄弟家族、幼馴染み、同じような志を持った漁師やスタッフ達を魅了し、現在の「漁労事業」「わら焼きたたき製造販売・鮮魚加工事業」「ダイビング事業」の3本柱を掲げる沖の島水産が生まれたのです。

そして、今、新たにかつおのたたきの美味しさや宿毛の魚の魅力を伝えるためにデパートの物産展への出展、そして大阪や神戸に飲食店を手掛けるなど、様々なことにチャレンジしています。

同じ高知・宿毛を愛する者として、沖の島水産の思いが全国に広まっていくことを信じて応援したい!と、あらためて思った取材でした。


※沖の島水産をもっと知りたくなった方はHPをご覧になってみてください。
 記事に載せきれなかった熱い思いが溢れていますよ。

沖の島水産HP

写真

「かつおわら焼きたたき」は冷凍でお届けしております。
日持ちがするので、食べたい時に食べる分だけ解凍してお召し上がりください。

商品と一緒に、解凍の仕方や美味しい食べ方が書かれたリーフレットが同梱されていますので
そちらもご覧になってください。

お付けしている塩は、高知・大方で作られている地元で評判の天日塩。
特製ポン酢は宿毛市の特産品でもある『直七(なおしち/酢みかんの一種)』に
昆布とかつお節をたっぷり使ったしょうゆベースのタレです。
どちらも宿毛近隣の町でしか手に入りにくい一品です。
こちらもお楽しみください。


●商品内容
かつおたたき1kg(約3本~6本)
天日塩10g×3袋

●賞味期限
製造日より冷凍で45日

沖の島水産株式会社のその他

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる