イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

甘味と酸味を最大限に引き出す高知・宿毛の樹上完熟ポンカン【5kg】

柑橘農家のひしめく高知県宿毛市の宇須々木地区。その中でも特に標高が高く日当たり抜群のハッピーフルーツ果樹園で、育ったポンカン5kgです。 ポンカンは、1月が旬のみかんの仲間。みかんより大きく、甘みが強いのが特徴です。 こだわりの「樹上完熟」で、自然のおいしさを最大限に引き出してからお届けします。ポンカンは、完熟までの最後の期間に栄養をぐっと吸い上げ、甘味と酸味を蓄えます。濃いオレンジに染まるまで待ってから、年明けごろにお届けします。

9,000ポイント
(9,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
宿毛産ポンカン5kg

柑橘農家のひしめく高知県宿毛市の宇須々木地区。その中でも特に標高が高く日当たり抜群のハッピーフルーツ果樹園で、育ったポンカン5kgです。 ポンカンは、1月が旬のみかんの仲間。みかんより大きく、甘みが強いのが特徴です。 こだわりの「樹上完熟」で、自然のおいしさを最大限に引き出してからお届けします。ポンカンは、完熟までの最後の期間に栄養をぐっと吸い上げ、甘味と酸味を蓄えます。濃いオレンジに染まるまで待ってから、年明けごろにお届けします。

9,000ポイント
(9,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
宿毛産ポンカン5kg
このエントリーをはてなブックマークに追加

こだわりの樹上完熟

今回お届けするハッピーフルーツ農園のポンカンは、自然のおいしさを引き出す「樹上完熟」と柑橘栽培に適した土地柄が魅力です。

完熟にいたるまで、木になったまま熟成された果実は、見た目の鮮やかさだけでなく、自然の甘味と酸味が最大限まで引き出されています。

写真
写真

今回お話を聞いたのは、大串伸一郎さん(34)。高知県の最西端、宿毛市宇須々木(うすすき)地区にある農園で話を聞きました。

写真

「完熟」で絶妙な甘味と酸味のバランスに

ー—ハッピーフルーツ果樹園のポンカンの魅力はどこにありますか?

大串:市場に出回る柑橘は、完熟前に早めに摘み取り、出荷するのが基本です。お客さまに届くまでに、ある程度熟成が進んでしまうからです。

しかし、うちのポンカンは、完熟にいたる最後の期間に樹の上で酸が抜け、甘みと香りをより一層よくします。

おいしさの秘密は糖度と酸度のバランス。甘ったるいだけではなく、甘味・酸味・香りが重要になってきます。

この頃になると、鳥や猿も食べにくるので、収穫は彼らとの競争です。(笑)彼らは本当においしい時期がわかっているんですね。

写真

大串:果樹園の歴史は古く、柑橘栽培を始めたのは半世紀以上も前です。当時は重機もなく、先人がクワを使って山を切り開き、今のような果樹園にしたと思うと、歴史の重みを感じます。

ポンカン自体も、樹齢を重ねてきたからこそのおいしさがあります。酸味と甘味のバランスや「うまみ」が若い木とは全然違いますね。食べくらべてみるとすぐに分かりますよ。

果樹農家のひしめき合う宇須々木地区

——果樹園を継ごうと思ったのはどうしてですか?

大串:私自身は大阪の出身です。5年前、結婚を機に、妻の実家であるこの果樹園を継ぐことを決めました。今は家族で助け合いながらポンカンや文旦を育てています。

——いきなりの就農、不安はなかったですか?

大串:もちろんありましたけれど、迷いはなかったです。

それに、地域の人々が助けてくれるんです。分からないことがあれば教えてくれるし、困ったことがあれば助けてくれる。「よそ者」の僕に対しても、すごく優しくしてくれます。

ここ宇須々木(うすすき)は日本有数の柑橘栽培地。周囲も柑橘農家ばかりです。「ライバル」のようにも見えますが、お互い助け合ってきたからこそ、いまの地域がある、と皆が口々に言っています。

写真

山のてっぺんからポンカンをお届け

大串:柑橘栽培はその土地の環境がとても大切です。海が近いこと、日当たりがよいこと、水はけもよいこと。宇須々木はこの条件を全て満たして、だからこそこれだけの柑橘農家が集まっています。

——それにしても、大串さんの果樹園はとても高いところにありますね。

大串:はい。海抜は180mくらいかな。農園の最上部まで行くと、上がるのも、降りるのも一苦労。いつも命がけです。

写真

——2018年の台風では被害を受けたと聞きました。

大串:そうなんです。果樹園までの道が崩れてしまい、ポンカンの木も何本か折れてしまいました。

まだまだ爪痕は残っているし、復旧工事も続いていますが、少しずつ、元通りになり始めています。

写真

「おいしかった」が原動力

——ありがとうございました。最後に、ポンカン栽培のやりがいを教えてください。

大串:やはり、お客さんに直接「おいしかった」と言ってもらえることです。「今まで食べたことない」と言われると、やはりうれしく、原動力になっています。

これからもそう言ってもらえるよう、おいしいポンカンを育てたいと思います。

生産者、大串伸一郎さんから一言

ポンカンはよく見る「温州みかん」と同じように、手でむいて簡単に食べることができます。香りが高く、優しい甘味と酸味が特徴です。収穫に向けて大切に育てています。ぜひ食べてみてください。

写真

ハッピーフルーツ果樹園からお届け

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる