イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

高知産の生姜を食べて育った、新鮮絶品の「生姜真鯛」(贅沢加工)

美しい宿毛湾で生姜を食べて育った真鯛。食べやすく栄養価も向上しました。水揚げ後即日出荷だから鮮度抜群。一般のご家庭用に切り身加工でお届け。

17,000ポイント
(17,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1尾(1.2kg~1.5kg)を加工、片身おろし皮付き、片身ブツ切り骨付き、頭兜割

美しい宿毛湾で生姜を食べて育った真鯛。食べやすく栄養価も向上しました。水揚げ後即日出荷だから鮮度抜群。一般のご家庭用に切り身加工でお届け。

17,000ポイント
(17,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1尾(1.2kg~1.5kg)を加工、片身おろし皮付き、片身ブツ切り骨付き、頭兜割
このエントリーをはてなブックマークに追加

高知産の生姜を食べて育つことで、

臭みが少なく栄養価の高い鯛に。

写真

適切な管理体制で育てられた鯛は健康で、尻尾まで綺麗なのが特徴。

ぜひ食べてみてほしい。

絶品の新鮮真鯛です。

写真

食感を楽しめるお刺身でも、甘辛く煮た兜煮でも!

きれいな海でのびのび育ったお魚といえばやっぱり高知県。

「生姜真鯛」は、高知県の美しい海で高知県産の生姜を食べて育った、おいしくて健康な鯛です。

そんな「生姜真鯛」が、穫れた次の日にはお家に届くとしたら、あなたはどんな風に料理してみたいですか?

鮮度の高い状態でしか味わえないこりっとした食感を楽しむお刺身、さっと湯に通してポン酢で楽しむ湯引き、脂ののった身を甘辛く煮付けた兜煮、ふわふわの塩焼き、ほくほく感のたまらない鯛飯、洋風にカルパッチョなど、想像がふくらみます。

今回は、一般のご家庭でもこれらすべての味を楽しんでいただけるよう、調理しやすく切り身にして贅沢に1尾まるごとお送りします。

「生姜真鯛」のおいしさの理由。

写真

こだわりの品質には理由があります。

「生姜真鯛」がおいしい理由は大きく5つ。

●黒潮が流れ込む、きれいで恵まれた海。
●長年大型いけすで新鮮な真鯛を出荷してきた高い技術と実績。
●生姜を食べることで臭みが少なく旨味も向上した鯛の品質。
●朝〆にして即日発送のできる管理体制。
●おいしい鯛を多くの方に届けたいという生産者の想い。

生産者である、マリンジャパン 武内さんの「理由なくして旨さはなし。」という言葉通り、こだわり抜いているからこそ、高い品質を提供できるのです。

写真
写真
写真

魚が育つのに最高の環境でのびのびと育ちました。

足摺宇和海国立公園に位置する宿毛湾は、全国でも指折りの水質の高さを誇る美しい海です。水が透き通りすぎて鯛が日焼けすることもあるほど。「生姜真鯛」はこのきれいな海の中、広い大型いけすで育ちます。

また温暖な環境を好む鯛にとって、1年中黒潮が入り込む宿毛湾はこれ以上ない環境。季節を問わず水温の安定した海では、鯛が元気に育ちます。冬になると瀬戸内からいけすごと越冬にくるほど恵まれていると言うから驚きです。

そしてもうひとつ、宿毛湾の鯛が健全に育つ理由として挙げられるのが湾の「潮代わり」。穏やかな湾の中でも黒潮の影響で海水が入れ替わるため、常に清潔で酸素の多い環境が保たれます。酸欠や赤潮などによる悪影響が全くと言っていいほど無い、健康でノンストレスのおいしい鯛が育つのです。

写真
写真
写真

朝水揚げして午前中には加工、

その日のうちに発送するので鮮度抜群。

マリンジャパンの水揚げは早朝、空が暗いうちから始まります。船で港へ寄せておいたいけすから丁寧に鯛をすくい揚げてすぐにその場で活き〆し、鮮度の高いうちに加工場へ運ばれます。

関西ならなんと水揚げの翌日には食卓に並ぶんだそう。即日出荷でここまで新鮮な魚をお届けできることは珍しく、生産者も自慢の仕組みです。

写真

臭みが少なく栄養価が高いことが

科学的にも裏付けられています。

魚が苦手な人が挙げる理由として必ず上位に挙がるのが「におい」です。

「生姜真鯛」は、科学的な検証結果によりその他の育て方をした真鯛に比べて臭み成分が少ないことが実証されました。

また、なんと血液をさらさらにしてくれるEPAや旨み成分であるグルタミンも多く計測されています。
東京ビッグサイトで開催された「インターナショナルフードショー」では多くの方に実際に食べていただき、その味の違いを実感していただいています。

高知の恵みを海からも畑からも存分に受けた「生姜真鯛」は、生産者の武内さんも自信を持ってお勧めする一品です。

写真

「おいしい鯛を、多くの方に食べてほしい。」

その思いから始まった「生姜真鯛」。

宿毛湾に養殖場を持つマリンジャパンの武内さんは、おいしい鯛を育てるための研究を長年続けてきました。

「生姜真鯛」はその成果のひとつ。長年大型いけすで新鮮な真鯛を出荷してきた高い技術はそのままに、高知県の特産物である生姜をプラスすることでたくさんのメリットを生み出しました。

「おいしい鯛を、多くの方に食べてほしい。」そう強く語った武内さんのこだわりは、しっかりと鯛の味につながっています。

取材を通して見えた、社員さんたちが手際よく鯛を仕分けする姿は活き活きとしていて、笑顔であふれていました。「従業員が自分の職場に誇りを持てるような会社にしたい。」そう話す武内さんの理想が表れているように感じます。
2018年には豪雨による甚大な被害を受けた宿毛市ですが、マリンジャパンのような会社がしっかりと地域を支えているのだろうと、強く実感しました。

有限会社マリンジャパンのその他

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる