イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【訳あり】本場高知県からお届け!カツオのタタキ1.5kg! KS017

カツオの本場、高知県須崎市からお届けするカツオのタタキ。 製造の過程で皮が剥がれたり、カツオの大きさが規格外や不揃い品という理由で訳あり品になったものなので、見た目の問題だけで味はバッチリ。 急速冷凍の真空パックで新鮮なままお届け。 届いたら解凍してお好きな大きさに切り分けたらあっという間に一品完成! 乾燥ニンニクと専用のタタキのタレも付属します。 臭みもなく脂がほどよく乗った、本場高知のカツオのタタキをご家庭でどうぞ。 提供:小島水産

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・カツオたたき 総量 1.5kg前後 

カツオの本場、高知県須崎市からお届けするカツオのタタキ。 製造の過程で皮が剥がれたり、カツオの大きさが規格外や不揃い品という理由で訳あり品になったものなので、見た目の問題だけで味はバッチリ。 急速冷凍の真空パックで新鮮なままお届け。 届いたら解凍してお好きな大きさに切り分けたらあっという間に一品完成! 乾燥ニンニクと専用のタタキのタレも付属します。 臭みもなく脂がほどよく乗った、本場高知のカツオのタタキをご家庭でどうぞ。 提供:小島水産

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・カツオたたき 総量 1.5kg前後 
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

美味しさの理由

写真

新鮮なカツオを炭火で焼き上げた後に、鮮度を逃さぬようにマイナス50℃で急速冷凍し真空パックに。
新鮮な鮮度そのままでお届けする小島水産のカツオは、臭みがなくバツグンの美味しさと人気の逸品。
そのまま切って食べても、一手間加えて漬け茶漬けとして食べてもおいしいこだわりの逸品です!

美味しさはそのまま!でも“訳あり“の理由は・・・

小島水産では、厳しい品質管理のもと様々な魚介類を販売していますが、特に高知県の代名詞とも呼べるカツオには強いこだわりがあり、その厳しい基準からわずかに外れた物が今回の訳あり商品です。
基準から外れたといっても、加工の過程で皮が剥がれてしまったものや、大きさが少し小さかったり、規定よりも大きすぎたりや、色味が少し悪かったりといったいわゆる規格外品です。

写真

規格外と言っても主には見た目の問題だけで、味や鮮度はそのまま。臭みもなくがっしりと身が詰まった美味しいカツオのタタキをお届けします。

魚が美味い!と有名な高知県須崎市の小島水産

写真

高知といえばカツオ、カツオといえば高知。
県民一人当たりのカツオの消費量はダントツの全国一を誇ります。
カツオに並々ならぬこだわりを注ぐ高知県の中でも、新鮮なカツオが食べられる港町として有名な町が須崎市です。

そんな須崎の海辺でカツオやタイなどの鮮魚を取り扱う創業34年の水産卸売会社が小島水産です。

[小島水産の贈答用におすすめのカツオはこちら ↓ ]

調理は簡単!解凍して切るだけ!

写真

ご家庭に届いたらまずは解凍しましょう。

凍ったままのパックをボウルなどに入れ、流水で30分ほど置くだけで解凍完了。すぐに召し上がることができます。
または、食べる前日に冷蔵庫に移しておいてゆっくり解凍する方法もあります。

写真

解凍できたら封を切ってカットするだけですが、ここでひと手間加えることでさらに美味しくお召し上がりいただけます。
ガスコンロでさっと皮目を炙ると、香りが立ってより美味しくなります

高知風に厚切りにして、ニンニクと合わせて召し上がると、皮の風味と身のもちもち感が口いっぱいに感じられるので絶対おすすめ!

付属品としてタレと乾燥ニンニクをセットに!

写真

今回のカツオのタタキをお申し込みいただいた方にはもれなく、カツオのタタキ専用タレと乾燥ニンニクをお付けさせていただきます。
ニンニクと合わせて食べる高知風のカツオのタタキを、ぜひご家庭でご賞味ください!

写真

さらにひと工夫!本場高知のカツオのたたきをご家庭で!

写真

【レシピ】
玉ねぎのスライスをお皿に敷いたら、分厚く切ったカツオを並べます。
ここで忘れちゃダメなのがニンニク。
高知風に食べるなら生のニンニクをたっぷり添えましょう。
あとは大葉や青ネギ、ミョウガなどの薬味を乗せ、タレをかけたら完成です!

タレはポン酢でも良いですが、少し甘めなのが高知風。
1.5kgもあるので、いろいろアレンジをするのもおすすめです!

ワンランク上の召し上がり方

美味しいカツオのたたきには、キリッと冷やした日本酒が最高の組み合わせ。
ぜひ高知の辛口の地酒を一緒に楽しんでください。

邪道のようですが、カツオの匂いが得意じゃ無い方はマヨネーズを試してみてください。
七味とマヨネーズで食べればビールがいくらあっても足りません。

お酒を飲めない方は、薄めに切ってヅケ茶漬けもおすすめです。

写真
写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる