イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

うなぎ蒲焼6尾セット(合計1.2kg以上!) EA017

提供:アースエイド「香南市との共同返礼品:フジ物産(株)うなぎ」 ※国産うなぎの原料不足により、原料:中国福建省産、加工地:高知県香南市の商品になります。

24,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
うなぎ蒲焼×6尾(※活鰻:活きたうなぎは中国産) 蒲焼のタレ15ml・山椒0.2g×6個

提供:アースエイド「香南市との共同返礼品:フジ物産(株)うなぎ」 ※国産うなぎの原料不足により、原料:中国福建省産、加工地:高知県香南市の商品になります。

24,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
うなぎ蒲焼×6尾(※活鰻:活きたうなぎは中国産) 蒲焼のタレ15ml・山椒0.2g×6個
このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に美味しいから食べてもらいたい!

高知県でうなぎの蒲焼を販売する『フジ物産』は正直言って変な会社です…
自社で養鰻場も持ちながら,活鰻問屋(活きた鰻を専門店さんに販売する)・加工場,そして直営店を3店舗運営しておきながら,加工場では,台湾産や中国産のうなぎも加工販売しています。

どうして,国産でないの?
良く聞かれます…
『美味しいからです!』


答えになっていないかもしれませんが,事実です!私たちは季節に応じて異なる産地から専門店さんの焼き手職人さんの手業にあう,うなぎを供給してきました。
その中で,冬の福建省産が手に入りました!

うなぎの原料について

原料原産地は中国(福建省)になります。うなぎの本場『福建ドラゴン』と呼ばれるうなぎの中から,日本の老舗うなぎ専門店でも使用されるグレードのものを原料にしています。
もちろん,種類も国内で養殖されてるものと同種の『ニホンウナギ・japonica種』であり,味・食味そして安全性に関しては活鰻問屋(活きた鰻を専門店さんに販売する)として,自信をもってオススメ出来る商品に仕上げています。

なぜ美味しい?

国内(弊社も含め)ではうなぎの養殖はハウス内でボイラーをたいて28~32℃と高温の水の中で,活性を上げて早く大きくしようとしますが,中国では路地(ろじ)池(いけ)といって昔ながらのより自然に近い養殖方法が,まだ,残っています。天気がいい時もあれば,雨が降る時もあります。台風が来るときもあれば,寒い時もある。そういった環境の中で育てられたうなぎは,身も皮も骨も…より深い味に仕上がります!そして,今回はウナギの旬『福建省・冬うなぎ』が手に入りました!

写真
写真

実はうなぎって冬が美味しいんです

どんな魚も旬というものがあります。鰻の場合,一般的には7月の土用丑が有名ですが,本当の旬は秋口から冬にかけて寒くなる前にたくさん餌を食べて栄養を蓄えたうなぎほど美味しいものはありません。四季の変化はハウスで加温しているウナギでは表現出来ません。広大な福建省の大地の路地池でのびのび育った冬のうなぎを是非お試しください!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる