イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【土佐打ち刃物】牛刃型万能包丁6寸(白鋼)+砥石セット SD006

 ステンレス材で「鋼(はがね)」を挟んだ、刃渡り18cmの大きめの両刃万能包丁です。  「鋼(はがね)」以外はステンレスのため、錆びにくくお手入れも簡単です。  肉をさばく包丁を「牛刀(ぎゅうとう」と言いますが、本品は和包丁の伝統技法を盛り込んだ牛刀型の包丁で、肉はもちろん、野菜を切る際にも、また刺身以外の魚料理にもお使いいただけます。 ■用途:調理全般 ■包丁の種類:両刃包丁 ■サイズ:刃渡り約18cm ■地金:ステンレス ■鋼:青紙スーパー ■柄:紫檀(したん) ■銘:淑晴作 ※鋼(はがね)は、ステンレスではありません。使用後はよく洗い、水分を拭き取ってから保管してください。水分がついたままで置くと錆びますので、ご注意ください。 「鋼」とは・・・硬さや粘り強さを加えるため、鉄に炭素など微量の他の物質を含ませた素材です。クロムを含有させ錆びにくくしたステンレスとは違い、保管時に水分を拭き取らないと錆びてしまいます。本品では、刃の部分に「鋼」を使用していますので、使用後は必ず水分を良く拭き取って保管してください。 <砥石セット(大)>  本セットは、厚みもあり長くご使用いただける砥石のセットです。  包丁をメンテナンスし、長く使うために必需品である「砥石(といし)」は、荒砥(あらと)、中砥(なかと)、錆を落とし、仕上砥(しあげと)の3種類を順番に使うことで、よく切れ、また錆びにくい包丁となります。(砥ぎ説明書付き)  特に、仕上砥石は当社が「本刃付け」の仕上げに使用している物と同じ物で、鋼もステンレスも程よく当たり、きれいに仕上がります。 <迫田刃物について>  日本刀を作る技術から生まれた秘伝の自由鍛造を引き継いだ、400年の伝統技法を受け継いだ包丁専門工房「迫田刃物」では、「鋼(はがね)」と「地金材」を自社で鍛造、型抜き、焼き入れ、機械砥ぎから手砥ぎによる仕上げまで1本1本手造りで製造しております。  また、迫田刃物の特長である「手砥ぎ仕上げ(一般的には本刃付けと言います)」は、3段階の手作業での砥ぎ仕上げ、時間はかかりますが切れ味が全く違う包丁に仕上がっております。 ※切れが悪くなった場合は、お送りくだされば 研ぎ直しも承ります。(有料) ※着日指定はできません。あらかじめご了承ください。

110,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
<包丁> ■牛刃型万能包丁6寸(白鋼)×1本 <砥石セット(大)> ■荒砥石(205mm×80mm×55mm 粒度220)×1個 ■中砥石(205mm×65mm×35mm 粒度1000)×1個 ■仕上砥石(210mm×75mm×25mm 粒度4000と粒度5000の混合砥石)×1個 ■錆び落とし(65mm×40mm×10mm)×1個 ※砥石は一部に欠けがある場合がございます。あらかじめご了承ください。

 ステンレス材で「鋼(はがね)」を挟んだ、刃渡り18cmの大きめの両刃万能包丁です。  「鋼(はがね)」以外はステンレスのため、錆びにくくお手入れも簡単です。  肉をさばく包丁を「牛刀(ぎゅうとう」と言いますが、本品は和包丁の伝統技法を盛り込んだ牛刀型の包丁で、肉はもちろん、野菜を切る際にも、また刺身以外の魚料理にもお使いいただけます。 ■用途:調理全般 ■包丁の種類:両刃包丁 ■サイズ:刃渡り約18cm ■地金:ステンレス ■鋼:青紙スーパー ■柄:紫檀(したん) ■銘:淑晴作 ※鋼(はがね)は、ステンレスではありません。使用後はよく洗い、水分を拭き取ってから保管してください。水分がついたままで置くと錆びますので、ご注意ください。 「鋼」とは・・・硬さや粘り強さを加えるため、鉄に炭素など微量の他の物質を含ませた素材です。クロムを含有させ錆びにくくしたステンレスとは違い、保管時に水分を拭き取らないと錆びてしまいます。本品では、刃の部分に「鋼」を使用していますので、使用後は必ず水分を良く拭き取って保管してください。 <砥石セット(大)>  本セットは、厚みもあり長くご使用いただける砥石のセットです。  包丁をメンテナンスし、長く使うために必需品である「砥石(といし)」は、荒砥(あらと)、中砥(なかと)、錆を落とし、仕上砥(しあげと)の3種類を順番に使うことで、よく切れ、また錆びにくい包丁となります。(砥ぎ説明書付き)  特に、仕上砥石は当社が「本刃付け」の仕上げに使用している物と同じ物で、鋼もステンレスも程よく当たり、きれいに仕上がります。 <迫田刃物について>  日本刀を作る技術から生まれた秘伝の自由鍛造を引き継いだ、400年の伝統技法を受け継いだ包丁専門工房「迫田刃物」では、「鋼(はがね)」と「地金材」を自社で鍛造、型抜き、焼き入れ、機械砥ぎから手砥ぎによる仕上げまで1本1本手造りで製造しております。  また、迫田刃物の特長である「手砥ぎ仕上げ(一般的には本刃付けと言います)」は、3段階の手作業での砥ぎ仕上げ、時間はかかりますが切れ味が全く違う包丁に仕上がっております。 ※切れが悪くなった場合は、お送りくだされば 研ぎ直しも承ります。(有料) ※着日指定はできません。あらかじめご了承ください。

110,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
<包丁> ■牛刃型万能包丁6寸(白鋼)×1本 <砥石セット(大)> ■荒砥石(205mm×80mm×55mm 粒度220)×1個 ■中砥石(205mm×65mm×35mm 粒度1000)×1個 ■仕上砥石(210mm×75mm×25mm 粒度4000と粒度5000の混合砥石)×1個 ■錆び落とし(65mm×40mm×10mm)×1個 ※砥石は一部に欠けがある場合がございます。あらかじめご了承ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
写真
写真
写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる