イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

31-21 【わけあり】ぽんかんの甘さそのまま!室戸ポンカンジュース(2本セット)

南国高知の太陽をたっぷりと浴びたおいしいポンカンたちが甘さそのままにストレートジュースに生まれ変わりました! ポンカンならではの高い香りと甘味のなかに、ほのかに感じる苦みが特徴。 保存料・着色料・香料は使用せず、外果皮と分離する製法で搾汁し、 そのまま瓶詰めしていますので、果実本来の味と風味をお楽しみいただけます。 プレゼント・ご贈答用にもおすすめです。 素材の味わいがしっかりと楽しめる濃厚なポンカンジュースをぜひ一度是非ご賞味ください! ・内容量:720ml×2本 ・原材料名:ぽんかん(高知県室戸市産) ・賞味期限:2024年2月26日 ※この返礼品は室戸市との共通返礼品となります。

8,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
2本(720ml/本)

南国高知の太陽をたっぷりと浴びたおいしいポンカンたちが甘さそのままにストレートジュースに生まれ変わりました! ポンカンならではの高い香りと甘味のなかに、ほのかに感じる苦みが特徴。 保存料・着色料・香料は使用せず、外果皮と分離する製法で搾汁し、 そのまま瓶詰めしていますので、果実本来の味と風味をお楽しみいただけます。 プレゼント・ご贈答用にもおすすめです。 素材の味わいがしっかりと楽しめる濃厚なポンカンジュースをぜひ一度是非ご賞味ください! ・内容量:720ml×2本 ・原材料名:ぽんかん(高知県室戸市産) ・賞味期限:2024年2月26日 ※この返礼品は室戸市との共通返礼品となります。

8,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
2本(720ml/本)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポンカンジュースができるまで ~地域への想い~

写真

地域の農業に少しでも役に立ちたい。
ことのはじまりは令和4年。コロナ禍の影響もあり、行き場のなくなった加工用向けのポンカンたち。
高知県のポンカン産地の1つの室戸市で栽培されたポンカンを当園で購入させて頂きました。

写真

1年かけて栽培したポンカンを、キズが多くても美味しいポンカンを廃棄させたくない。
少しでも農家さん全員の所得の向上に繋げたい。
お世話になっている室戸市の農家さんたちにもお返しがしたい。
いろんな想いからジュースの製造に至り、ふるさと納税を通じてたくさんの皆様に飲んでいただくことができました。

そして今年、好評をいただいたポンカンジュースを感謝の気持ちを込めて、もう一度製造させていただきました。

写真

当園で栽培した室戸市産のポンカンも少しだけ入っています。
地域の思いのこもった濃厚な室戸ポンカンジュースをお楽しみ頂ければと願います。

千光士農園 千光士尚史

【事業者紹介】柑橘のスペシャリスト「千光士農園」

写真

千光士農園は、高知県東部にある安芸市を中心に、
土佐文旦やポンカン、みかん、ユズ等の柑橘類を栽培している農家です。
地域とともに農業にできることを探求しながら、農家、農業に関わる人たち、
そして、お客さまの満足につながるよう、日々、取り組んでいます。

千光士農園自慢の逸品『土佐文旦』

写真

2~4月にかけて出荷される土佐文旦は、高知県を代表とする特産果実のひとつ。
独特の爽やかな芳香とプリっとした食感が特長です。
一粒食べると、 プリっとした小さな実がはじけて、果汁がジュワーッと口いっぱいに広がります。

写真

当園では、樹齢20年〜50年以上の樹で土佐文旦を栽培しております。
中でも樹齢50年以上の樹が3分の1以上を占めています。

魚ぼかし肥料等の有機質肥料を主体に、多いところで年7回の草刈り(除草剤不使用)、
剪定枝をチップ化して土に還元したり、稲わらを敷いたり、土を大切に栽培しています。
特に稲わらは50年以上敷藁として園地に入れており、土壌を豊かにしてくれています。

写真

収穫した土佐文旦は、文旦の樹の下で、藁のベッドにくるまれた「野囲い貯蔵」という伝統的な方法で、
1か月間以上貯蔵されてから、選果しています。
野囲いの中で、土佐文旦は熟成され、糖度があがり、酸が抜け、味がまろやかになっていきます。

写真

おかげさまで数々の賞をいただくことができました

<高知県園芸品展示品評会>
2014年 農林水産大臣賞
2017年 全国農業協同組合連合会高知県本部長賞
2017年 優秀賞
2019年 高知新聞社長賞

写真

お客様の美味しいを増やしたい!

写真

過疎化対策、耕作放棄地の再生、特産柑橘の生産維持、農福連携、安定雇用の創出、次世代への継承と、
僕たち個々の農家が取り組んでいかなきゃならない課題も山積みで、日々、全力投球で取り組んでいます。
人と人とのつながりを大切にしながら、より高品質な果実を栽培できるよう、毎日、樹と向き合っています。
また、たくさんの方に味わっていただくために、オリジナルの加工品づくりにも挑戦しています。

応援よろしくお願いいたします。

千光士農園のお礼の品

土佐文旦は、例年9月中旬頃から先行受付を開始いたします。

千光士農園など、安芸市のゆず農家と作ったぽん酢『まっことゆず』

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる