イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

琴平町るるぶトラベルプランに使えるふるさと納税宿泊クーポン150,000円分

琴平にある金刀比羅宮は、「讃岐の金毘羅さん」の名で古くから親しまれてきた。長い石段でおなじみだ。 ご利用頂ける地域:琴平町内 琴平町の宿泊施設一覧は下記URLよりご確認ください。 https://furu-po.tavigator.co.jp/hl/37403 【インターネット申込限定】 各自治体が指定した宿泊施設のるるぶトラベルプランで使えます。 ※各自治体が定めた宿泊施設以外ではご利用いただけませんので、ご注意ください。 使用方法や宿泊できる施設につきましては下記URLよりご確認ください。  http://www.tavigator.co.jp/furu-po/index.html ※有効期間:発行日から一年間。 ※ご利用できるプランは「るるぶトラベルプラン」のみになります。 ※お申込み後に宿泊クーポンを「ふるぽ」のポイントに戻すことはできません。 ※払い戻し、換金、転売(ネットオークションなど含む)、譲渡はできません。 ※宿泊クーポンのご案内・クーポンコード・パスワードは、メールでお送りします(お送りするのに、お申込みから3~4日程お時間をいただきます。お申込み後7日を過ぎてもメールが届かない場合は、下記の<お問い合わせ必須記載項目>をご確認のうえ下記URLよりお問い合わせください。 宛先 https://www.tavigator.co.jp/help/furu-po_contact <お問い合わせ必須記載項目> 1.注文番号 2.寄附した自治体 3.クーポン金額 4.利用者名 ※迷惑メール対策などでドメイン指定受信を設定されている方は、ドメイン【@tavigator.co.jp】指定受信の設定を行ってください。

150,000ポイント
(500,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量

琴平にある金刀比羅宮は、「讃岐の金毘羅さん」の名で古くから親しまれてきた。長い石段でおなじみだ。 ご利用頂ける地域:琴平町内 琴平町の宿泊施設一覧は下記URLよりご確認ください。 https://furu-po.tavigator.co.jp/hl/37403 【インターネット申込限定】 各自治体が指定した宿泊施設のるるぶトラベルプランで使えます。 ※各自治体が定めた宿泊施設以外ではご利用いただけませんので、ご注意ください。 使用方法や宿泊できる施設につきましては下記URLよりご確認ください。  http://www.tavigator.co.jp/furu-po/index.html ※有効期間:発行日から一年間。 ※ご利用できるプランは「るるぶトラベルプラン」のみになります。 ※お申込み後に宿泊クーポンを「ふるぽ」のポイントに戻すことはできません。 ※払い戻し、換金、転売(ネットオークションなど含む)、譲渡はできません。 ※宿泊クーポンのご案内・クーポンコード・パスワードは、メールでお送りします(お送りするのに、お申込みから3~4日程お時間をいただきます。お申込み後7日を過ぎてもメールが届かない場合は、下記の<お問い合わせ必須記載項目>をご確認のうえ下記URLよりお問い合わせください。 宛先 https://www.tavigator.co.jp/help/furu-po_contact <お問い合わせ必須記載項目> 1.注文番号 2.寄附した自治体 3.クーポン金額 4.利用者名 ※迷惑メール対策などでドメイン指定受信を設定されている方は、ドメイン【@tavigator.co.jp】指定受信の設定を行ってください。

150,000ポイント
(500,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんぴら温泉

こんぴらさん(金刀比羅宮)のおひざ元にある華やかな温泉郷。周辺には、金刀比羅宮や金丸座はもちろん、酒蔵を利用した酒の博物館や海の科学館、町立の歴史民俗資料館などがある。また、「うどん屋発祥の地」としての記録が金刀比羅宮収蔵の金比羅祭礼図屏風の一部に描かれています。人々で賑わう町屋の一角で、うどんを打つ様子やうどんをゆでる釜のようなものが描かれ、既にうどん屋を生業としていることが分かります。
空前の「さぬきうどんブーム」の昨今ですが、昔から「さぬきうどん」を全国に広めたのが、こんぴらでした。

写真

旧金毘羅大芝居「金丸座」

天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋。年3回の「市立ち」の度に仮設小屋で歌舞伎興業などを行っていましたが、江戸時代中頃から金毘羅信仰が全国的に高まり、門前町の形態が整うにつれ常小屋が必要となりました。設置は多数の庶民にも求められ、富籤(現在の宝くじのようなもの)の開札場を兼ねた常小屋として建てられました。
「金丸座」の名称は明治33年につけられたものです。昭和45年に国の重要文化財に指定され、昭和47年から4年間の歳月をかけて現在の場所に移築復元しました。昭和60年から「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が開催され、四国路に春を告げる風物詩となっています。また、平成15年度に復原及び耐震構造工事(平成の大改修)が行われ、調査中に発見された痕跡を検証し、「ブドウ棚」と「かけすじ」 を復原してより江戸時代の情緒あふれる姿に再現されています。
映画「男はつらいよ寅次郎の縁談」「写楽」「阿修羅城の瞳」「UDON」「最後の忠臣蔵」のロケ地にもなりました。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる