イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

143 飯櫃(3.5合)杉 加伏蓋

木の「おひつ」で食卓を格上げ ●香川県伝統工芸士が制作 ●桶が水分を吸収し、おいしいごはんに ●直径:約19㎝、杉、しゃもじ付

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量

木の「おひつ」で食卓を格上げ ●香川県伝統工芸士が制作 ●桶が水分を吸収し、おいしいごはんに ●直径:約19㎝、杉、しゃもじ付

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
このエントリーをはてなブックマークに追加

【内容量】本体直径/約19㎝、本体:杉、しゃもじ付※電子レンジ不可、食洗器不可

【謝礼品説明】優しい温もりのおひつの香りが米の味を引き立てます。おひつには、木が程良く水分を吸収し、つやのあるごはんにしてくれる効果があります。おひつの角のお米までとれるかわいいしゃもじ付き(しゃもじはおひつの中に収納できます)

~飯櫃のこだわり~

~飯櫃のこだわり~

木目を『柾(まさ)』にすることによって、おひつ自体が水分を吸って中の湿度が一定になるので、べとつかず、ふっくらとしたごはんになります。
熱や水分を調節し、味わいをさらに高めていくという役割を考えると、飯櫃(ひつ)は単なる容器ではなく、調理器具のひとつです。
炊飯の具合やおひつを置く環境によりますが、少なくとも12時間後ぐらいまでは、おいしくいただけます。

写真

谷川木工芸は、昭和30年、初代の谷川正男がすし桶製造所として立ち上げたのが、その始まりです。昭和42年に社名を「谷川木工所」に変更。創業以来、ずっとすし桶をメインに製造して来ました。

写真

平成26年、代表が谷川雅則へ。社名を、すし桶にこだわらず、様々なアイデアを形にしていきたい、という思いを込め「谷川木工芸」へと変更。現在では、道の駅しおのえの足湯、神社仏閣にお納めする担い桶から、風呂桶や椅子、お櫃などの日常品まで幅広い木製品を製作しております。

ー 谷川木工芸の思い ー

写真

大量に作られる工業製品は、作っているところが他にたくさんあります。
工場化していないからこそ、作れるもの、直せるものがあります。
神事に使う桶、特殊な形状の桶、風呂桶とセットで使われる椅子・・・
ほとんどがお客様の「谷川さんのところなら、作れるかなぁ?」といった相談から始まります。
また、修理に持ち込まれる桶。
ほとんどが、数十年使い込まれた、思い出のつまったものばかり。

写真

ただの道具では無い、お客様の思い出を直しているんだ。
そんな思いで、今日も”木”に向かえることに、この上ない幸せを感じています。

2代目 谷川 雅則

写真
谷 川 木 工 芸
〒761-0704 香川県木田郡三木町下高岡1089-2
TEL 087-898-0564

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる